HTMLで太字テキストを作成!strongタグとbタグの使い方5選

HTML太字テクニック10選HTML
この記事は約8分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事では、HTMLを用いてテキストを太字にする方法、特にbタグとstrongタグの使用法について詳しく解説します。

HTMLを使用する上で基本的なタグの一つであるこれらのタグは、テキストを目立たせたり、重要な部分を強調するのに役立ちます。

しかし、見た目が同じでも、タグによって意味が異なるため、使い分けが非常に重要です。

この記事を通じて、bタグとstrongタグの違いを理解し、それぞれのタグが持つ意味や適切な使用場面について学ぶことができます。

●HTMLにおける太字の作り方

HTMLでテキストを太字にする方法は主に二つあります。一つはbタグを使う方法、もう一つはstrongタグを使う方法です。

どちらもテキストを太字に表示する点では同じですが、使われる文脈によって意味合いが変わってきます。

例えば、bタグは特に重要な意味を持たせずにテキストを太字にするために使われることが多いです。

一方、strongタグはテキストに強調を加えるために使用され、ウェブアクセシビリティや検索エンジン最適化(SEO)において重要な役割を果たします。

○bタグとは

bタグは、テキストを太字で表示するための非常にシンプルなHTML要素です。

このタグは視覚的な装飾を目的としており、その内容が特に重要であるという意味を持たせるものではありません。

例えば、キーワードやフレーズを目立たせたい場合に利用することがありますが、文書の構造に影響を与えるわけではないため、SEOの観点からは強調として扱われません。

<p>これは通常のパラグラフです。<b>ここだけ太字</b>になります。</p>

このサンプルコードでは、”ここだけ太字”というフレーズがbタグによって太字で表示されています。

視覚的には他のテキストよりも際立って見えますが、この部分がどういうわけで重要なのかという追加情報は伝達しません。

○strongタグとは

strongタグもテキストを太字で表示するために使用されますが、このタグはテキストの重要性を意味するために使用されます。

つまり、strongタグを使用することで、そのテキストが文脈上、特に強調すべき内容であることが表されます。

これはアクセシビリティの観点からも重要であり、スクリーンリーダーなどの技術がこの情報を利用して、視覚障害を持つユーザーに対して適切な方法で内容を伝えることができます。

<p>重要な警告:<strong>このエリアは立ち入り禁止です。</strong></p>

上記の例では、「このエリアは立ち入り禁止です」という部分がstrongタグによって太字で表示されています。

上述したように、この強調はただ目立たせるためだけではなく、SEOに関しても安全に関する重要な警告としての効果もあります。

●bタグとstrongタグの使い方

HTMLでテキストを太字にする際に使用するbタグとstrongタグは似て非なるものです。

両タグはビジュアル上の太字表示をしますが、その意図と使用法には大きな違いがあります。

特にウェブアクセシビリティやSEOを考慮すると、適切なタグの選択が非常に重要です。

○サンプルコード1:単純なbタグの使用例

bタグを使用してテキストの一部を太字にする最も単純な例を見てみましょう。

下記のHTMLコードは、一つの段落の中で特定の言葉だけを太字で表示しています。

<p>明日の<b>会議</b>は午後3時から開始されます。</p>

このコードでは、「会議」という単語が太字で表示され、視覚的に目立つようになっていますが、この太字が特別な意味を持つわけではありません。

○サンプルコード2:単純なstrongタグの使用例

次に、strongタグを使用した例を見てみましょう。

この例では、文書の中で特に注意を引くべき内容を強調しています。

<p>注意:<strong>このエリアには立ち入り禁止</strong>です。</p>

ここでは、「このエリアには立ち入り禁止」というフレーズがstrongタグでマークされており、その重要性が強調されています。

これにより、この警告が視覚的にも意味的にもユーザーに伝わりやすくなっています。

○サンプルコード3:文章中でbタグとstrongタグを使い分ける方法

文書を書く際には、bタグとstrongタグを適切に使い分けることが重要です。

下記の例では、それぞれのタグがどのように使われるべきかを表しています。

<p><b>ボーナス</b>は、今年の<strong>業績によって変動します</strong>。</p>

この例では、「ボーナス」という言葉は単に目立たせたいためにbタグが使用されていますが、「業績によって変動します」という部分には強い注意を促すためstrongタグが使用されています。

これにより、読者は「業績によって変動します」という文言の重要性に特に注意を払うようになります。

○サンプルコード4:CSSを使ったbタグとstrongタグのスタイリング方法

bタグとstrongタグは、HTMLでの基本的なテキスト装飾ですが、CSSを使用することでさらに詳細なスタイリングを施すことが可能です。

例えば、bタグとstrongタグに異なるフォントウェイトや色を適用して、視覚的にも区別しやすくすることができます。

<style>
  b {
    font-weight: normal;
    color: blue;
  }
  strong {
    font-weight: bold;
    color: red;
  }
</style>

<p>ここは<b>青色で目立つ</b>テキストと、ここは<strong>赤色で強調された</strong>テキストです。</p>

このサンプルコードでは、bタグには通常のフォントウェイトと青色を適用し、strongタグには太字と赤色を適用しています。

これにより、同じテキストでも意味の重要性に応じて色分けを行うことで、ユーザーの注意を効果的に引くことができます。

○サンプルコード5:JavaScriptと組み合わせたbタグの動的使用例

JavaScriptを使用することで、bタグを動的にページに適用し、インタラクティブなウェブ体験を提供することが可能です。

下記の例では、ユーザーがボタンをクリックすると、指定したテキストが動的に太字で表示されるようになります。

<script>
function makeBold() {
  document.getElementById('dynamicText').style.fontWeight = 'bold';
}
</script>

<button onclick="makeBold()">テキストを太字にする</button>
<p id="dynamicText">このテキストはクリックによって太字になります。</p>

このコードは、makeBold関数を使用してiddynamicTextの段落のフォントウェイトを太字に変更します。

これにより、ユーザーはページの特定の部分に対する操作感を得ることができ、よりインタラクティブな体験を実装できます。

●bタグとstrongタグの注意点

HTMLのbタグとstrongタグは視覚的な変更をもたらすものの、使用する際にはいくつかの注意点があります。

特に、これらのタグの意図した用途とセマンティックな重要性を理解し、適切に使用することが求められます。

○bタグ使用時のSEOへの影響

bタグは視覚的な太字表示を提供するものの、SEOに直接的な影響を与えるものではありません。

検索エンジンはbタグを用いて装飾されたテキストを通常のテキストと同じように扱います。

そのため、SEOの観点からは、キーワードの強調にはstrongタグの方が適していると考えられます。

この理解に基づき、重要なテキストには適切なセマンティックタグを使用することが推奨されます。

○strongタグを使用する際のベストプラクティス

strongタグを使用する際には、そのタグが持つセマンティックな重要性を理解して適切に利用することが重要です。

strongタグは文書内の重要なポイントを強調するために用いられるべきで、単なる装飾として使われるべきではありません。

また、アクセシビリティを考慮して、重要な警告や注意事項にはこのタグを効果的に使用すると良いでしょう。

これにより、視覚的な強調だけでなく、内容の重要性も伝えることができ、すべてのユーザーにとって理解しやすいコンテンツを作成することが可能になります。

まとめ

この記事では、HTML内でのbタグとstrongタグの基本的な使い方と、それらがウェブデザインにおける意味合いやSEOに及ぼす影響について詳しく解説しました。

bタグが主にスタイリングのために、strongタグが文書の重要部分を強調するために使われることを理解することは、効果的なウェブコンテンツを作成する上で不可欠です。

また、実際のサンプルコードを通じて、これらのタグがマーケティングや法的文書など、特定の文脈でどのように活用できるかを紹介しました。

適切な知識を持ってこれらのHTMLタグを使いこなすことで、訪問者にとってより魅力的で理解しやすいウェブサイトを構築することが可能になります。