エラーがないのにJavaScriptが動かない?24の解決策で即解決!

エラーがないのにJavaScriptが動かないときの解決策JS
この記事は約36分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

●JavaScriptが動かない時に確認すべき設定とコード

JavaScriptのコードを書いていて、エラーメッセージが出ていないのに動かないという経験はありませんか?

そんな時、どのようにデバッグすれば良いのかわからず、途方に暮れてしまうことがあるかもしれません。

この記事では、そんなJavaScriptが動かない状態を引き起こす原因を24個に分類し、それぞれの解決策を丁寧に解説していきます。

初心者の方でもわかりやすいよう、コード例を交えながら、ストーリー性のある解説を心がけました。

これから、JavaScriptのトラブルシューティングスキルを身につけたい方、つまずきがちな問題を素早く解決したい方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

一緒にJavaScriptのデバッグ力を高めていきましょう!

まず、その中でも特に注目すべき5つの原因について抑えていきましょう。

○原因1:ブラウザのJavaScript有効化設定が無効になっている

JavaScriptが動かない最も基本的な原因は、ブラウザの設定でJavaScriptが無効化されていることです。

セキュリティ上の理由などから、ユーザーがJavaScriptを意図的に無効にしているケースがあります。

この場合の解決策は、ブラウザの設定を変更し、JavaScriptを有効化することです。

ChromeやFirefoxなどの主要なブラウザでは、設定メニューからJavaScriptの有効/無効を切り替えられます。

設定変更後、ページを再読み込みすることで、JavaScriptが動くようになるはずです。

もし複数のブラウザで試して、どれでも動かない場合は、他の原因を探る必要があります。

○原因2:コードの文法エラーがある

JavaScriptが動かないもう一つの基本的な原因が、コードの文法エラーです。

閉じ忘れたカッコ、余分なセミコロン、スペルミスなど、ちょっとしたタイプミスが原因でコードが動かないことがよくあります。

文法エラーを見つけるには、開発者ツールのコンソールを活用するのが効果的です。

コンソールにエラーメッセージが表示されているはずなので、それを手がかりにして該当箇所を特定し、修正します。

たとえば、下記のようなコードがあったとします。

let x = 5
let y = 10;
console.log(x + y

このコードをブラウザで実行すると、コンソールに次のようなエラーが表示されるでしょう。

Uncaught SyntaxError: missing ) after argument list

エラーメッセージから、console.logの閉じカッコが抜けていることがわかります。

これを修正すればエラーは解消され、意図した処理が実行されるはずです。

let x = 5;
let y = 10;
console.log(x + y);
15

○原因3:コードの論理エラーがある

文法的には正しいが、意図した通りに動かないコードも多くあります。

変数の初期化忘れ、条件分岐の間違い、配列の添字エラーなど、プログラムの論理的な誤りが原因です。

論理エラーは文法エラーと違い、エラーメッセージが表示されないことも多いので、発見が難しい場合があります。

こんな時は、console.logを活用して変数の値を確認しながら、問題箇所を特定していきます。

例として、配列の要素を合計する処理を考えてみましょう。

let numbers = [1, 3, 5, 7, 9];

let sum = 0;
for (let i = 0; i <= numbers.length; i++) {
  sum += numbers[i];
}

console.log(sum);

このコードを実行すると、sumの値はNaN(Not a Number)になってしまいます。

一見正しそうに見えますが、実はループの終了条件に問題があるのです。

配列の添字は0から始まるので、i <= numbers.lengthではなく、i < numbers.lengthとするのが正解です。

これを修正することで、意図した結果が得られます。

let numbers = [1, 3, 5, 7, 9];

let sum = 0;
for (let i = 0; i < numbers.length; i++) {
  sum += numbers[i];  
}

console.log(sum);
25

○原因4:実行環境との互換性がない

JavaScriptのバージョンやブラウザの種類によって、コードの互換性に問題が生じることがあります。

新しい構文や機能を使っているのに、それに対応していない古い環境で実行すると、エラーになってしまうのです。

たとえば、ES2015(ES6)で導入されたletconstは、古いブラウザではサポートされていません。

もし、こうした構文を使ったコードを、対応していない環境で動かそうとすると、エラーが発生します。

この問題を回避するには、実行環境に合わせてコードを書き換えるか、バベル(Babel)などのトランスパイラを使って、古い環境でも動くようにコードを変換する必要があります。

○原因5:キャッシュやCookieが原因で古いコードが実行されている

JavaScriptのコードを修正したのに、反映されないことがあります。

修正前のコードが何度実行してもキャッシュから読み込まれ、新しいコードが無視されているのです。

この問題を解決するには、ブラウザのキャッシュを削除するか、ページを強制的に再読み込みします。

Windows+Shiftを押しながらページを更新するか、開発者ツールのネットワークタブから「キャッシュの無効化」オプションを選びます。

また、開発時はCookieも削除しておくのがおすすめです。

ログイン情報などがCookieに残っていることで、セッションが維持され、コードの修正が反映されないことがあるからです。

●開発者ツールを使ったデバッグのポイント

JavaScriptのコードが動かない原因が、設定やコードの間違いではないことを確認したら、次は開発者ツールを使ったデバッグに進みましょう。

ブラウザに搭載された強力なデバッグ機能を活用することで、問題の原因を効率的に特定できます。

しかし、開発者ツールを使いこなすには、ある程度のコツが必要です。

ここでは、デバッグ時によくある5つの落とし穴と、その回避策を見ていきましょう。

○原因6:開発者ツールでのデバッグ方法が適切でない

JavaScriptのデバッグには、ブレークポイントを設定して、コードを1行ずつ実行していくステップ実行が効果的です。

しかし、ブレークポイントの設定位置が適切でないと、問題の原因を見逃してしまうことがあります。

たとえば、関数の呼び出し前にブレークポイントを設定しても、関数内部で発生したエラーは検出できません。

関数の中にさらにブレークポイントを設定し、関数の実行フローを追跡する必要があるのです。

また、非同期処理が絡むコードでは、ブレークポイントを設定しても、思った通りに止まらないことがよくあります。

非同期処理の実行タイミングを考慮し、適切な位置にブレークポイントを設定しましょう。

○原因7:コンソールでのエラー出力を見落としている

コンソールは、JavaScriptのデバッグに欠かせない機能です。

console.logを使って変数の値を出力したり、エラーメッセージを確認したりできます。

ところが、大量のログ出力に紛れて、肝心のエラーメッセージを見落としてしまうことがあります。

特に、一時的なデバッグ用のログ出力を消し忘れていると、コンソールが煩雑になり、デバッグの効率が下がってしまいます。

こんな時は、コンソールのフィルター機能を活用しましょう。

ログレベル(Error, Warning, Info, Log)を指定して、表示するログを絞り込めます。

エラーメッセージだけを表示すれば、問題の原因が見つけやすくなるはずです。

○原因8:ブレークポイントの設定が適切でない

先ほども触れましたが、ブレークポイントの設定位置が適切でないと、デバッグの効率が下がります。

コードの実行が止まらない、止まっても変数の値が取得できないなど、ブレークポイントに関する問題は多岐にわたります。

ブレークポイントを設定する際は、次の点に気をつけましょう。

  • 実行したい処理の直前に設定する
  • ループの中では、ループ変数の値を確認できる位置に設定する
  • 非同期処理では、コールバック関数の内部に設定する
  • 条件付きブレークポイントを活用し、特定の条件を満たす時だけ停止するようにする

また、ブレークポイントで停止した際は、ウォッチ式を活用して変数の値を監視しましょう。

コードを進めながら、変数の値がどう変化するかを確認することで、問題の原因が見えてくるはずです。

○原因9:ネットワークタブでリソース読み込みのエラーを見落としている

JavaScriptのコードが動かない原因が、外部リソースの読み込み失敗だったことがあります。

たとえば、APIからデータを取得するためにfetchを使っているのに、APIサーバーが応答しないなどのケースです。

こうした問題を検出するには、開発者ツールのネットワークタブが役立ちます。

リソースのリクエストとレスポンスを確認し、ステータスコードとレスポンスの内容をチェックしましょう。

たとえば、次のコードはGitHubのAPIを使って、指定したユーザーのリポジトリ一覧を取得します。

async function fetchRepos(username) {
  const url = `https://api.github.com/users/${username}/repos`;
  const response = await fetch(url);
  const data = await response.json();
  console.log(data);
}

fetchRepos("octocat");

もし、fetchReposの引数に存在しないユーザー名を指定すると、APIからは404エラーが返ってきます。

ネットワークタブを確認すれば、リクエストが失敗していることがわかるでしょう。

エラーの原因がわかったら、適切にエラーハンドリングを行いましょう。

fetchなら、response.okプロパティでレスポンスのステータスコードを確認できます。

async function fetchRepos(username) {
  const url = `https://api.github.com/users/${username}/repos`;
  const response = await fetch(url);

  if (!response.ok) {
    throw new Error(`HTTP error! status: ${response.status}`);
  }

  const data = await response.json();  
  console.log(data);
}

fetchRepos("octocat")
  .catch(error => console.error(error));

○原因10:要素の検証とCSSの調整が不十分である

JavaScriptのコードはHTMLやCSSと密接に連携しているので、HTMLの構造やCSSのスタイルが原因でJavaScriptが動かないことがあります。

たとえば、特定の要素をquerySelectorで取得しようとしているのに、セレクターが間違っていて要素が取得できないなどのケースです。

こうした問題を解決するには、開発者ツールの要素タブを活用し、HTMLの構造を確認しましょう。

セレクターが意図した要素を指しているか、要素の属性値が正しいかなど、HTMLに問題がないかチェックします。

また、要素のスタイルを調整することで、JavaScriptが動かない問題が解決することもあります。

たとえば、display: noneで非表示にしている要素は、JavaScriptから取得できません。

visibility: hiddenに変更すれば、要素を非表示にしつつ、JavaScriptからアクセスできるようになります。

開発者ツールを使いこなすには練習が必要ですが、JavaScriptのデバッグに欠かせないスキルです。

Console APIを活用して効率的にログ出力したり、ブレークポイントを適切に設定したり、ネットワークの通信状況をチェックしたりと、開発者ツールの機能を有効活用しましょう。

JavaScriptのコードだけでなく、マークアップや
スタイルにも気を配ることで、問題の発見と解決がしやすくなるはずです。

●外部ライブラリやプラグインに関連する問題

JavaScriptの開発では、外部ライブラリやプラグインを活用することで、コードの記述量を減らし、生産性を高めることができます。

しかし、これらの外部リソースが原因で、JavaScriptが動かないことがあるのです。

ライブラリのバージョン競合、プラグインの設定ミス、CDNの読み込み失敗など、外部リソースに起因する問題は多岐にわたります。

ここでは、そうした問題の原因と対策を4つのポイントに絞って解説していきましょう。

○原因11:外部ライブラリやプラグインのバージョン競合がある

複数のライブラリを組み合わせて使っていると、ライブラリ間でバージョンの競合が発生することがあります。

特に、jQueryのようなメジャーなライブラリは、プラグインも含めて多くのバージョンが存在するため、注意が必要です。

バージョン競合が発生すると、意図しない動作やエラーの原因となります。

たとえば、ある関数が古いバージョンでは存在するのに、新しいバージョンでは廃止されているケースがあります。

こうした問題を避けるには、ライブラリのバージョンを統一することが重要です。

package.jsonで依存関係を管理し、npmやyarnでライブラリをインストールするのが一般的な方法です。

また、ライブラリの最新バージョンを追随するのではなく、安定版に固定することも大切です。

セマンティックバージョニングに従えば、メジャーバージョンが変わると後方互換性が失われる可能性があります。

たとえば、jQueryの2系と3系では、セレクターの動作などに違いがあります。2系のコードを3系で動かすと、エラーが発生するかもしれません。

<script src="https://code.jquery.com/jquery-3.6.0.min.js"></script>
<script>
$(function() {
  // jQueryを使った処理
  $(".my-class").hide();
});  
</script>

もし、jQueryのバージョンを3系から2系に変更すると、コードが動かなくなる可能性があるのです。

○原因12:プラグインの設定不備がある

jQueryに代表されるように、ライブラリの機能を拡張するプラグインも数多く存在します。

しかし、プラグインの設定を適切に行わないと、JavaScriptが動かなくなることがあります。

プラグインの設定不備の例としては、次のようなケースが挙げられます。

  • 必要なオプションが指定されていない
  • セレクターの指定が間違っている
  • イベントハンドラの設定が適切でない
  • 競合するプラグイン同士を同時に使っている

たとえば、jQueryのDatepickerプラグインを使う際は、日付の形式などを適切に設定する必要があります。

$(function() {
  $("#datepicker").datepicker({
    dateFormat: "yy-mm-dd",
    monthNames: ["1月", "2月", "3月", "4月", "5月", "6月", "7月", "8月", "9月", "10月", "11月", "12月"],
    dayNamesMin: ["日", "月", "火", "水", "木", "金", "土"]
  });
});

設定を間違えると、日付が意図した形式で表示されなかったり、日本語の月名や曜日名が反映されなかったりします。

プラグインを使う際は、ドキュメントをよく読み、サンプルコードを参考にして、正しい設定を行うことが大切です。

また、複数のプラグインを組み合わせる場合は、互いに競合しないか、十分にテストすることが求められます。

○原因13:CDNのリソース読み込みが失敗している

ライブラリやプラグインを外部のCDN(Content Delivery Network)から読み込む場合、ネットワークの問題でリソースの読み込みが失敗することがあります。

CDNサーバーが停止していたり、ネットワークの遅延が大きかったりすると、JavaScriptが動かない原因になるのです。

CDNのURLを指定する際は、httpsプロトコルを使うことが重要です。

httpだと、混在コンテンツの警告が表示され、JavaScriptが動かないことがあります。

また、CDNのURLが正しいか、慎重に確認する必要があります。

スペルミスやバージョン番号の誤りなどは、リソース読み込み失敗の原因となります。

読み込み失敗を防ぐには、CDNへのフォールバック処理を実装するのも有効です。

CDNが利用できない場合に備えて、ローカルにライブラリを用意しておくのです。

<script src="https://cdn.example.com/lib.js"></script>
<script>
window.myLib || document.write('<script src="/path/to/local/lib.js"><\/script>');
</script>

○原因14:非同期処理の順序制御が適切でない

JavaScriptでは、非同期処理を多用します。

APIからデータを取得したり、ファイルを読み込んだりする際は、非同期処理が欠かせません。

しかし、非同期処理の順序制御を適切に行わないと、JavaScriptが意図した通りに動かないことがあるのです。

非同期処理の典型的な例が、setTimeoutを使ったコードです。

console.log("1");

setTimeout(function() {
  console.log("2");
}, 1000);

console.log("3");

このコードを実行すると、コンソールには次のように出力されます。

1
3
2

setTimeoutの第2引数で指定したディレイ(1000ミリ秒)の間に、同期的な処理が先に実行されてしまうのです。

非同期処理の結果を待ってから次の処理を行うには、コールバック関数を使う方法があります。

function asyncFunc(callback) {
  setTimeout(function() {
    callback("Hello");
  }, 1000);
}

asyncFunc(function(result) {
  console.log(result);
});

しかし、コールバック関数を多用すると、コードが複雑になり、いわゆる「コールバック地獄」に陥ることがあります。

そこで、ES2015ではPromiseが導入され、ES2017ではasync/awaitが導入されました。

これらを活用することで、非同期処理を同期的に記述できるようになります。

function asyncFunc() {
  return new Promise(function(resolve) {
    setTimeout(function() {
      resolve("Hello");
    }, 1000);
  });
}

async function main() {
  const result = await asyncFunc();
  console.log(result);
}

main();

Promiseやasync/awaitを使いこなすことで、非同期処理に起因するJavaScriptの動作不良を防ぐことができるでしょう。

外部ライブラリやプラグインに頼りすぎず、非同期処理の制御に注意を払うことが、JavaScriptを安定して動かすコツです。

ライブラリのバージョンやプラグインの設定に気を配り、CDNの読み込みエラーにも備えておきましょう。

そして、非同期処理の順序制御には、コールバック関数だけでなく、PromiseやAsync/Awaitも積極的に活用しましょう。

外部リソースとうまく付き合いながら、非同期処理をスマートに制御することが、JavaScriptのパフォーマンス向上に繋がるはずです。

●ブラウザ固有の設定や制限に起因する問題

JavaScriptが動かない原因が、コードや開発環境ではなく、ブラウザ特有の設定や制限に由来することがあります。

ブラウザごとに異なる設定や機能が、JavaScriptの動作に影響を与えるのです。

ここでは、InternetExplorer、Chrome、Firefox、Safariという4つの主要ブラウザを取り上げ、JavaScriptが動かない原因と対策を探ってみましょう。

ブラウザ固有の問題に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

○原因15:InternetExplorerの互換表示設定が有効になっている

InternetExplorerには、古いWebサイトを正しく表示するための「互換表示」という機能があります。

この設定が有効になっていると、JavaScriptが正しく動作しないことがあるのです。

互換表示が有効かどうかは、ツールバーのボタンで確認できます。

ボタンが青く光っている場合は、互換表示が有効になっています。

この問題を解決するには、互換表示を無効にするのが一番の近道です。

ツールバーの互換表示ボタンをクリックするか、開発者ツールの「エミュレーション」タブで「ドキュメントモード」を最新の状態に変更しましょう。

また、サーバー側で互換表示を強制的に無効にする方法もあります。

次のようなメタタグをHTMLのhead要素内に追加するのです。

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">

この設定により、InternetExplorerは常に最新の標準モードでページを表示するようになります。

○原因16:Chromeの実験的機能フラグが無効になっている

Chromeには、実験的な機能を有効にするための「実験的機能フラグ」があります。

これらのフラグが無効になっていると、一部のJavaScript機能が使えなくなることがあるのです。

たとえば、ES2015のクラス構文を使ったコードは、古いバージョンのChromeでは動作しません。

class MyClass {
  constructor() {
    console.log("Hello, world!");
  }
}

const obj = new MyClass();

このコードをChromeで実行すると、コンソールにエラーが表示されるかもしれません。

Uncaught SyntaxError: Unexpected token class

この問題を解決するには、実験的機能フラグを有効にする必要があります。

Chromeのアドレスバーに以下のURLを入力し、該当するフラグを有効にしましょう。

chrome://flags/#enable-javascript-harmony

ただし、実験的機能は予告なく変更される可能性があるので、本番環境では使わないほうが賢明です。

安定性重視なら、トランスパイラを使ってコードを変換するのがおすすめです。

○原因17:Firefoxのアドオンが干渉している

Firefoxには、さまざまな機能を追加するためのアドオンが豊富に用意されています。

しかし、中にはJavaScriptの動作を妨げるアドオンもあるのです。

たとえば、広告をブロックするアドオンは、Webサイトに埋め込まれたJavaScriptを無効化することがあります。

トラッキング防止のアドオンも同様に、JavaScriptのコードを改変する可能性があります。

こうした問題が発生した場合は、アドオンを無効化してみるのが一番の解決策です。

Firefoxのメニューから「アドオン」を選択し、問題のありそうなアドオンをオフにしてみましょう。

それでもJavaScriptが動かない場合は、アドオンを完全に削除する必要があるかもしれません。

アドオンの詳細画面から「削除」ボタンをクリックすれば、アドオンを削除できます。

ただし、アドオンを無効化や削除すると、Firefoxの機能が制限されることがあります。

プライバシー保護などの重要な機能は、できるだけ維持しておきたいですね。

○原因18:Safariのクロスオリジンの制限に引っかかっている

Safariには、クロスオリジンのリソース共有を制限する独自の仕様があります。

この制限により、JavaScriptが外部ドメインのリソースにアクセスできず、エラーが発生することがあるのです。

たとえば、example.comのページからapi.example.netのAPIを呼び出そうとすると、次のようなエラーが発生するかもしれません。

XMLHttpRequest cannot load https://api.example.net/data. Origin https://example.com is not allowed by Access-Control-Allow-Origin.

この問題を解決するには、サーバー側で適切なCORSの設定を行う必要があります。

次のようなレスポンスヘッダーを送信することで、クロスオリジンのアクセスを許可できます。

Access-Control-Allow-Origin: https://example.com

ただし、Access-Control-Allow-Originには、アクセスを許可するオリジンを具体的に指定する必要があります。

*のようなワイルドカードは使えないので注意が必要です。

また、ローカル環境では、file://プロトコルが使われるため、CORSの設定が機能しません。

ローカルサーバーを立ち上げ、http://localhostなどのURLでアクセスする必要があります。

このように、ブラウザ固有の設定や制限は、JavaScriptの動作に大きな影響を与えます。

InternetExplorerの互換表示、Chromeの実験的機能、Firefoxのアドオン、Safariのクロスオリジンの制限など、ブラウザ特有の問題に留意しておくことが大切ですね。

もし、JavaScriptが動かない原因がブラウザにありそうだと感じたら、まずは該当のブラウザの設定を見直してみましょう。

ブラウザの更新やリセットで問題が解決することもあります。

さらに、アドオンの影響も忘れずにチェックしておきたいですね。

アドオンの無効化や削除は最後の手段ですが、問題の切り分けには欠かせません。

そしてSafariのように、ブラウザ固有の制限にも目を配る必要があります。

サーバー側の設定を適切に行うことで、クロスオリジンの問題を回避しましょう。

ブラウザごとに異なる特性を理解し、適切に対処することが、JavaScriptを安定して動かすコツなのです。

●開発環境とコード品質に関連する問題

JavaScriptが動かない原因が、開発環境の設定やコードの品質に関連していることがあります。

バージョン管理システムの使い方、コーディングスタイル、テストの実施、デバッグ用のログ出力など、開発プロセスにおける様々な要因が、JavaScriptの動作に影響を与えるのです。

ここでは、開発環境とコード品質に起因する4つの問題を取り上げ、それぞれの原因と対策を探っていきましょう。

日々のJavaScript開発を円滑に進めるためのヒントが見つかるはずです。

○原因19:バージョン管理システムでの変更が反映されていない

複数の開発者が同じプロジェクトに携わる場合、バージョン管理システム(VCS)は欠かせません。

GitやSubversionなどのVCSを使って、コードの変更履歴を追跡し、バージョン間の差分を管理します。

しかし、VCSの使い方を誤ると、JavaScriptが動かなくなることがあります。

たとえば、ある開発者が修正したコードをコミットし忘れると、他の開発者の手元では古いコードが実行されてしまうのです。

この問題を防ぐには、コミットとプッシュを習慣づけることが大切です。

コードに変更を加えたら、必ずリモートリポジトリにプッシュしましょう。

また、プルリクエストを活用するのも有効な方法です。

変更内容をレビューしてもらってから、マージすることで、バージョンの不整合を防げます。

さらに、デプロイ前には必ずプルを実行し、最新のコードを取得するようにしましょう。

こうすることで、ローカルとリモートのコードが同期され、JavaScriptの動作不良を未然に防げるはずです。

○原因20:コード品質が低くlinterやformatterで警告が出ている

JavaScriptは自由度の高い言語ですが、その分、コーディングスタイルが統一されていないと、可読性やメンテナンス性が低下してしまいます。

インデントのズレ、セミコロンの有無、変数名の命名規則など、一貫性のないコードは、バグの温床になりかねません。

コードの品質を保つには、linterやformatterを活用するのが効果的です。

ESLintやPrettierなどのツールを使えば、コーディングスタイルのチェックと自動整形ができます。

たとえば、ESLintでは次のような設定ファイル(.eslintrc.json)を用意し、チェック項目を指定できます。

{
  "extends": "eslint:recommended",
  "rules": {
    "semi": ["error", "always"],
    "quotes": ["error", "single"]
  }
}

この設定では、セミコロンの有無とシングルクォートの使用をチェックするルールを追加しています。

コードがルールに違反していると、ESLintが警告を出力します。

console.log("Hello, world!")
1:13 error Strings must use singlequote quotes
1:28 error Missing semicolon semi

こうした警告を放置していると、コードの品質が低下し、JavaScriptが動かなくなる可能性があります。

警告が出たら、必ず修正するようにしましょう。

また、コード整形ツールのPrettierを使えば、設定ファイル(.prettierrc)に従って、コードを自動的に整形できます。

{
  "semi": true,
  "singleQuote": true
}

この設定を適用すると、先ほどのコードは次のように整形されます。

console.log('Hello, world!');

リンターとフォーマッターを併用することで、チーム全体でコーディングスタイルの統一を図れます。

コードの品質が向上すれば、JavaScriptの動作不良も減らせるはずです。

○原因21:単体テストが失敗している

JavaScriptの関数やモジュールが意図した通りに動作するかを確認するには、単体テスト(Unit Test)が欠かせません。

単体テストを自動化することで、リグレッション(以前動いていた機能が動かなくなる)を防ぎ、コードの品質を保つことができます。

単体テストが失敗しているのに、そのコードを組み込んでしまうと、JavaScriptが動かなくなる可能性があります。

テストが失敗した場合は、必ず原因を特定し、修正してからリリースしましょう。

テストの自動化には、JestやMochaなどのテスティングフレームワークを使うのが一般的です。

たとえば、Jestを使ってテストコードを書くと、次のようになります。

// calc.js
export function add(a, b) {
  return a + b;
}

// calc.test.js
import { add } from './calc';

test('adds 1 + 2 to equal 3', () => {
  expect(add(1, 2)).toBe(3);
});

add関数の動作を検証するテストケースを記述し、期待する結果と実際の結果を比較しています。

もし、テストが失敗すれば、コードに問題があることがわかります。

FAIL ./calc.test.js
  ✕ adds 1 + 2 to equal 3 (5ms)

  ● adds 1 + 2 to equal 3

    expect(received).toBe(expected) // Object.is equality

    Expected: 3
    Received: 4

      4 | 
      5 | test('adds 1 + 2 to equal 3', () => {
    > 6 |   expect(add(1, 2)).toBe(3);
        |                     ^
      7 | });
      8 |

      at Object.<anonymous> (calc.test.js:6:21)

Test Suites: 1 failed, 1 total
Tests:       1 failed, 1 total
Snapshots:   0 total
Time:        1.48 s
Ran all test suites.

テストが失敗した原因を特定したら、コードを修正します。

そして、再度テストを実行し、すべてのテストケースをパスすることを確認してから、リリースしましょう。

○原因22:デバッグ用のログ出力が不足している

JavaScriptが動かない原因を特定するには、コードのどの部分が実行されているのか、変数にどのような値が入っているのかを確認する必要があります。

そのためには、デバッグ用のログ出力が欠かせません。

console.logを使えば、任意の箇所でログを出力できます。

たとえば、関数の引数や戻り値、条件分岐の実行パスなどを出力することで、コードの動作を追跡できるのです。

function multiply(a, b) {
  console.log(`multiply(${a}, ${b}) called`);
  const result = a * b;
  console.log(`result: ${result}`);
  return result;
}

const x = 3;
const y = 5;
const z = multiply(x, y);
console.log(`${x} * ${y} = ${z}`);
multiply(3, 5) called
result: 15
3 * 5 = 15

ただし、console.logを多用しすぎると、かえってコードの可読性が下がってしまいます。

本番環境では、不要なログ出力を削除するか、ロギングレベルを調整する必要があります。

また、ログ出力にはconsole.log以外にも、console.infoconsole.warnconsole.errorなどのメソッドがあります。

それぞれ、情報、警告、エラーを表すログレベルに対応しています。

ログレベルを使い分けることで、重要度に応じてログ出力を制御できます。

たとえば、開発時はデバッグ用のログを出力し、本番環境ではエラーログだけを出力するといった具合です。

console.log('これは通常のログです');
console.info('これは情報レベルのログです');
console.warn('これは警告レベルのログです');
console.error('これはエラーレベルのログです');

JavaScriptが動かない原因を突き止めるには、適切なタイミングで適切なログを出力することが大切です。

ログ出力を効果的に活用することで、デバッグの効率を高められるはずです。

開発環境を整え、コードの品質を高めることは、JavaScriptを安定して動かすための重要な要素です。

バージョン管理システムを正しく使い、リンターやフォーマッターでコードをチェックし、単体テストを自動化し、デバッグ用のログを出力する。

この地道な作業の積み重ねが、JavaScriptの動作不良を減らすことにつながります。

●サーバーサイドとネットワーク環境の問題

ここまでJavaScriptが動かない原因を、コードや開発環境の側面から探ってきましたが、サーバーサイドとネットワーク環境に起因する問題も見逃せません。

フロントエンドのJavaScriptは、バックエンドのサーバーと通信しながら動作するのが一般的です。

その過程で、サーバーサイドのエラーやネットワークの不安定さが、JavaScriptの動作に影響を与えることがあるのです。

ここでは、サーバーとネットワークに関連する2つの原因を取り上げ、トラブルシューティングの手がかりを探っていきましょう。

○原因23:サーバーサイドのエラーが原因である

JavaScriptからサーバーサイドのAPIを呼び出す際、サーバーでエラーが発生するとJavaScriptの処理も止まってしまいます。

たとえば、APIのレスポンスが期待通りのフォーマットではなかったり、データベースとの接続に失敗したりすると、JavaScriptのコードは正常に動作しません。

こうした問題を解決するには、サーバーサイドのログを確認し、エラーの原因を特定する必要があります。

APIのリクエストとレスポンスをロギングしておけば、通信の流れを追跡できます。

たとえば、Node.jsとExpressを使ってAPIサーバーを構築する場合、次のようにミドルウェアを設定すれば、リクエストとレスポンスをロギングできます。

const express = require('express');
const app = express();

// ロギング用のミドルウェア
app.use((req, res, next) => {
  console.log(`[${new Date().toISOString()}] ${req.method} ${req.url}`);
  console.log(`Request Body: ${JSON.stringify(req.body)}`);

  // レスポンスのログ出力
  const originalSend = res.send;
  res.send = function (body) {
    console.log(`Response Body: ${JSON.stringify(body)}`);
    originalSend.call(this, body);
  };

  next();
});

// APIのエンドポイント
app.get('/api/users', (req, res) => {
  // ユーザーデータを取得する処理
  const users = [
    { id: 1, name: 'Alice' },
    { id: 2, name: 'Bob' },
  ];

  res.json(users);
});

app.listen(3000, () => {
  console.log('Server is running on port 3000');
});

このコードでは、app.useを使ってリクエストとレスポンスをロギングするミドルウェアを設定しています。

/api/usersエンドポイントにアクセスすると、以下のようなログが出力されます。

[2023-06-01T10:00:00.000Z] GET /api/users
Request Body: {}
Response Body: [{"id":1,"name":"Alice"},{"id":2,"name":"Bob"}]

こうしたログを手がかりに、サーバーサイドの処理を追跡し、エラーの原因を突き止めることができるでしょう。

また、JavaScriptからAPIを呼び出す際は、エラーハンドリングを適切に行うことが重要です。

fetchaxiosなどのHTTPクライアントを使う場合、レスポンスのステータスコードをチェックし、エラー時の処理を記述しましょう。

たとえば、fetchを使ってAPIを呼び出す場合は、次のようにエラーハンドリングを行えます。

fetch('/api/users')
  .then(response => {
    if (!response.ok) {
      throw new Error(`HTTP error! status: ${response.status}`);
    }
    return response.json();
  })
  .then(data => {
    console.log(data);
  })
  .catch(error => {
    console.error('Error:', error);
  });

レスポンスのokプロパティを確認し、ステータスコードが200番台以外の場合はエラーをスローしています。

エラーが発生した場合は、catchブロックで処理を行います。

○原因24:ネットワーク環境が不安定である

JavaScriptの動作は、ネットワーク環境の安定性にも左右されます。

ネットワークの遅延が大きかったり、通信が途中で切断されたりすると、JavaScriptのコードが意図した通りに動かないことがあるのです。

こうした問題を解決するには、ネットワークの状態を監視し、エラー発生時の処理を適切に行う必要があります。

たとえば、navigator.onLineプロパティを使えば、デバイスがオンラインかどうかを判定できます。

if (navigator.onLine) {
  console.log('オンラインです');
} else {
  console.log('オフラインです');
}

また、window.addEventListenerを使って、オンライン/オフラインのイベントを監視することもできます。

window.addEventListener('online', function() {
  console.log('ネットワークに接続しました');
});

window.addEventListener('offline', function() {
  console.log('ネットワークから切断されました');
});

ネットワークが不安定な環境では、こうしたイベントを活用して、適切なエラーメッセージを表示したり、データをローカルに保存したりするのがおすすめです。

また、通信エラーが発生した場合に備えて、リトライ処理を実装しておくのも有効な方法です。

指数バックオフアルゴリズムを使えば、効率的にリトライ間隔を調整できます。

function fetchWithRetry(url, options, retries = 3, backoff = 1000) {
  return new Promise((resolve, reject) => {
    function retry() {
      fetch(url, options)
        .then(resolve)
        .catch(error => {
          if (retries === 0) {
            reject(error);
            return;
          }
          setTimeout(() => {
            retries--;
            backoff *= 2;
            retry();
          }, backoff);
        });
    }
    retry();
  });
}

fetchWithRetry('/api/users')
  .then(response => response.json())
  .then(data => {
    console.log(data);
  })
  .catch(error => {
    console.error('Error:', error);
  });

この例では、fetchWithRetry関数を定義し、fetchのラッパーとして使用しています。

リトライ回数とリトライ間隔を指定でき、通信エラーが発生した場合は指定回数だけリトライを行います。

リトライ間隔は指数的に増加するので、ネットワークに過剰な負荷をかけずに済みます。

JavaScriptが動かない原因は多岐にわたりますが、サーバーサイドとネットワーク環境の問題も見落とせません。

サーバーサイドのエラーを丁寧に追跡し、ネットワークの状態を適切に監視することが、トラブルシューティングの第一歩となるでしょう。

そして、クライアントサイドでは、エラーハンドリングを適切に行い、リトライ処理を実装することが重要です。

通信エラーを適切に処理することで、JavaScriptの動作不良を最小限に抑えられるはずです。

サーバーとクライアントの両面から、JavaScriptの安定稼働を目指していきましょう。

監視とログの活用、エラー処理の徹底、ネットワークの状態を考慮した実装。

これを意識することが、JavaScriptをトラブルなく動かすためのカギとなるでしょう。

まとめ

JavaScriptが動かない原因は多岐にわたりますが、本記事では24の代表的な原因と解決策を紹介しました。

ブラウザの設定から開発環境まで、様々な角度からトラブルシューティングのポイントを解説してきました。

問題の原因を特定するには、地道なデバッグ作業と仮説検証が欠かせません。

そして、コード品質の向上とエラーハンドリングの徹底が、トラブル防止のカギとなるでしょう。

この記事を手がかりに、JavaScriptのデバッグスキルを磨いていってください。

粘り強く学び続ける姿勢こそが、自立した開発者への第一歩です。