初心者必見!JavaScriptエラー解決の7つの方法

JavaScriptエラー解決方法を徹底解説JS
この記事は約5分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、JavaScriptエラーを解決する方法が身につきます。

初心者でも分かりやすい解説とサンプルコードを使って、JavaScriptエラーの原因と対処法、注意点、カスタマイズ方法を紹介します。

エラーに悩まされず、プログラムをスムーズに進めましょう!

●JavaScriptエラーの原因

JavaScriptエラーは、プログラムの実行中に発生する問題で、文法エラー、参照エラー、型エラー、範囲エラーなどがあります。

これらのエラーが発生すると、プログラムが正常に動作せず、開発が遅れることもあります。

●対処法

さまざまなJavaScriptエラーに対処する方法を、サンプルコードを使って紹介します。

○サンプルコード1:文法エラーの修正

文法エラーは、プログラムの書き方が正しくないことが原因です。

このコードでは、ダブルクォーテーションが閉じられていないため、文法エラーが発生します。

console.log("Hello, world);

この問題を解決するには、ダブルクォーテーションを閉じることで、正しいコードに修正します。

console.log("Hello, world");

○サンプルコード2:参照エラーの解決

参照エラーは、存在しない変数や関数を参照しようとした際に発生します。

このコードでは、未定義の変数nameを参照しているため、参照エラーが発生します。

console.log(name);

この問題を解決するには、変数nameを定義してから参照します。

const name = "Taro";
console.log(name);

○サンプルコード3:型エラーの対処

型エラーは、オブジェクトの型が期待される型と異なる場合に発生します。

このコードでは、数値型の変数numに対して、文字列型のメソッドtoLowerCase()を呼び出そうとしているため、型エラーが発生します。

const num = 123;
console.log(num.toLowerCase());

この問題を解決するには、適切な型のメソッドを呼び出すように修正します。

const num = 123;
console.log(num.toString());

○サンプルコード4:範囲エラーの修正

範囲エラーは、値の範囲が不正な場合に発生します。

このコードでは、配列の範囲を超えるインデックスを指定しているため、範囲エラーが発生します。

const array = [1, 2, 3];
console.log(array[3]);

この問題を解決するには、正しい範囲のインデックスを指定します。

const array = [1, 2, 3];
console.log(array[2]);

●注意点

JavaScriptエラーに対処する際には、まずエラーメッセージをよく読み、原因を特定してから修正に取り組むことが重要です。

また、デバッグツールを活用することで、より効率的にエラーを解決できます。

●カスタマイズ方法

JavaScriptエラーに対処する方法をカスタマイズすることで、より効率的に問題を解決できます。

○サンプルコード5:エラーハンドリングのカスタマイズ

エラーハンドリングをカスタマイズすることで、エラー発生時の処理を変更できます。

このコードでは、tryブロック内でエラーが発生した場合、catchブロックでエラーメッセージをカスタマイズして表示します。

try {
  const num = "123";
  console.log(num.toUpperCase());
} catch (error) {
  console.error("カスタムエラー:", error.message);
}

○サンプルコード6:デバッグツールの活用

ブラウザのデバッグツールを活用することで、エラーの原因を特定しやすくなります。

このコードでは、debuggerステートメントを使用して、デバッグツールでコードの実行を一時停止します。

const num = "123";
debugger;
console.log(num.toUpperCase());

○サンプルコード7:外部ライブラリの利用

外部ライブラリを使用することで、エラーハンドリングやデバッグの効率を向上させることができます。

例えば、loglevelライブラリを使用して、ログの出力レベルを制御できます。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>外部ライブラリの利用</title>
  <script src="https://unpkg.com/loglevel@1.7.1/dist/loglevel.min.js"></script>
  <script>
    // ログレベルの設定
    log.setLevel("error");

    log.trace("Traceメッセージ");
    log.debug("Debugメッセージ");
    log.info("Infoメッセージ");
    log.warn("Warnメッセージ");
    log.error("Errorメッセージ");
  </script>
</head>
<body>
</body>
</html>

この例では、ログレベルをerrorに設定しているため、Errorメッセージのみが出力されます。

まとめ

この記事では、JavaScriptエラーの対処法やカスタマイズ方法を、サンプルコードを交えて解説しました。

エラーメッセージを理解し、適切な方法で対処することが重要です。

また、デバッグツールや外部ライブラリを活用することで、エラーの特定や解決が容易になります。

JavaScriptエラーに悩まされることが少なくなることを願っています。