HTML分割の全手法!初心者も簡単にマスターできる9つの方法

HTML分割方法イメージ HTML

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスはSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めばHTML分割が簡単にできるようになります。

初心者向けに解説し、サンプルコードを用いて、分割方法やカスタマイズ方法を学びましょう。

HTML分割とは

HTML分割とは、ウェブページのコンテンツを複数の部分に分けることです。

これにより、読者にとって見やすく整理されたページを作成できます。

分割のメリット

  • コンテンツが整理され、読者にとって見やすくなる
  • レイアウトが自由に変更できる
  • コンテンツの再利用が容易になる

HTML分割の9つの方法

それでは、HTML分割の9つの方法を紹介していきます。

方法1: divタグを使用した分割

divタグは、ウェブページを複数のブロックに分けるために使用されます。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<title>divタグによる分割</title>
</head>
<body>
  <div id="header">
    <h1>ヘッダー</h1>
  </div>
  <div id="content">
    <p>コンテンツ</p>
  </div>
  <div id="footer">
    <p>フッター</p>
  </div>
</body>
</html>

方法2: spanタグを使用した分割

spanタグは、インライン要素をグループ化するために使用されます。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<title>spanタグによる分割</title>
</head>
<body>
  <p><span>テキスト1</span> | <span>テキスト2</span> | <span>テキスト3</span></p>
</body>
</html>

方法3: tableタグを使用した分割

tableタグは、表形式のデータを表示するために使用されます。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<title>tableタグによる分割</title>
</head>
<body>
  <table>
    <tr>
      <td>セル1</td>
      <td>セル2</td>
    </tr>
    <tr>
      <td>セル3</td>
      <td>セル4</td>
    </tr>
  </table>
</body>
</html>

方法4: iframeタグを使用した分割

iframeタグは、ウェブページ内に別のウェブページを埋め込むために使用されます。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<title>iframeタグによる分割</title>
</head>
<body>
  <iframe src="https://example.com" width="300" height="200"></iframe>
</body>
</html>

方法5: CSS Gridを使用した分割

CSS Gridは、ウェブページの要素をグリッド状に配置するために使用されます。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<title>CSS Gridによる分割</title>
<style>
  .grid-container {
    display: grid;
    grid-template-columns: auto auto auto;
    grid-gap: 10px;
  }
  .grid-item {
    background-color: lightgray;
    padding: 10px;
  }
</style>
</head>
<body>
  <div class="grid-container">
    <div class="grid-item">アイテム1</div>
    <div class="grid-item">アイテム2</div>
    <div class="grid-item">アイテム3</div>
  </div>
</body>
</html>

方法6: Flexboxを使用した分割

Flexboxは、ウェブページの要素を柔軟に配置するために使用されます。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<title>Flexboxによる分割</title>
<style>
  .flex-container {
    display: flex;
  }
  .flex-item {
    background-color: lightgray;
    padding: 10px;
    margin: 5px;
  }
</style>
</head>
<body>
  <div class="flex-container">
    <div class="flex-item">アイテム1</div>
    <div class="flex-item">アイテム2</div>
    <div class="flex-item">アイテム3</div>
  </div>
</body>
</html>

方法7: CSS Multi-column Layoutを使用した分割

CSS Multi-column Layoutは、ウェブページのテキストを複数のカラムに分割するために使用されます。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<title>CSS Multi-column Layoutによる分割</title>
<style>
  .multi-column {
    column-count: 3;
    column-gap: 20px;
  }
</style>
</head>
<body>
  <div class="multi-column">
    <p>ここに長いテキストが入ります。テキストは自動的に3つのカラムに分割されます。</p>
  </div>
</body>
</html>

方法8: Bootstrapを使用した分割

Bootstrapは、ウェブページのレイアウトやデザインを簡単に作成するためのCSSフレームワークです。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<title>Bootstrapによる分割</title>
<link rel="stylesheet" href="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.5.2/css/bootstrap.min.css">
</head>
<body>
  <div class="container">
    <div class="row">
      <div class="col-sm-4">カラム1</div>
      <div class="col-sm-4">カラム2</div>
      <div class="col-sm-4">カラム3</div>
    </div>
  </div>
</body>
</html>

方法9: JavaScriptを使用した動的分割

JavaScriptを使用することで、ウェブページの要素を動的に分割することができます。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<title>JavaScriptによる分割</title>
</head>
<body>
  <div id="container"></div>
  <script>
    const container = document.getElementById('container');
    for (let i = 1; i <= 3; i++) {
      const div = document.createElement('div');
      div.textContent = 'アイテム' + i;
      container.appendChild(div);
    }
  </script>
</body>
</html>

注意点と対処法

  • 分割方法によっては、ブラウザの互換性に問題が発生することがあるため、対応するブラウザを確認しておくことが重要です。
  • 画像やフォントなどのリソースが適切に読み込まれているか確認してください。
  • レスポンシブデザインを意識し、デバイスごとに表示が適切になるように調整してください。
  • ウェブアクセシビリティに配慮し、障害を持つユーザーにもアクセスしやすいウェブページを作成することを心がけてください。

カスタマイズの例として、下記ではCSSを使用してデザインを変更する方法を示しています。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<title>デザインのカスタマイズ</title>
<style>
  div {
    background-color: lightblue;
    padding: 10px;
    margin: 5px;
  }
</style>
</head>
<body>
  <div>ブロック1</div>
  <div>ブロック2</div>
  <div>ブロック3</div>
</body>
</html>

まとめ

この記事では、HTML分割の9つの方法を紹介しました。

これらの方法を活用して、読者にとって分かりやすく効果的なウェブページを作成できるようになるでしょう。