HTML Living Standardを完全理解!10のサンプルコードで使いこなす

HTML Living Standardの解説、サンプルコードの例HTML
この記事は約14分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、HTML Living Standardを使いこなすことができるようになります。

初心者の方でも分かりやすいように、使い方、対処法、注意点、カスタマイズ方法を解説し、10のサンプルコードで具体的にどのように使用できるかを学べます。

●HTML Living Standardとは

○簡単な説明

HTML Living Standardとは、現在のHTML仕様を表す言葉です。

これは、HTMLの進化に合わせて常に更新されるため「生きた標準」と呼ばれています。

●使い方

ここでは、HTML Living Standardを使った基本的な使い方をサンプルコードで紹介します。

○サンプルコード1:フォーム作成

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>Sample Form</title>
</head>
<body>
  <form>
    <label for="name">Name:</label>
    <input type="text" id="name" name="name">
    <input type="submit" value="Submit">
  </form>
</body>
</html>

このサンプルコードでは、簡単なフォームを作成しています。

○サンプルコード2:画像表示

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>Image Display</title>
</head>
<body>
  <img src="example.jpg" alt="Example Image">
</body>
</html>

このサンプルコードでは、画像を表示する方法を紹介しています。

○サンプルコード3:リンク設定

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>Link Setting</title>
</head>
<body>
  <a href="https://example.com">Visit Example Website</a>
</body>
</html>

このサンプルコードでは、リンクを設定する方法を紹介しています。

●対処法

○サンプルコード4:表示エラーの解決

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>Error Fixing</title>
</head>
<body>
  <h1>Heading</h1>
  <p>Paragraph</p>
</body>
</html>

このサンプルコードでは、表示エラーを解決する方法を紹介しています。

●注意点

HTML Living Standardを使う際の注意点は、次の通りです。

  1. タグの閉じ忘れに注意する
  2. 属性の指定方法を正しく行う
  3. DOCTYPE宣言を忘れずに記述する

●カスタマイズ方法

○サンプルコード5:テーブルのデザイン変更

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>Table Design Change</title>
  <style>
    table {
      border-collapse: collapse;
      width: 100%;
    }
    th, td {
      border: 1px solid black;
      padding: 8px;
      text-align: left;
    }
    th {
      background-color: #f2f2f2;
    }
  </style>
</head>
<body>
  <table>
    <tr>
      <th>Header 1</th>
      <th>Header 2</th>
    </tr>
    <tr>
      <td>Row 1 Column 1</td>
      <td>Row 1 Column 2</td>
    </tr>
    <tr>
      <td>Row 2 Column 1</td>
      <td>Row 2 Column 2</td>
    </tr>
  </table>
</body>
</html>

このサンプルコードでは、テーブルのデザインを変更する方法を紹介しています。

●応用例

下記では、HTML Living Standardを応用したサンプルコードを紹介します。

○サンプルコード6:スライドショー作成

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>Slideshow</title>
  <style>
    .slideshow {
      display: none;
    }
  </style>
</head>
<body>
  <img class="slideshow" src="image1.jpg" alt="Image 1">
  <img class="slideshow" src="image2.jpg" alt="Image 2">
  <img class="slideshow" src="image3.jpg" alt="Image 3">
  <script>
    let slides = document.getElementsByClassName("slideshow");
    let index = 0;
    function showSlides() {
      for (let i = 0; i < slides.length; i++) {
        slides[i].style.display = "none";
      }
      index++;
      if (index > slides.length) { index = 1 }
      slides[index - 1].style.display = "block";
      setTimeout(showSlides, 3000);
    }
    showSlides();
  </script>
</body>
</html>

このサンプルコードでは、スライドショーを作成する方法を紹介しています。

○サンプルコード7:動的なグラフ描画

※このサンプルコードでは、Chart.jsという外部ライブラリを使用しています。

Chart.jsの利用には、下記のように外部リソースを読み込む必要があります。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>Dynamic Graph</title>
  <script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/chart.js"></script>
</head>
<body>
  <canvas id="myChart"></canvas>
  <script>
    const data = {
      labels: ['Red', 'Blue', 'Yellow', 'Green', 'Purple', 'Orange'],
      datasets: [{
        label: 'Color Distribution',
        data: [12, 19, 3, 5, 2, 3],
        backgroundColor: ['rgba(255, 99, 132, 0.2)', 'rgba(54, 162, 235, 0.2)', 'rgba(255, 206, 86, 0.2)', 'rgba(75, 192, 192, 0.2)', 'rgba(153, 102, 255, 0.2)', 'rgba(255, 159, 64, 0.2)'],
        borderColor: ['rgba(255, 99, 132, 1)', 'rgba(54, 162, 235, 1)', 'rgba(255, 206, 86, 1)', 'rgba(75, 192, 192, 1)', 'rgba(153, 102, 255, 1)', 'rgba(255, 159, 64, 1)'],
        borderWidth: 1
      }]
    };
    const config = {
      type: 'bar',
      data: data,
      options: {
        scales: {
          y: {
            beginAtZero: true
          }
        }
      }
    };
    const myChart = new Chart(document.getElementById('myChart'), config);
  </script>
</body>
</html>

このサンプルコードでは、動的なグラフを描画する方法を紹介しています。

○サンプルコード8:レスポンシブデザイン

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
  <title>Responsive Design</title>
  <style>
    .container {
      max-width: 1200px;
      margin: 0 auto;
    }
    .column {
      float: left;
      width: 100%;
    }
    @media screen and (min-width: 768px) {
      .column {
        width: 50%;
      }
    }
  </style>
</head>
<body>
  <div class="container">
    <div class="column">
      <p>Column 1 content...</p>
    </div>
    <div class="column">
      <p>Column 2 content...</p>
    </div>
  </div>
</body>
</html>

このサンプルコードでは、レスポンシブデザインの実装方法を紹介しています。

○サンプルコード9:アコーディオンメニュー

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>Accordion Menu</title>
  <style>
    .accordion {
      cursor: pointer;
    }
    .panel {
      display: none;
    }
  </style>
  <script>
    function toggleAccordion() {
      this.classList.toggle("active");
      let panel = this.nextElementSibling;
      if (panel.style.display === "block") {
        panel.style.display = "none";
      } else {
        panel.style.display = "block";
      }
    }
  </script>
</head>
<body>
  <button class="accordion" onclick="toggleAccordion.call(this)">Section 1</button>
  <div class="panel">
    <p>Section 1 content...</p>
  </div>
  <button class="accordion" onclick="toggleAccordion.call(this)">Section 2</button>
  <div class="panel">
    <p>Section 2 content...</p>
  </div>
  <button class="accordion" onclick="toggleAccordion.call(this)">Section 3</button>
  <div class="panel">
    <p>Section 3 content...</p>
  </div>
</body>
</html>

このサンプルコードでは、アコーディオンメニューの作成方法を紹介しています。

○サンプルコード10:オンラインショッピングカート

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>Shopping Cart</title>
  <style>
    .product {
      display: flex;
      justify-content: space-between;
      margin-bottom: 1rem;
    }
    .add-to-cart {
      cursor: pointer;
    }
  </style>
  <script>
    function addToCart(product) {
      alert(product + " has been added to your cart!");
    }
  </script>
</head>
<body>
  <div class="product">
    <p>Product 1</p>
    <button class="add-to-cart" onclick="addToCart('Product 1')">Add to Cart</button>
  </div>
  <div class="product">
    <p>Product 2</p>
    <button class="add-to-cart" onclick="addToCart('Product 2')">Add to Cart</button>
  </div>
  <div class="product">
    <p>Product 3</p>
    <button class="add-to-cart" onclick="addToCart('Product 3')">Add to Cart</button>
  </div>
</body>
</html>

このサンプルコードでは、オンラインショッピングカートに商品を追加する機能の実装方法を紹介しています。

まとめ

この記事を読むことで、HTML Living Standardの基本から応用までの使い方が理解できました。

フォーム作成や画像表示、リンク設定、デザインのカスタマイズ、そして動的なコンテンツの作成など、様々な方法が紹介されました。

これらの知識を活かし、自分だけのウェブページを作成してみましょう。