JavaScriptにおけるタグ取得の方法10選!初心者でも簡単にできる

JavaScriptでタグを取得するサンプル画像JS
この記事は約13分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、JavaScriptを使ってHTMLタグを取得する方法が身につきます。

JavaScriptの基本的なタグ取得方法から、応用例まで詳しく解説します。

初心者の方でも簡単にできるサンプルコード付きで説明しますので、ぜひ参考にしてください。

●JavaScriptタグとは

JavaScriptタグとは、HTML内の要素を操作するために使用するタグのことです。

JavaScriptを使ってタグを取得することで、ページ内の要素を動的に変更したり、イベントを追加したりすることができます。

○タグの基本

HTMLでは、要素をタグで囲んで表現します。

例えば、次のような形式です。

<p>これは段落です。</p>

JavaScriptを使って、このようなタグを取得・操作することができます。

●JavaScriptタグ取得の方法

JavaScriptでタグを取得する方法にはいくつかの方法があります。

ここでは、5つの基本的な方法とサンプルコードを紹介します。

○サンプルコード1:getElementByIdを使ったタグ取得

getElementByIdは、指定したid属性の値を持つ要素を取得します。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<script>
function getTagById() {
  var element = document.getElementById("demo");
  alert("取得したタグ:" + element.tagName);
}
</script>
</head>
<body>

<h1 id="demo">Hello World!</h1>
<button onclick="getTagById()">タグを取得</button>

</body>
</html>

このサンプルでは、ボタンをクリックすると、id属性が”demo”の要素(ここではh1タグ)が取得され、タグ名がアラートで表示されます。

○サンプルコード2:getElementsByClassNameを使ったタグ取得

getElementsByClassNameは、指定したclass属性の値を持つ要素をすべて取得します。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<script>
function getTagsByClassName() {
  var elements = document.getElementsByClassName("test");
  var result = "";
  for (var i = 0; i < elements.length; i++) {
    result += elements[i].tagName + " ";
  }
  alert("取得したタグ:" + result);
}
</script>
</head>
<body>

<p class="test">これは段落1です。</p>
<p class="test">これは段落2です。</p>
<button onclick="getTagsByClassName()">タグを取得</button>

</body>
</html>

このサンプルでは、ボタンをクリックすると、class属性が”test”の要素(ここでは2つのpタグ)が取得され、それぞれのタグ名がアラートで表示されます。

○サンプルコード3:getElementsByTagNameを使ったタグ取得

getElementsByTagNameは、指定したタグ名の要素をすべて取得します。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<script>
function getTagsByTagName() {
  var elements = document.getElementsByTagName("p");
  var result = "";
  for (var i = 0; i < elements.length; i++) {
    result += elements[i].innerHTML + " ";
  }
  alert("取得したテキスト:" + result);
}
</script>
</head>
<body>

<p>これは段落1です。</p>
<p>これは段落2です。</p>
<button onclick="getTagsByTagName()">テキストを取得</button>

</body>
</html>

このサンプルでは、ボタンをクリックすると、すべてのpタグが取得され、それぞれのテキストがアラートで表示されます。

○サンプルコード4:querySelectorを使ったタグ取得

querySelectorは、指定したCSSセレクタに一致する最初の要素を取得します。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<script>
function getTagBySelector() {
  var element = document.querySelector(".test");
  alert("取得したタグ:" + element.tagName);
}
</script>
</head>
<body>

<p class="test">これは段落1です。</p>
<p class="test">これは段落2です。</p>
<button onclick="getTagBySelector()">タグを取得</button>

</body>
</html>

このサンプルでは、ボタンをクリックすると、CSSセレクタ”.test”に一致する最初の要素(ここでは1つ目のpタグ)が取得され、タグ名がアラートで表示されます。

○サンプルコード5:querySelectorAllを使ったタグ取得

querySelectorAllは、指定したCSSセレクタに一致するすべての要素を取得します。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<script>
function getTagsBySelectorAll() {
  var elements = document.querySelectorAll(".test");
  var result = "";
  for (var i = 0; i < elements.length; i++) {
    result += elements[i].tagName + " ";
  }
  alert("取得したタグ:" + result);
}
</script>
</head>
<body>

<p class="test">これは段落1です。</p>
<p class="test">これは段落2です。</p>
<button onclick="getTagsBySelectorAll()">タグを取得</button>

</body>
</html>

このサンプルでは、ボタンをクリックすると、CSSセレクタ”.test”に一致するすべての要素(ここでは2つのpタグ)が取得され、それぞれのタグ名がアラートで表示されます。

●応用例とサンプルコード

JavaScriptでタグを取得した後には、さまざまな操作ができます。

ここでは、いくつかの応用例とサンプルコードを紹介します。

○サンプルコード6:タグの属性値を取得・変更する

このサンプルでは、JavaScriptを使用して特定のHTML要素の属性を取得し、ユーザーの操作に応じて属性を変更します

。ボタンをクリックすると、リンクのhref属性値が「https://www.google.com」から「https://www.example.com」に更新され、変更がアラートで表示されます。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<script>
function changeAttribute() {
  var element = document.getElementById("link");
  var href = element.getAttribute("href");
  alert("現在のリンク先:" + href);
  element.setAttribute("href", "https://www.example.com");
  alert("変更後のリンク先:" + element.getAttribute("href"));
}
</script>
</head>
<body>

<a id="link" href="https://www.google.com">Google</a>
<button onclick="changeAttribute()">リンク先を変更</button>

</body>
</html>

このコードは、JavaScriptでのDOM操作の基本を示し、動的なウェブページ作成に欠かせません。

○サンプルコード7:タグのテキストを取得・変更する

次のサンプルでは、JavaScriptを使用してHTML要素のテキスト内容を取得し、新しい内容に更新する方法を表しています。

この操作は、ウェブページに動的なテキストコンテンツを追加する際に重要です。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<script>
function changeText() {
  var element = document.getElementById("paragraph");
  alert("現在のテキスト:" + element.textContent);
  element.textContent = "これは変更後のテキストです。";
  alert("変更後のテキスト:" + element.textContent);
}
</script>
</head>
<body>

<p id="paragraph">これは変更前のテキストです。</p>
<button onclick="changeText()">テキストを変更</button>

</body>
</html>

このサンプルは、ウェブページのテキストコンテンツを動的に更新する方法を表しています。

○サンプルコード8:タグのスタイルを変更する

最後のサンプルでは、JavaScriptを使用してHTML要素のスタイル、ここでは背景色を動的に変更する方法を紹介しています。

この技術は、ユーザーの操作に応じてページの見た目を変える際に特に有効です。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<style>
  .highlight {
    background-color: yellow;
  }
</style>
<script>
function changeStyle() {
  var element = document.getElementById("paragraph");
  element.classList.toggle("highlight");
}
</script>
</head>
<body>

<p id="paragraph">このテキストのスタイルを変更します。</p>
<button onclick="changeStyle()">スタイルを変更</button>

</body>
</html>

このサンプルは、ユーザーインタラクションに基づいて、スタイルを簡単かつ効果的に変更する方法を表しています。

○サンプルコード9:タグにイベントリスナーを追加する

タグにイベントリスナーを追加することで、特定のイベントが発生した際に実行される関数を設定できます。

下記に、ボタンがクリックされたときにアラートを表示するサンプルコードを示します。

// HTMLタグの取得
const button = document.getElementById("myButton");

// イベントリスナーの追加
button.addEventListener("click", function() {
  alert("ボタンがクリックされました!");
});

このコードでは、getElementByIdを使ってボタンのタグを取得し、addEventListenerメソッドを使ってクリックイベントのリスナーを追加しています。

○サンプルコード10:タグを生成・削除する

JavaScriptを使って新しいタグを生成したり、既存のタグを削除することもできます。

下記に、新しいリストアイテムを生成して追加し、削除するサンプルコードを示します。

// 新しいリストアイテムの生成
const newItem = document.createElement("li");
newItem.textContent = "新しいリストアイテム";

// リストアイテムの追加
const list = document.getElementById("myList");
list.appendChild(newItem);

// リストアイテムの削除
const firstItem = document.querySelector("#myList li:first-child");
list.removeChild(firstItem);

このコードでは、createElementメソッドを使って新しいリストアイテムを生成し、appendChildメソッドでリストに追加しています。

また、querySelectorで最初のリストアイテムを取得し、removeChildメソッドでリストから削除しています。

これらのサンプルコードも参考にして、JavaScriptでタグを取得・操作する方法を学んでください。

●カスタマイズ方法

JavaScriptでタグを取得した後に、さまざまなカスタマイズが可能です。

例えば、下記のようなことができます。

  1. 取得したタグの属性値を変更する
  2. 取得したタグのテキストを変更する
  3. 取得したタグのスタイルを変更する
  4. 取得したタグを別のタグの子要素として追加する

これらのカスタマイズ方法は、サンプルコードで紹介したように、タグの属性やテキスト、スタイルなどを直接操作することで実現できます。

また、タグを別のタグの子要素として追加する方法として、appendChildやinsertBeforeなどのメソッドが利用できます。

まとめ

この記事では、JavaScriptでタグを取得する方法や、それを活用したカスタマイズ方法について、詳しく解説しました。

記事を読めば、タグ取得の基本から応用例まで、幅広い知識を身につけることができます。

重要なポイントは、タグ取得に使えるメソッド(getElementById、getElementsByClassName、getElementsByTagName、querySelector、querySelectorAll)や、それぞれのメソッドの特徴を理解することです。

また、注意点としては、タグが存在しない場合にnullが返されることや、querySelectorAllで取得した要素が生の配列ではないことを押さえておくことが重要です。

最後に、タグ取得後のカスタマイズ方法についても触れました。

これらの知識を活用して、JavaScriptを使ったWebページの制作に役立ててください。