JavaScriptでボタンを非表示にする5つの方法

JavaScriptでボタンを非表示にする方法JS
この記事は約7分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、JavaScriptでボタンを非表示にする方法が5つ身につきます。

初心者の方でも簡単に理解できるように、サンプルコード付きで解説しています。

是非、一緒に学んでいきましょう。

●JavaScriptでボタンを非表示にする基本的な方法

まずは、JavaScriptでボタンを非表示にする基本的な方法を2つ紹介します。

○方法1: displayプロパティを使う

displayプロパティを使って、ボタンを非表示にする方法です。

この例では、displayプロパティの値を’none’に設定することで、ボタンが非表示になります。

○サンプルコード1: displayプロパティでボタンを非表示にする

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>ボタンを非表示にするサンプル</title>
</head>
<body>
    <button id="myButton">非表示にするボタン</button>
    <script>
        // ボタンを取得
        const button = document.getElementById('myButton');
        // ボタンを非表示にする
        button.style.display = 'none';
    </script>
</body>
</html>

○方法2: visibilityプロパティを使う

visibilityプロパティを使って、ボタンを非表示にする方法です。

この例では、visibilityプロパティの値を’hidden’に設定することで、ボタンが非表示になりますが、レイアウト上の位置は保たれます。

○サンプルコード2: visibilityプロパティでボタンを非表示にする

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>ボタンを非表示にするサンプル</title>
</head>
<body>
    <button id="myButton">非表示にするボタン</button>
    <script>
        // ボタンを取得
        const button = document.getElementById('myButton');
        // ボタンを非表示にする
        button.style.visibility = 'hidden';
    </script>
</body>
</html>

●JavaScriptでボタンを条件に応じて非表示にする応用例

次に、JavaScriptでボタンを条件に応じて非表示にする応用例を3つ紹介します。

○方法3: イベントリスナを使ってボタンを非表示にする

イベントリスナを使って、ボタンをクリックした際に非表示にする方法です。

この例では、ボタンがクリックされるとイベントリスナが発火し、ボタンが非表示になります。

○サンプルコード3: イベントリスナでボタンを非表示にする

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>イベントリスナでボタンを非表示にするサンプル</title>
</head>
<body>
    <button id="myButton">クリックで非表示にするボタン</button>
    <script>
        // ボタンを取得
        const button = document.getElementById('myButton');
        // ボタンがクリックされたら非表示にするイベントリスナを設定
        button.addEventListener('click', () => {
            button.style.display = 'none';
        });
    </script>
</body>
</html>

○方法4: クラスを追加してボタンを非表示にする

クラスを追加することで、ボタンを非表示にする方法を紹介します。

この例では、指定されたクラスにCSSで非表示にするスタイルが適用され、ボタンが非表示になります。

○サンプルコード4: クラスを追加してボタンを非表示にする

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>クラスを追加してボタンを非表示にするサンプル</title>
    <style>
        .hidden {
            display: none;
        }
    </style>
</head>
<body>
    <button id="myButton">クリックで非表示にするボタン</button>
    <script>
        // ボタンを取得
        const button = document.getElementById('myButton');
        // ボタンがクリックされたら非表示にするクラスを追加
        button.addEventListener('click', () => {
            button.classList.add('hidden');
        });
    </script>
</body>
</html>

○方法5: タイマーを使って一定時間後にボタンを非表示にする

タイマーを使って一定時間後にボタンを非表示にする方法を紹介します。

この例では、指定された時間が経過すると、ボタンが非表示になります。

○サンプルコード5: タイマーで一定時間後にボタンを非表示にする

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>タイマーで一定時間後にボタンを非表示にするサンプル</title>
</head>
<body>
    <button id="myButton">一定時間後に非表示になるボタン</button>
    <script>
        // ボタンを取得
        const button = document.getElementById('myButton');
        // 3秒後にボタンを非表示にする
        setTimeout(() => {
            button.style.display = 'none';
        }, 3000);
    </script>
</body>
</html>

●注意点と対処法

  1. ページ上に多数のボタンがある場合、それぞれのボタンに個別に非表示処理を適用するのではなく、共通のクラス名を使用しましょう。
  2. displayプロパティとvisibilityプロパティの違いを理解し、適切なものを使い分けましょう。
    displayプロパティは要素を完全に削除し、visibilityプロパティは要素を見えなくするだけです。
  3. JavaScriptの処理が重くなる場合は、イベントリスナやタイマーを適切に解除してリソースを節約しましょう。

●カスタマイズ方法

非表示にする条件を変更する

クリックやマウスオーバーなど、さまざまなイベントに応じて非表示にする条件をカスタマイズできます。

非表示にするアニメーションを追加する

CSSアニメーションを利用して、非表示にする際のアニメーションを追加できます。

特定の条件下でのみ非表示にする

ユーザーのアクションや画面サイズに応じて、条件を満たす場合にのみボタンを非表示にすることができます。

まとめ

この記事では、JavaScriptでボタンを非表示にする方法を5つ紹介しました。

基本的な方法から応用例まで、それぞれの方法に合わせたサンプルコードとともに説明しました。

これらの方法を活用して、自分だけのオリジナルなボタン非表示処理を実装してみてください。