PHP初心者必見!クラス変数の作り方・使い方を5つのステップで理解しよう!

PHPクラス変数の詳細解説記事のサムネイル画像 PHP

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスはSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

PHPを学び始めたばかりのあなたへ。

これからPHPの「クラス変数」について詳しく解説します。

この記事を読めば、クラス変数の作り方や使い方、注意点、そしてカスタマイズ方法について理解することができます。

サンプルコードを交えて説明しますので、理解が深まること間違いなしです。

●PHPとは?

PHPは、Webサイトのバックエンド側で動作するプログラミング言語の一つです。

Webサイトの動的な部分を制御するために使用されます。

PHPは、その学習曲線の優しさと、豊富なライブラリやフレームワークの存在から、多くの開発者に愛用されています。

●PHPクラス変数の基本

クラス変数は、オブジェクト指向プログラミングの一部としてPHPに導入されました。

クラス変数はクラスの中で定義され、そのクラスのインスタンス(オブジェクト)間で共有されます。

これは、クラスの全てのインスタンスが同一のクラス変数を共有するということを意味します。

●PHPクラス変数の作り方

では、クラス変数をどのように作成するのでしょうか。

次のステップで解説していきます。

○サンプルコード1:クラス変数の定義

クラス変数は、クラスの中で定義されます。

ここでは、”Car”というクラスを作成し、その中に”color”というクラス変数を定義しています。

class Car {
  public static $color;
}

このコードでは、”Car”というクラスの中に”$color”というクラス変数を作成しています。

“public static”というキーワードがクラス変数を定義するために使用されています。

○サンプルコード2:クラス変数の利用

クラス変数は、クラス名と変数名を”::”(スコープ演算子)で繋いでアクセスします。

Car::$color = "red";
echo Car::$color; // "red"を出力

このコードでは、”Car”というクラスの”$color”というクラス変数に値を設定し、その値を出力しています。

このように、クラス変数はクラス名を使用して直接アクセスできます。

●PHPクラス変数の使い方

PHPのクラス変数は、そのクラス全体で共有する情報を保持するのに適しています。

これにより、そのクラスのすべてのインスタンス間で値を共有することが可能になります。

それでは具体的な使い方を見ていきましょう。

○サンプルコード3:クラス変数のアクセス

クラス変数にアクセスするには、クラス名を用いて参照します。

echo Car::$color; // "red"を出力

このコードでは、”Car”クラスのクラス変数”$color”の値を出力しています。

この例では”Car”クラスの”$color”クラス変数を参照して値を出力しています。

○サンプルコード4:クラス変数の更新

クラス変数の値は、同様にクラス名を用いて更新することができます。

Car::$color = "blue";
echo Car::$color; // "blue"を出力

このコードでは、”Car”クラスの”$color”クラス変数の値を”blue”に更新し、その後で新しい値を出力しています。

この例では”Car”クラスの”$color”クラス変数の値を更新し、その変更を確認しています。

●PHPクラス変数の注意点と対処法

クラス変数は非常に便利な機能ですが、使い方によっては予期しない結果を招くことがあります。

クラス変数がすべてのインスタンスで共有されるため、一つのインスタンスで変数の値を変更すると、それが全てのインスタンスに影響を及ぼします。

そのため、値の変更には注意が必要です。

●PHPクラス変数のカスタマイズ方法

PHPのクラス変数は、カスタマイズが可能です。

具体的には、アクセス修飾子を用いてクラス変数の可視性を制御することができます。

○サンプルコード5:クラス変数の拡張利用

アクセス修飾子を利用して、クラス変数の可視性を制御することができます。

class Car {
  private static $color = "red";
  
  public static function getColor() {
    return self::$color;
  }
}

このコードでは、”Car”クラス内に”$color”というプライベートなクラス変数を定義し、その値を取得するための公開メソッド”getColor()”を提供しています。

“private”キーワードにより、”$color”クラス変数はクラスの外部から直接アクセスできなくなり、安全性が向上します。

●PHPクラス変数の応用例

PHPのクラス変数は、さまざまな応用例があります。その一つがデータの一貫性を保つための利用法です。

データベースから取得したデータをクラス変数に保持しておくことで、全てのインスタンス間で一貫したデータを利用することができます。

○サンプルコード6:クラス変数を活用したデータ管理

このコードでは、”DB”クラスが”$data”というクラス変数を持ち、データのセットとゲットのためのメソッドを提供しています。

これにより、一度セットされたデータは全ての”DB”クラスのインスタンス間で共有され、一貫性が保たれます。

class DB {
  private static $data;

  public static function setData($data) {
    self::$data = $data;
  }

  public static function getData() {
    return self::$data;
  }
}

DB::setData("test data");
echo DB::getData(); // "test data"を出力

まとめ

PHPのクラス変数は、クラス全体で共有する情報を管理するのに非常に便利なツールです。

ただし、その使い方によっては予期しない結果を招くこともありますので、注意が必要です。

この記事を通じて、PHPのクラス変数の基本的な使い方から応用的な利用法まで、理解を深めることができたでしょうか。

これからもPHPの学習を頑張ってください!