PHPで空配列の判定が簡単になる!完全ガイドと10の具体的なコード例

PHPで空配列の判定を行うコードのスクリーンショットPHP
この記事は約10分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、PHPでの空配列の判定方法がすぐに理解でき、実際のコードにすぐに活用することができます。

例えば、ユーザからの入力データが配列として送られてくるウェブアプリケーションを作っているとします。

しかし、ユーザは何も入力せずにそのまま送信ボタンを押してしまったとき、あなたはどのように対処しますか?

このような場合、送られてきたデータが空配列であるかどうかを判定することが必要になります。

そのために、PHPで空配列をどのように判定するのかを知っておくことは、ウェブアプリケーション開発において重要なスキルとなります。

●PHPの配列とは

PHPでよく使われるデータ構造の一つに配列があります。配列は複数のデータを一つの変数に格納できる便利なデータ構造です。

配列の中には、数値や文字列、さらには配列自体を格納することも可能です。

○配列の基本

PHPで配列を作成するには、次のようにします。

$fruits = array("apple", "banana", "cherry");

このコードでは、”apple”、”banana”、”cherry”という3つの要素を持つ配列を作成しています。

そして、その配列を$fruitsという変数に代入しています。

●空配列の判定方法

PHPで配列が空(つまり、配列が存在するが、中に何も要素がない状態)であるかを判定するには、いくつかの方法があります。

○サンプルコード1:empty関数を使った判定

PHPには、変数が空であるかどうかを判定するためのemptyという関数が用意されています。

これを使って空配列を判定するには次のようにします。

$fruits = array();

if (empty($fruits)) {
    echo "配列は空です";
} else {
    echo "配列は空ではありません";
}

このコードでは、まず空の配列を$fruitsという変数に代入しています。

その後、if文とempty関数を使って、$fruitsが空であるかどうかを判定しています。

$fruitsが空であれば”配列は空です”と表示し、そうでなければ”配列は空ではありません”と表示します。

○サンプルコード2:count関数を使った判定

PHPでは、配列の要素の数を数えるためのcount関数があります。

この関数を使って、配列が空であるかどうかを判定することもできます。

$fruits = array();

if (count($fruits) == 0) {
    echo "配列は空です";
} else {
    echo "配列は空ではありません";
}

上記のコードは、まず空の配列を$fruitsという変数に代入します。

その後、if文とcount関数を使って、$fruitsの要素数が0であるかどうかを判定します。

要素数が0であれば、”配列は空です”と表示し、そうでなければ”配列は空ではありません”と表示します。

○サンプルコード3:foreachを使った判定

また、foreachループを使用して配列の要素を一つずつ調べることで、配列が空かどうかを判定することも可能です。

$fruits = array();
$isEmpty = true;

foreach ($fruits as $fruit) {
    $isEmpty = false;
    break;
}

if ($isEmpty) {
    echo "配列は空です";
} else {
    echo "配列は空ではありません";
}

このコードでは、最初に空の配列を$fruitsに代入し、$isEmptyという変数をtrueに設定します。

その後、foreachループを使って$fruitsの要素を一つずつ調べます。

要素が存在すれば、$isEmptyをfalseに設定し、ループを終了します。

最後に、$isEmptyがtrueであれば”配列は空です”と表示し、falseであれば”配列は空ではありません”と表示します。

これらの方法を用いて、配列が空であるかどうかを判定することができます。

しかし、これらの方法を応用することで、より複雑な条件で配列を判定することも可能です。

●空配列の判定応用例

これまでの基本的な判定方法を応用し、より実践的な配列の判定方法をいくつか紹介します。

○サンプルコード4:関数を作成して判定

配列が空かどうかを判定するための関数を自作することもできます。

これにより、同じ判定を何度も行う場合にコードの重複を避けることができます。

function isArrayEmpty($array) {
    return empty($array);
}

$fruits = array();

if (isArrayEmpty($fruits)) {
    echo "配列は空です";
} else {
    echo "配列は空ではありません";
}

このコードでは、まずisArrayEmptyという関数を定義しています。

この関数は引数として配列を受け取り、empty関数を使ってその配列が空かどうかを判定し、結果を返します。

その後、空の配列を$fruitsという変数に代入し、作成した関数isArrayEmptyを使って$fruitsが空かどうかを判定します。

結果に応じて”配列は空です”または”配列は空ではありません”を表示します。

○サンプルコード5:マルチディメンショナル配列の判定

マルチディメンショナル配列(配列の中に配列が含まれている)が空かどうかを判定する方法もあります。

それにはarray_filter関数を使用します。

$multiArray = array(array());

if (count(array_filter($multiArray)) == 0) {
    echo "配列は空です";
} else {
    echo "配列は空ではありません";
}

ここでのarray_filter関数は、配列の各要素に対してコールバック関数を適用し、その結果が真となる要素のみを新たな配列として返します。

コールバック関数が指定されていない場合は、空でない要素のみが返されます。

したがって、このコードでは$multiArrayの各要素(これらも配列)が空かどうかを判定し、空でない要素の数(空でない配列の数)をcount関数で数え上げています。

○サンプルコード6:配列内の特定のキーの存在を判定

配列の中に特定のキーが存在するかどうかを調べるには、array_key_exists関数を使用します。

この関数は配列とキーを引数に取り、そのキーが配列内に存在すれば真を、存在しなければ偽を返します。

$fruits = array("apple" => "red", "banana" => "yellow");

if (array_key_exists("apple", $fruits)) {
    echo "キーappleは存在します";
} else {
    echo "キーappleは存在しません";
}

このコードでは、まず$fruitsという配列を作成し、その中に”apple”と”banana”というキーを持つ要素を入れています。

その後、array_key_exists関数を使って”apple”というキーが$fruits配列の中に存在するかを調べ、結果によってメッセージを表示しています。

○サンプルコード7:配列内の特定の値を探す

配列の中に特定の値が存在するかどうかを調べるには、in_array関数を使用します。

この関数は配列と値を引数に取り、その値が配列内に存在すれば真を、存在しなければ偽を返します。

$fruits = array("apple", "banana", "cherry");

if (in_array("banana", $fruits)) {
    echo "値bananaは存在します";
} else {
    echo "値bananaは存在しません";
}

このコードでは、まず$fruitsという配列を作成し、その中に”apple”、”banana”、”cherry”という値を持つ要素を入れています。

その後、in_array関数を使って”banana”という値が$fruits配列の中に存在するかを調べ、結果によってメッセージを表示しています。

これらのコードは、配列の中に特定のキーまたは値が存在するかどうかを判定する際に便利な関数を利用しています。

これらの関数はPHPの標準関数なので、特別な設定やインストールなどは必要ありません。

自分のコードの中で適切に利用することで、より効率的なコードを書くことができます。

○サンプルコード8:配列の要素をカウント

配列内の要素の数を知りたい場合、count関数が有用です。

この関数は配列を引数として受け取り、配列内の要素数を返します。配列内の要素をカウントするためのサンプルコードを紹介します。

$fruits = array("apple", "banana", "cherry");

echo "配列の要素数は" . count($fruits) . "です";

上記のコードでは、まず”apple”、”banana”、”cherry”という三つの要素を持つ$fruitsという配列を定義しています。

その後、count関数を用いて$fruits配列内の要素数を取得し、その結果を表示しています。

○サンプルコード9:配列の値をソート

配列内の要素をソートしたい場合、sort関数が利用可能です。

この関数は配列を引数として受け取り、配列内の要素を昇順にソートします。配列内の要素をソートするためのサンプルコードを紹介します。

$fruits = array("cherry", "banana", "apple");

sort($fruits);

print_r($fruits);

上記のコードでは、まず”cherry”、”banana”、”apple”という三つの要素を持つ$fruitsという配列を定義しています。

その後、sort関数を用いて$fruits配列内の要素を昇順にソートし、その結果を表示しています。

○サンプルコード10:配列のキーと値を反転

配列内のキーと値を反転したい場合、array_flip関数が利用可能です。

この関数は配列を引数として受け取り、配列内のキーと値を反転した新しい配列を返します。

配列内のキーと値を反転するためのサンプルコードを紹介します。

$fruits = array("1" => "apple", "2" => "banana", "3" => "cherry");

$flippedFruits = array_flip($fruits);

print_r($flippedFruits);

上記のコードでは、まず”1″、”2″、”3″というキーと、それぞれ対応する値”apple”、”banana”、”cherry”を持つ$fruitsという配列を定義しています。

その後、array_flip関数を用いて$fruits配列内のキーと値を反転させ、その結果を表示しています。

●注意点と対処法

配列を扱う上での注意点と対処法について説明します。

  1. キーの存在確認:array_key_exists関数を使う前に、必ず配列が存在することを確認してください。
    存在しない配列に対して関数を適用するとエラーが発生します。
  2. 配列の要素数:配列の要素数を確認する際には、count関数を使用しますが、配列が未定義であったりNULLであった場合は0を返します。
    配列が正しく定義されていることを確認してから使用してください。
  3. ソート関数:sort関数やasort関数などのソート関数を使用すると、元の配列の順序やキーが変更されます。
    元の配列を保持したい場合は、別の変数にコピーしてからソート関数を使用すると良いでしょう。
  4. 配列のキーと値の反転:array_flip関数を使用すると、配列のキーと値が反転しますが、元の配列の値がユニークでない場合、一部のデータが失われる可能性があります。
    また、値が整数または文字列でない場合、エラーが発生します。
    これらの点に注意しながら使用してください。

以上が配列を扱う上での一般的な注意点と対処法です。

これらを意識しながら、安全に配列操作を行いましょう。

まとめ

今回は、PHPの配列に関する基本的な操作とそのサンプルコードを紹介しました。

配列はデータをまとめて扱うのに非常に便利な構造で、日々のプログラミングにおいて頻繁に使用されます。

しかし、適切に操作しないと思わぬエラーやデータの損失を引き起こす可能性があるため、各操作についての理解と適切な使用が重要です。

今回学んだ内容を活用し、より効率的で安全なコードを書いていくことができるようになることを願っています。