手順詳解! PHPバージョン確認のたった5つの方法

PHPのバージョン確認方法を説明するイラストPHP
この記事は約3分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読むことで、PHPのバージョンを確認する5つの方法を理解し、適切に適用できるようになります。

PHPはWeb開発の世界で広く使用されているスクリプト言語であり、バージョンの確認は必要不可欠なスキルです。

これらの手順に従えば、初心者でも簡単にPHPのバージョンを確認することが可能です。

●PHPバージョン確認の重要性

バージョン確認はソフトウェア開発において重要な作業で、PHPも例外ではありません。

特定の関数や特性が利用できるかどうかは、実行しているPHPのバージョンによります。

そのため、互換性を保つためには、どのバージョンが動作しているかを把握することが重要です。

●PHPバージョンの確認方法5選

○サンプルコード1:phpinfo()関数を利用する方法

phpinfo()関数を使ってPHPのバージョンを確認するコードを紹介します。

この例では、phpinfo()関数を呼び出して、ブラウザにPHPの詳細な情報を表示しています。

<?php
  phpinfo();
?>

○サンプルコード2:コマンドラインから確認する方法

コマンドラインからPHPのバージョンを確認するコードを紹介します。

この例では、’php -v’コマンドを使用して、端末に直接PHPのバージョン情報を出力します。

php -v

○サンプルコード3:phpversion()関数を利用する方法

phpversion()関数を使用して、PHPのバージョンを確認するコードを紹介します。

この例では、phpversion()関数を呼び出して、ブラウザにPHPのバージョンを表示しています。

<?php
  echo 'PHPバージョン: ' . phpversion();
?>

○サンプルコード4:php -v コマンドを利用する方法

php -v コマンドを利用して、PHPのバージョンを確認するコードを紹介します。

この例では、’php -v’コマンドを利用して、PHPのバージョンを表示します。

php -v

○サンプルコード5:php -i コマンドを利用する方法

php -i コマンドを利用して、PHPのバージョンを確認するコードを紹介します。

この例では、’php -i’コマンドを利用して、PHPの詳細な情報を表示します。

php -i

●注意点と対処法

PHPのバージョン確認には注意が必要です。異なるバージョンでは、利用できる機能や設定が異なる可能性があります。

また、古いバージョンのPHPを使用している場合、セキュリティの問題が生じる可能性もあります。

そういった問題を避けるために、定期的にPHPのバージョンを確認し、必要ならばアップデートを行うことが推奨されます。

まとめ

この記事では、初心者でも簡単にPHPのバージョンを確認する5つの方法を詳細に解説しました。

これらの方法を活用して、自身のPHP環境のバージョンを確認できるようになりましょう。

また、PHPのバージョン確認は重要な作業であることを忘れないようにしましょう。