PHP date関数の不思議!時間がズレる現象を5つのステップで解決

PHPのdate関数で時間がズレる問題を解決する手順を説明するイメージ PHP
この記事は約4分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

PHPのdate関数を使っているのに、何故か時間がズレる。

そんな経験はありませんか?

この記事を読むことで、そんな問題を解決する方法が手に入ります。

●PHP date関数とは?

PHP date関数は、フォーマットに基づいて日付や時刻を表示するための関数です。

特定の形式で現在の日付や時刻を取得したい場合や、一定の形式で日付や時刻を出力したい場合に便利です。

○PHP date関数の基本的な使い方

PHPのdate関数の基本的な使用法は次のようになります。

echo date('Y-m-d H:i:s');

このコードは現在の年月日と時間を’Y-m-d H:i:s’という形式で表示します。

具体的には’2023-05-29 13:50:30’のようになります。

○PHP date関数のフォーマット

date関数ではフォーマットを指定することで、さまざまな形式の日付や時刻を出力することができます。

  • Y:4桁の年(例:2023)
  • m:2桁の月(例:05)
  • d:2桁の日(例:29)
  • H:24時間制の2桁の時(例:13)
  • i:2桁の分(例:50)
  • s:2桁の秒(例:30)

これらを組み合わせることで、様々な日付や時刻の形式を出力することが可能です。

●なぜPHP date関数で時間がズレるのか?

PHPのdate関数を使って日付や時刻を表示するとき、時々時間がズレることがあります。

その主な原因は次の2つです。

○タイムゾーンの影響

PHPのdate関数はデフォルトでサーバーのタイムゾーン設定を使用します。

しかし、サーバーのタイムゾーン設定とPHPスクリプトを実行する地域のタイムゾーンが異なる場合、時間がズレることがあります。

○サーバー設定の影響

サーバー自体の日付や時間が正しく設定されていない場合も、PHPのdate関数で取得した日付や時刻がズレることがあります。

●ズレを解消!PHP date関数の詳細な対処法

時間がズレる問題を解決するための具体的なステップを紹介します。

○サンプルコード1:タイムゾーンの設定

まずはPHPでタイムゾーンを設定します。

これにより、date関数が返す時間が正確になるように調整することができます。

タイムゾーンの設定はdate_default_timezone_set関数を使って行います。

date_default_timezone_set('Asia/Tokyo');
echo date('Y-m-d H:i:s');

このコードでは、まずタイムゾーンを’Asia/Tokyo’に設定しています。

その後、現在の日付と時間を表示します。これにより、日本時間で正確な日付と時間が表示されるようになります。

○サンプルコード2:サーバーの設定確認

次に、サーバーの日付と時間の設定が正しいかを確認します。

これはサーバーのシェルや管理画面から行うことができます。

具体的な手順はサーバーの種類や設定によるため、ここでは省略します。

○サンプルコード3:PHPの設定確認

最後に、PHPの設定が正しいかを確認します。これはphp.iniファイルを確認することで行えます。

特にdate.timezone設定が重要です。

// php.ini
date.timezone = "Asia/Tokyo"

この設定により、PHP全体のタイムゾーンが’Asia/Tokyo’に設定されます。

●時間ズレ問題の再発防止策

時間ズレ問題を解決した後は、再発防止策を講じることが大切です。

○サンプルコード4:再発防止のための設定

再発防止のためには、スクリプトの冒頭で常にタイムゾーンを設定することをおすすめします。

これにより、スクリプトが実行されるたびにタイムゾーンが正しく設定されます。

date_default_timezone_set('Asia/Tokyo');

○注意点と対処法

タイムゾーンを設定する際は、正しいタイムゾーンを指定することが重要です。

間違ったタイムゾーンを設定すると、時間が正しく表示されない可能性があります。

また、date.timezone設定はPHP全体に影響を与えるため、注意深く設定することが求められます。

まとめ

以上、PHPのdate関数で時間がズレる問題の原因と解決法について説明しました。

原因は主にタイムゾーンの設定やサーバーの設定にあり、これらを適切に行うことで問題を解決することが可能です。

ぜひ参考にして、PHPでのプログラミングをスムーズに進めてください。