PHPでブラウザに表示する7つのステップ

PHPを用いたブラウザ表示のステップバイステップガイドPHP
この記事は約5分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

PHPを学び始めると、皆さんが最初に直面することの一つが、自身のコードをブラウザに表示することです。

この記事では、PHPを使ってブラウザに表示する7つのステップを詳しく説明します。

最後まで読むと、あなたもPHPでブラウザ表示を行うことができるようになるでしょう。

●PHPとは

PHPは、ウェブサイトの裏側で実行されるサーバーサイドのスクリプト言語です。

HTMLと組み合わせて使うことで、動的なウェブページを作ることが可能になります。

●ブラウザでの表示とは

ブラウザでの表示とは、ウェブブラウザ(Google Chrome、Firefox、Safariなど)を使ってユーザーに情報を提示することを指します。

ウェブ開発においては、HTML、CSS、JavaScriptなどの言語を使用して情報を整形し、ブラウザ上で表示します。

PHPもまた、ブラウザ上で動的な内容を表示するために使用されます。

●PHPでのブラウザ表示の手順

ここからは、PHPを使ってブラウザに表示する具体的な手順を見ていきましょう。

○PHP環境のセットアップ

まずはじめに、PHPの開発環境をセットアップする必要があります。

PHPの公式サイトから最新のPHPをダウンロードし、ご使用のコンピューターにインストールします。

また、ローカルサーバーの設定も必要になります。

これには、XAMPPやMAMPなどのツールが便利です。

○PHPファイルの作成

PHP環境が整ったら、PHPファイルを作成します。

テキストエディタ(例:VS Code、Sublime Textなど)を開き、新しいファイルを作成し、「.php」の拡張子をつけて保存します。

○サンプルコード1:基本的なPHPコード

このコードでは、PHPで最も基本的な”Hello, World!”の出力を行うコードを紹介します。

この例では、”echo”命令を使って文字列”Hello, World!”をブラウザに表示します。

<?php
echo 'Hello, World!';
?>

このコードをPHPファイルに貼り付け、保存します。'<?php’ と ‘?>’ はPHPコードを囲むためのタグです。

そして、「echo」はPHPで出力を行う命令です。

○ブラウザでのPHPファイルの実行

PHPファイルをブラウザで実行するには、ローカルサーバーが必要です。

先に紹介したXAMPPやMAMPを使用してローカルサーバーを起動し、ブラウザのURL欄に「localhost/your_file.php」(your_file.phpはあなたが作成したPHPファイル名)と入力します。

これでブラウザに’Hello, World!’と表示されれば成功です。

○サンプルコード2:HTMLと組み合わせたPHPコード

このコードでは、PHPとHTMLを組み合わせてブラウザに表示するコードを紹介します。

この例では、HTMLの<h1>タグを使って、「Hello, World!」というメッセージを大きく表示しています。

<!DOCTYPE html>
<html>
<body>

<h1>
    <?php
    echo 'Hello, World!';
    ?>
</h1>

</body>
</html>

このコードではHTMLの枠組みの中にPHPコードを埋め込むことで、PHPによる動的な出力とHTMLによる静的な枠組みを組み合わせています。

○PHPのエラーとその対処法

PHPコードを書いていると、時折エラーメッセージに直面することがあります。

最も一般的なエラーは、文法エラー(たとえば、セミコロンを忘れたり、変数名を間違えたりした場合)や、存在しない関数を呼び出した場合などです。

これらのエラーメッセージは、通常、エラーが発生した行番号と共に表示されます。

○サンプルコード3:エラーハンドリングのPHPコード

このコードでは、エラーハンドリングを利用してPHPのエラーを捉える方法を紹介します。

この例では、「error_reporting」関数を用いて全てのエラーを報告するように設定し、「set_error_handler」関数を使用してカスタムエラーハンドラを設定しています。

<?php
error_reporting(E_ALL);

function customError($errno, $errstr) {
  echo "<b>Error:</b> [$errno] $errstr";
}

set_error_handler("customError");

echo($test);
?>

このコードを実行すると、未定義の変数$testをechoする行でエラーが発生します。

しかし、そのエラーはカスタムエラーハンドラに捉えられ、エラーメッセージが出力されます。

●PHPでブラウザ表示をカスタマイズする方法

さらにスキルアップしたい方のために、PHPを使用してブラウザ表示をカスタマイズする方法について解説します。

PHPはHTMLと密接に連携することが可能な言語であるため、HTMLタグを操作することで様々なカスタマイズが可能です。

○サンプルコード4:カスタマイズしたブラウザ表示のPHPコード

このコードでは、PHPを使ってHTMLの表示をカスタマイズする方法を紹介します。

この例では、現在の日付と時間を表示するコードを紹介しています。

<!DOCTYPE html>
<html>
<body>

<h1>
    <?php
    echo '今日の日付は ' . date('Y-m-d') . ' です。';
    echo '現在時刻は ' . date('H:i:s') . ' です。';
    ?>
</h1>

</body>
</html>

まとめ

PHPを使ってブラウザに情報を表示するスキルは、ウェブ開発において基本的なスキルの一つです。

このガイドを通じて、PHPの環境設定から基本的なコードの書き方、HTMLとの連携、エラーハンドリング、さらに表示のカスタマイズ方法までを学びました。

これらの知識は、あなたがこれから作成するウェブページやウェブアプリケーションに活用できます。

これからも試行錯誤を続けながら、PHPの可能性を追求してください。