PHP初心者必見!PHP文法自動チェックツールを使いこなす5つのステップ

PHPの自動文法チェックツールを使う初心者プログラマがスクリーン上でコードをチェックするイメージPHP
この記事は約8分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

PHPは初心者にとって学びやすい言語で、Web開発の世界では広く使われています。

しかし、初心者がつまづきやすいのが、文法エラーです。

この記事を読めば、PHPの自動文法チェックツールを活用し、効率的にコーディングを進めることができるようになります。

●PHP自動文法チェックツールとは

PHP自動文法チェックツールとは、PHPのコードに対して自動的に文法チェックを行い、エラーや警告を報告してくれるソフトウェアのことを指します。

これを用いることで、コードの問題点を早期に発見し、修正作業をスムーズに進めることができます。

●自動文法チェックツールのメリット

自動文法チェックツールを使用することで、次のようなメリットが得られます。

  1. 文法エラーの早期発見: コードの問題点を自動的に検出し、修正することで、バグを早期に防ぐことができます。
  2. コーディングの効率化: 手動での確認作業を減らすことができ、時間を有効に利用することができます。
  3. 学習の一助: 正しい文法や推奨されるコーディング規約を学ぶのに役立ちます。

●PHP自動文法チェックツールの選び方

いくつかの自動文法チェックツールが存在しますが、ここでは特に初心者におすすめの「PHPStan」と「Psalm」について解説します。

○PHPStan

PHPStanは、PHPの静的解析ツールの一つで、文法エラーや未定義の変数など、様々な種類のエラーを検出できます。

設定が簡単で、初心者にも扱いやすいところが特長です。

○Psalm

PsalmもPHPの静的解析ツールの一つで、PHPStanと同様に文法エラーや未定義の変数などを検出します。

また、Psalmは型安全にも焦点を当てており、より厳密なコードチェックが可能です。

これらのツールは、それぞれに特性と利点があります。

どちらを選ぶべきかは、あなたのプロジェクトや学習目標によります。

まずは一つを選んで試してみることをおすすめします。

●PHP自動文法チェックツールの使い方

自動文法チェックツールの使い方はツールによって異なりますが、ここではPHPStanとPsalmの基本的な使い方を解説します。

○PHPStanの使い方

PHPStanの使い方について説明します。まずは、PHPStanのインストールから始めます。

□サンプルコード1:PHPStanのインストール

PHPStanをインストールするには、Composerを使います。

下記のコードは、PHPStanをプロジェクトにインストールするコードを紹介しています。

この例では、ターミナルを開き、プロジェクトのディレクトリに移動した上で、次のコマンドを実行しています。

composer require --dev phpstan/phpstan

このコードを実行すると、PHPStanがプロジェクトにインストールされます。

次に、PHPStanの基本的な設定方法について解説します。

□サンプルコード2:PHPStanの設定

PHPStanを設定するには、phpstan.neonまたはphpstan.neon.distという設定ファイルをプロジェクトのルートディレクトリに作成します。

下記のコードは、PHPStanの設定ファイルを作成し、基本的な設定を行うコードを紹介しています。

この例では、コードを解析するディレクトリと、解析のレベルを指定しています。

parameters:
    level: 0
    paths:
        - src

この設定では、srcディレクトリにあるPHPファイルを解析し、レベル0(最も緩やか)で文法チェックを行います。

最後に、PHPStanを使って文法チェックを行う方法について説明します。

□サンプルコード3:PHPStanでの文法チェック

下記のコードは、PHPStanを使って文法チェックを行うコードを紹介しています。

この例では、ターミナルから以下のコマンドを実行しています。

vendor/bin/phpstan analyse

このコマンドを実行すると、設定ファイルで指定したパスのPHPファイルがPHPStanにより解析され、エラーや警告がコンソールに表示されます。

○Psalmの使い方

PHPStan同様、PsalmもPHPの静的解析ツールの一つで、PHPの文法チェックに広く用いられています。

Psalmの使い方について、インストールから設定、実際の文法チェックまでの手順を解説します。

□サンプルコード4:Psalmのインストール

PsalmもPHPStanと同様にComposerを使ってインストールします。

下記のコードはPsalmをプロジェクトにインストールするコードを示しています。

この例では、ターミナルを開き、プロジェクトのディレクトリに移動した後に次のコマンドを実行します。

composer require --dev vimeo/psalm

このコマンドを実行すると、Psalmがプロジェクトにインストールされます。

次に、Psalmの設定方法について解説します。

□サンプルコード5:Psalmの設定

Psalmを設定するには、psalm.xmlという設定ファイルをプロジェクトのルートディレクトリに作成します。

Psalmでは最初に下記のコマンドを実行することで、初期設定ファイルを生成することができます。

vendor/bin/psalm --init

このコマンドを実行すると、適切なエラーレベルとプロジェクトのソースコードディレクトリを推測して、設定ファイルが作成されます。

最後に、Psalmを使って文法チェックを行う方法について説明します。

□サンプルコード6:Psalmでの文法チェック

下記のコードは、Psalmを使って文法チェックを行うコードを紹介しています。

この例では、ターミナルから以下のコマンドを実行しています。

vendor/bin/psalm

このコマンドを実行すると、設定ファイルで指定したパスのPHPファイルがPsalmにより解析され、エラーや警告がコンソールに表示されます。

●PHP自動文法チェックツールのカスタマイズ方法

PHPStanとPsalmは高度にカスタマイズ可能なツールであり、解析の範囲や深度、特定のエラーに対する厳しさなどを自由に設定することができます。

ここでは、それぞれのツールの基本的なカスタマイズ方法を紹介します。

□サンプルコード7:PHPStanのカスタマイズ例

下記のコードでは、PHPStanの設定ファイルに新しいルールを追加するコードを紹介しています。

この例では、プロジェクト特有のコーディング規約を実施するためのカスタムルールを追加しています。

parameters:
    level: 0
    paths:
        - src
    rules:
        - {class: CustomRules\MyCustomRule}

ここで、CustomRules\MyCustomRuleは自作のルールクラスを指定しています。

このクラスはPHPStanのルールインターフェースを実装している必要があります。

□サンプルコード8:Psalmのカスタマイズ例

下記のコードでは、Psalmの設定ファイルに新しいルールを追加するコードを紹介しています。

この例では、特定のエラーレベルを無視するための設定を追加しています。

<psalm>
    <projectFiles>
        <directory name="src" />
    </projectFiles>
    <issueHandlers>
        <PossiblyNullReference errorLevel="suppress" />
    </issueHandlers>
</psalm>

ここで、PossiblyNullReferenceというエラーレベルは、可能性のあるnull参照エラーを指しています。errorLevel="suppress"とすることで、このエラーを無視する設定になります。

●注意点と対処法

自動文法チェックツールは便利ですが、使い方を誤ると思わぬ問題を引き起こすことがあります。特に初心者の方は次の点に注意して使用してください。

  1. ツールのレベル設定:ツールのレベル設定は初期値で使い始め、徐々にレベルを上げていくことを推奨します。
    レベルを最初から高く設定すると、過剰な警告により逆に混乱することがあります。
  2. ツールの依存関係:ツールをインストールする際は、他のパッケージとの依存関係を確認してください。
    バージョンにより互換性の問題が発生することがあります。
  3. 独自のコーディング規約:チームで独自のコーディング規約を設けている場合、その規約に基づいてツールをカスタマイズすることが重要です。

まとめ

この記事では、PHPの自動文法チェックツールであるPHPStanとPsalmの基本的な使い方とカスタマイズ方法について説明しました。これらのツールを活用することで、コードの品質を一定に保つことが可能です。しかし、適切な設定や使い方を理解することが重要であり、特に初心者の方は慎重に使用することを推奨します。

PHPの自動文法チェックツールを使いこなせば、効率的な開発が可能となり、エラーによる時間のロスを防ぐことができます。あなたもこれらのツールを活用して、品質の高いPHPコーディングを目指してみてください。