初心者必見!C言語のfor文の使い方を徹底解説、その10の活用例とコード

C言語のfor文の使い方と応用例を解説する記事のイメージC言語
この記事は約9分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

皆さん、こんにちは。

C言語のfor文を学びたいと思っている方、初めてプログラミングを学ぶ方におすすめの記事です。

ここではC言語のfor文の基本的な使い方から詳細な使い方、注意点、対処法、そしてカスタマイズ方法まで一緒に学びましょう。

また、具体的な応用例を交えながら実際のサンプルコードも提供しますので、理解を深めるためにぜひ参考にしてみてください。

●C言語とは

C言語は、高性能なシステムやソフトウェアを開発するために広く使われているプログラミング言語の一つです。

一方で、文法がやや複雑であるため、初心者が学ぶ際には苦労することもあります。

その中でも、ループ処理を行うfor文は特に重要な存在です。

●for文の基本的な使い方

for文は、ある処理を指定した回数だけ繰り返し行うための制御文です。

基本的なfor文の形を紹介します。

○サンプルコード1:基本的なfor文

#include <stdio.h>

int main() {
    for(int i = 0; i < 10; i++){
        printf("%d ", i);
    }
    return 0;
}

このコードでは、printf関数を使って0から9までの数値をスペース区切りで出力するコードを紹介しています。

この例では、for文で0から9までを一つずつ増やしながら、iの値を出力しています。

つまり、上記のコードを実行すると「0 1 2 3 4 5 6 7 8 9」という結果が出力されます。

●for文の詳細な使い方

それでは、次にfor文を使って配列を操作する例や、複数のfor文(ネストされたfor文)を使用する例を見てみましょう。

○サンプルコード2:for文で配列を操作

#include <stdio.h>

int main() {
    int array[5] = {1, 2, 3, 4, 5};
    for(int i = 0; i < 5; i++){
        printf("%d ", array[i]);
    }
    return 0;
}

このコードでは、整数型の配列を初期化し、その各要素をfor文で順に出力するコードを紹介しています。

上記のコードを実行すると、「1 2 3 4 5」という結果が出力されます。

○サンプルコード3:ネストされたfor文

#include <stdio.h>

int main() {
    for(int i = 0; i < 3; i++){
        for(int j = 0; j < 3; j++){
            printf("(%d, %d) ", i, j);
        }
        printf("\n");
    }
    return 0;
}

このコードでは、2つのfor文をネスト(入れ子)にして、座標の組み合わせを出力するコードを紹介しています。

この例では、iとjの組み合わせを出力しています。

したがって、上記のコードを実行すると、「(0, 0) (0, 1) (0, 2) (1, 0) (1, 1) (1, 2) (2, 0) (2, 1) (2, 2)」という結果が出力されます。

●for文の注意点

for文を使う際にはいくつか注意点があります。

まず、初期化式で変数を定義する場合、その変数のスコープ(有効範囲)はfor文の中だけであり、for文の外からは参照できないことです。

また、条件式が真(true)である間、for文は繰り返されますが、無限ループにならないように注意が必要です。

●for文の対処法

無限ループにならないようにするには、ループの繰り返し回数を明示的に制御するか、適切な条件式を設定することが重要です。

また、ネストされたfor文を使用する場合は、ループが多重になるほど実行時間が増加するため、効率的なプログラムを作るためにはループの回数を最小限に抑えることが重要です。

●for文のカスタマイズ方法

C言語のfor文は、基本的な形からカスタマイズして多様な処理を行うことができます。

例えば、カウンタの増減幅を調整したり、無限ループを作成したりすることが可能です。

○サンプルコード4:for文でステップ数を調整

#include <stdio.h>

int main() {
    for(int i = 0; i <= 20; i += 2){
        printf("%d ", i);
    }
    return 0;
}

このコードでは、for文でステップ数(増減幅)を調整して、偶数のみを出力するコードを紹介しています。

この例では、2ずつ増やしながらiの値を出力しています。したがって、上記のコードを実行すると、「0 2 4 6 8 10 12 14 16 18 20」という結果が出力されます。

○サンプルコード5:無限ループのfor文

#include <stdio.h>

int main() {
    for(;;){
        printf("This is an infinite loop.\n");
    }
    return 0;
}

このコードでは、for文を使って無限ループを作成するコードを紹介しています。

この例では、条件式を省略したため、”This is an infinite loop.”という文字列を無限に出力します。

このような無限ループは、通常、プログラムが特定の条件下で停止するような場合に利用されます。

●for文の応用例

for文はその汎用性から、様々な場面で使用することができます。

いくつかの応用例を紹介します。

○サンプルコード6:for文で数列を生成

#include <stdio.h>

int main() {
    for(int i = 1; i <= 10; i++){
        printf("%d ", i * i);
    }
    return 0;
}

このコードでは、for文で数列を生成するコードを紹介しています。

この例では、1から10までの数値の2乗の数列を出力しています。

したがって、上記のコードを実行すると、「1 4 9 16 25 36 49 64 81 100」という結果が出力されます。

○サンプルコード7:for文で文字列を操作

#include <stdio.h>

int main() {
    char str[] = "Hello, world!";
    for(int i = 0; str[i] != '\0'; i++){
        printf("%c\n", str[i]);
    }
    return 0;
}

このコードでは、for文で文字列を操作するコードを紹介しています。

この例では、文字列の各文字を改行を挟みながら一つずつ出力しています。

上記のコードを実行すると、”Hello, world!”の各文字が改行されて一つずつ出力されます。

○サンプルコード8:for文で行列を操作

#include <stdio.h>

int main() {
    int matrix[2][3] = {{1, 2, 3}, {4, 5, 6}};
    for(int i = 0; i < 2; i++){
        for(int j = 0; j < 3; j++){
            printf("%d ", matrix[i][j]);
        }
        printf("\n");
    }
    return 0;
}

このコードでは、for文で行列(二次元配列)を操作するコードを紹介しています。

この例では、行列の各要素を出力しています。

したがって、上記のコードを実行すると、「1 2 3 4 5 6」という結果が出力されます。

○サンプルコード9:for文でハッシュテーブルを操作

#include <stdio.h>

#define SIZE 5

struct Node {
    int key;
    int value;
};

int main() {
    struct Node hashtable[SIZE] = {{1, 100}, {2, 200}, {3, 300}, {4, 400}, {5, 500}};
    for(int i = 0; i < SIZE; i++){
        printf("Key: %d, Value: %d\n", hashtable[i].key, hashtable[i].value);
    }
    return 0;
}

このコードでは、for文でハッシュテーブル(キーと値の組み合わせを保存するデータ構造)を操作するコードを紹介しています。

この例では、ハッシュテーブルの各要素(キーと値)を出力しています。

したがって、上記のコードを実行すると、「Key: 1, Value: 100 Key: 2, Value: 200 Key: 3, Value: 300 Key: 4, Value: 400 Key: 5, Value: 500」という結果が出力されます。

○サンプルコード10:for文でバイナリ検索

#include <stdio.h>

#define SIZE 10

int binary_search(int array[], int size, int target) {
    int left = 0;
    int right = size - 1;
    while (left <= right) {
        int mid = left + (right - left) / 2;
        if (array[mid] == target) {
            return mid;
        }
        if (array[mid] < target) {
            left = mid + 1;
        } else {
            right = mid - 1;
        }
    }
    return -1;
}

int main() {
    int array[SIZE] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int target = 7;
    int result = binary_search(array, SIZE, target);
    if(result != -1) {
        printf("Found at index %d.\n", result);
    } else {
        printf("Not found.\n");
    }
    return 0;
}

このコードでは、for文を使ってバイナリ検索(二分探索)を実装するコードを紹介しています。

この例では、ソート済みの配列から特定の値を効率良く検索します。

上記のコードを実行すると、「Found at index 6」という結果が出力されます。

まとめ

以上、C言語のfor文の使い方と応用例について詳しく解説しました。

この記事を通じて、for文の基本的な使い方から、詳細な使い方、注意点、対処法、カスタマイズ方法、そして具体的な応用例までを理解することができたことでしょう。

for文はその汎用性から、プログラミングにおける非常に重要な概念であり、これをマスターすることで、より効率的で洗練されたコードを書くことが可能になります。

これからも、C言語の学習を頑張ってください。