VHDL掛け算の完全ガイド!初心者のための10手順

VHDL掛け算の初心者向け教材とサンプルコード VHDL
この記事は約14分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

VHDLでの掛け算の実装に関して、初心者でも理解しやすいようにステップバイステップのガイドをご紹介いたします。

この記事を通じて、掛け算の基本概念から応用例、注意点、そしてカスタマイズ方法まで、VHDLでの掛け算を深く理解することができます。

●VHDL掛け算の基礎知識

○VHDLとは?

VHDLは、VHSIC Hardware Description Languageの略で、VHSICはVery High Speed Integrated Circuitを指します。

VHDLは、デジタルシステムやICの設計・検証のための記述言語として開発されました。

この言語は、システムの動作と構造を同時に表現できる強力な機能を持っています。

○掛け算の基本概念

掛け算は、二つの数値を乗算する算術操作のことを指します。

VHDLでは、数値の型やビット長によって、掛け算の実装方法や結果が異なることがあります。

このガイドでは、それらの違いとともに、掛け算の実装方法を詳しく解説していきます。

●VHDL掛け算の実装手順

○サンプルコード1:基本的な掛け算

このコードでは、2つの整数を掛け合わせる基本的な掛け算を実装しています。

-- ライブラリの宣言
library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;

-- エンティティの定義
entity simple_mult is
    Port ( A : in integer;
           B : in integer;
           Product : out integer);
end simple_mult;

architecture Behavioral of simple_mult is
begin
    Product <= A * B;
end Behavioral;

この例では、入力ポートAとBに与えられた2つの整数を乗算し、出力ポートProductに結果を出力しています。

○サンプルコード2:複数の数値の掛け算

このコードでは、3つの数値を掛け合わせる方法を表しています。

この例では、入力ポートA, B, Cの値を乗算して、結果を出力ポートResultに出力しています。

-- ライブラリの宣言
library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;

-- エンティティの定義
entity multi_mult is
    Port ( A : in integer;
           B : in integer;
           C : in integer;
           Result : out integer);
end multi_mult;

architecture Behavioral of multi_mult is
begin
    Result <= A * B * C;
end Behavioral;

この例では、3つの数値を一度に掛けることで、一つの結果を得ることができます。

○サンプルコード3:ビット単位の掛け算

このコードでは、2つのビットベクタを掛け合わせる方法を表しています。

この例では、入力ポートXとYのビットベクタを乗算し、出力ポートZにビットベクタとして結果を出力しています。

-- ライブラリの宣言
library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;

-- エンティティの定義
entity bit_mult is
    Port ( X : in std_logic_vector(7 downto 0);
           Y : in std_logic_vector(7 downto 0);
           Z : out std_logic_vector(15 downto 0));
end bit_mult;

architecture Behavioral of bit_mult is
begin
    Z <= X * Y;
end Behavioral;

この例では、8ビットのビットベクタXとYを乗算して、16ビットのビットベクタZとして結果を得ることができます。

○サンプルコード4:オーバーフローを防ぐ方法

このコードでは、掛け算の結果がオーバーフローすることを防ぐ方法を表しています。

この例では、指定されたビット幅内で結果が収まるように、掛け算の前に入力値をチェックしています。

-- ライブラリの宣言
library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;

-- エンティティの定義
entity overflow_prevent is
    Port ( A : in std_logic_vector(7 downto 0);
           B : in std_logic_vector(7 downto 0);
           Result : out std_logic_vector(15 downto 0);
           Overflow : out std_logic);
end overflow_prevent;

architecture Behavioral of overflow_prevent is
begin
process(A, B)
    variable temp : std_logic_vector(15 downto 0);
begin
    temp := A * B;
    if temp(15) = '1' then
        Overflow <= '1';
        Result <= (others => '0');
    else
        Overflow <= '0';
        Result <= temp;
    end if;
end process;
end Behavioral;

この例では、掛け算の結果が16ビットを超える場合、オーバーフローを検出し、Resultには0を出力し、Overflow信号を’1’に設定します。

●VHDL掛け算の応用例

VHDLの掛け算は基本的な演算として使用されるだけでなく、さまざまな応用的な場面でも使われています。

ここでは、VHDL掛け算の様々な応用例を取り上げ、それぞれの特徴や実装方法を詳しく解説していきます。

○サンプルコード5:掛け算を用いた算術演算

このコードでは、掛け算を基にした算術演算を表しています。

この例では、2つの数値の加算結果を別の数値で掛ける操作を実行しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;

entity ArithmeticOperation is
    Port ( A : in STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           B : in STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           C : in STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           result : out STD_LOGIC_VECTOR(15 downto 0));
end ArithmeticOperation;

architecture Behavior of ArithmeticOperation is
begin
    process(A, B, C)
    begin
        result <= (A + B) * C; -- AとBを加算して、その結果をCで掛ける
    end process;
end Behavior;

上記のコードでは、入力としてA、B、Cの3つの数値を取り、AとBを加算した結果をCで掛ける計算を行っています。

その結果はresultに格納される形になっています。

○サンプルコード6:掛け算を組み込んだモジュール

このコードでは、掛け算を内部に組み込んだ独自のモジュールを作成しています。

この例では、掛け算の結果を別の演算で利用するモジュールを示しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;

entity MultiplyModule is
    Port ( X : in STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           Y : in STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           Z : out STD_LOGIC_VECTOR(15 downto 0));
end MultiplyModule;

architecture Behavior of MultiplyModule is
    signal temp : STD_LOGIC_VECTOR(15 downto 0);
begin
    temp <= X * Y; -- XとYの掛け算結果をtempに格納
    Z <= temp + "00000001"; -- tempの値に1を足す
end Behavior;

ここでは、入力のXとYを掛けた結果を一時的にtempという信号に保存してから、その値に1を足してZとして出力しています。

○サンプルコード7:掛け算と他の演算の組み合わせ

このコードでは、掛け算と他の演算子を組み合わせた複雑な演算を行う例を紹介しています。

この例では、掛け算の結果に対して論理シフトを適用しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;

entity CombinedOperation is
    Port ( D : in STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           E : in STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           F : out STD_LOGIC_VECTOR(15 downto 0));
end CombinedOperation;

architecture Behavior of CombinedOperation is
begin
    process(D, E)
    begin
        F <= (D * E) sll 2; -- DとEを掛けた後、左に2ビット論理シフトする
    end process;
end Behavior;

この場合、DとEの掛け算の結果を2ビット左シフトしてFとして出力しています。

このように、掛け算の結果をさらに別の演算に利用することで、より複雑な計算を実現できます。

○サンプルコード8:掛け算の最適化

VHDLの掛け算の処理速度やリソース使用量を最適化するための方法もいくつか存在します。

下記のコードは、特定の条件下で掛け算を高速化する方法の一例です。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;

entity OptimizedMultiply is
    Port ( G : in STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           H : in STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           I : out STD_LOGIC_VECTOR(15 downto 0));
end OptimizedMultiply;

architecture Behavior of OptimizedMultiply is
begin
    process(G, H)
    begin
        if G = "00000001" then
            I <= H;
        else
            I <= G * H;
        end if;
    end process;
end Behavior;

このコードでは、Gが1の場合には掛け算の代わりに代入を行うことで、計算の高速化を図っています。

このような最適化は、特定の入力条件下での動作を予測して行うものです。

実際の応用シーンに合わせて適切な最適化方法を選択することが必要です。

○サンプルコード9:変数の型変換と掛け算

VHDLでは、異なるデータ型間の掛け算を行う場合には、型変換が必要になることがあります。

下記のコードでは、整数型の変数とビットベクトル型の変数を掛ける際の型変換の方法を表しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;

entity TypeConversionMultiply is
    Port ( J : in integer range 0 to 255;
           K : in STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           L : out STD_LOGIC_VECTOR(15 downto 0));
end TypeConversionMultiply;

architecture Behavior of TypeConversionMultiply is
begin
    process(J, K)
    begin
        L <= conv_std_logic_vector(J, 8) * K; -- Jを8ビットのビットベクトルに変換してからKと掛ける
    end process;
end Behavior;

ここでは、整数型の入力Jをビットベクトル型に変換してから、ビットベクトル型の入力Kと掛け算を行っています。

変数の型変換は、conv_std_logic_vector関数を使用して実行されています。

○サンプルコード10:エラーハンドリングと掛け算

VHDLの掛け算でエラーが発生する可能性がある場合、適切なエラーハンドリングを行うことが重要です。

下記のコードでは、掛け算の結果がオーバーフローする場合のエラーハンドリングの方法を表しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;

entity ErrorHandlingMultiply is
    Port ( M : in STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           N : in STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           O : out STD_LOGIC_VECTOR(15 downto 0);
           error : out STD_LOGIC);
end ErrorHandlingMultiply;

architecture Behavior of ErrorHandlingMultiply is
    signal temp_result : STD_LOGIC_VECTOR(15 downto 0);
begin
    process(M, N)
    begin
        temp_result <= M * N;
        if temp_result(15) = '1' then
            error <= '1'; -- オーバーフローが発生した場合
        else
            error <= '0';
            O <= temp_result;
        end if;
    end process;
end Behavior;

このコードでは、掛け算の結果が16ビットの範囲を超えると、error出力が'1'になり、オーバーフローが発生したことを表します。

エラーハンドリングを行うことで、予期しない動作を防ぐことができます。

●掛け算の注意点と対処法

VHDLの掛け算を利用する際には、いくつかの注意点があります。

特に、データ型やビット幅に関連する問題や、計算のオーバーフローやアンダーフローに関する問題に注意する必要があります。

①データ型の不一致

VHDLでは、異なるデータ型の変数を直接掛けることはできません。

このような場合、適切な型変換を行う必要があります。

②ビット幅の問題

掛け算の結果が格納する変数のビット幅を超える場合、オーバーフローが発生する可能性があります。

このような場合、結果を格納する変数のビット幅を適切に設定するか、オーバーフローを検出して適切に処理する必要があります。

③実数の掛け算

VHDLで実数型の掛け算を行う場合、精度の問題や丸め誤差に注意する必要があります。

必要に応じて、適切なビット幅や精度を設定することが推奨されます。

これらの注意点を踏まえて、VHDLの掛け算を安全かつ効果的に利用することができます。

●VHDL掛け算のカスタマイズ方法

VHDLの掛け算を利用する際には、さまざまなカスタマイズが可能です。

例えば、特定の計算条件下での高速化や、特定の演算結果を得るためのカスタマイズなど、要件に応じて様々な方法が考えられます。

①高速化のためのカスタマイズ

VHDLの掛け算は、ハードウェアレベルでの実装が考慮されているため、計算の高速化が可能です。

特に、並列計算や専用のハードウェアリソースを利用することで、高速な掛け算を実現することができます。

②特定の演算結果を得るためのカスタマイズ

例えば、特定の範囲の数値だけを計算結果として得るようなカスタマイズも可能です。

このような場合、計算結果に条件を付けて、特定の範囲の数値だけを出力するように設計することが考えられます。

これらのカスタマイズを利用することで、VHDLの掛け算を更に効果的に利用することができます。

まとめ

この記事では、VHDLの掛け算に関する基礎知識から応用例、注意点、カスタマイズ方法までを詳細に解説しました。

VHDLの掛け算を理解し、適切に利用することで、効率的なハードウェア設計を行うことができます。

サンプルコードを参考にしながら、自分の設計に適した掛け算の方法を見つけることができるでしょう。