【CSS】座標固定のたった3つの方法を解説! – JPSM

【CSS】座標固定のたった3つの方法を解説!

CSS座標固定を学ぶ初心者の手に取るべき記事のイメージCSS

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事では、CSSで座標を固定する方法を初心者目線で徹底解説します。

サンプルコードも付いているので、一緒に学んでいきましょう。

あなたもこの記事を読み終わるころには、CSS座標固定の達人になっていることでしょう。

●CSSでの座標固定の基本

まずは、CSSで座標を固定する方法の基本について説明します。

座標固定には主に3つの方法があります。

それぞれ「position: static」、「position: relative」、「position: absolute」と「position: fixed」です。

これらを上手く使い分けることで、あなたのウェブページは見栄えが良くなります。

○position: static

position: staticは、要素の位置を指定しない方法です。

これは、デフォルトの状態で、要素は通常の文書フローに従って配置されます。

.static {
  position: static;
}

○position: relative

position: relativeは、要素を相対的に配置する方法です。

要素は、通常の文書フローに従って配置された後、指定された座標に移動します。

.relative {
  position: relative;
  top: 10px;
  left: 20px;
}

○position: absolute

position: absoluteは、要素を絶対的に配置する方法です。

要素は、最も近いpositionがstatic以外の祖先要素に対して、指定された座標に配置されます。

.absolute {
  position: absolute;
  top: 10px;
  left: 20px;
}

○position: fixed

position: fixedは、要素を固定位置に配置する方法です。

要素は、ブラウザウィンドウに対して指定された座標に配置され、スクロールしても位置が変わりません。

.fixed {
  position: fixed;
  top: 10px;
  left: 20px;
}

●応用例とサンプルコード

それでは、これらの座標固定方法を応用した例を見ていきましょう。

○サイドバーの固定

ウェブページでよく見かけるサイドバーを固定する場合、position: fixedを使います。

これにより、ページをスクロールしてもサイドバーが常に表示されます。

.sidebar {
  position: fixed;
  top: 0;
  left: 0;
  width: 200px;
  height: 100%;
  background-color: #f5f5f5;
}

○モーダルウィンドウ

ポップアップ表示されるモーダルウィンドウを作成する際には、position: absoluteを使います。

これにより、モーダルウィンドウが親要素に対して中央に配置されるように設定できます。

.modal {
  position: absolute;
  top: 50%;
  left: 50%;
  transform: translate(-50%, -50%);
  width: 300px;
  height: 200px;
  background-color: #ffffff;
  border: 1px solid #cccccc;
  box-shadow: 0 1px 3px rgba(0, 0, 0, 0.1);
}

○ツールチップ

ツールチップは、要素の上にマウスカーソルを合わせると表示される小さな情報ボックスです。

これを実現するためには、position: relativeとposition: absoluteを組み合わせて使います。

.tooltip {
  position: relative;
  display: inline-block;
}

.tooltip:hover:after {
  content: "ツールチップの内容";
  position: absolute;
  top: 100%;
  left: 50%;
  transform: translateX(-50%);
  background-color: #333;
  color: #fff;
  padding: 5px;
  border-radius: 3px;
}

これで、CSSで座標を固定する方法がわかったはずです。

さらに練習して、あなたのウェブページを見栄えの良いものにしていきましょう。

まとめ

この記事では、CSSで座標を固定する方法について、初心者目線で徹底解説しました。

position: static、position: relative、position: absolute、position: fixedの4つの方法を使い分けることで、ウェブページの見た目を改善することができます。

また、応用例としてサイドバーの固定、モーダルウィンドウ、ツールチップの作成方法をサンプルコード付きでご紹介しました。

これらの知識を活かして、あなたのウェブページが見やすく、魅力的なものになることを願っています。

練習を重ねることで、CSS座標固定の達人になれるでしょう。

この記事が、あなたの問題を解決する手助けとなり、CSSでの座標固定がスムーズに行えるようになることを期待しています。

今後もCSSの知識を深め、より多様なレイアウトやデザインに挑戦してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。