HTMLで画像サイズを調整する6つの方法!初心者にもわかりやすく解説

HTMLで画像サイズを調整するイメージHTML
この記事は約11分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事は、HTMLを使用してウェブページ上の画像サイズを調整する方法について詳しく解説します。

画像サイズの調整は、ウェブサイトの読み込み速度を改善したり、デザインの見栄えを良くするために非常に重要です。

初心者の方でも簡単に理解できるように、基本的な方法から少し応用的な技術まで、順を追って説明していきます。

この知識を身につけることで、自分のウェブサイトやブログをより魅力的で効率的なものにすることができます。

●HTMLで画像サイズを調整する基本

ウェブページ上で画像を扱う基本として、まずはHTMLの<img>タグを理解することが必要です。

<img>タグは、ウェブページに画像を埋め込むために使用されるタグで、src属性には画像のURLを、alt属性には画像が読み込まれなかった場合に表示されるテキストを指定します。

○基本のHTML画像タグと属性の紹介

画像タグを使う際に最も基本的な属性はsrcaltですが、画像サイズの調整を行うにはwidthheight属性を使用します。

これらの属性にはピクセル数やパーセンテージを指定することで、画像の大きさを調整することができます。

ただし、この方法でサイズを調整する場合、画像が歪む可能性があるため注意が必要です。

○サンプルコード1:画像タグでのサイズ直接指定

ここでは、HTMLで画像のサイズを直接指定する一例を見ていきましょう。

ここでは、画像の幅を200ピクセル、高さを100ピクセルに設定しています。

<img src="example.jpg" alt="サンプル画像" width="200" height="100">

このコードは非常にシンプルで、src属性には画像のパスを、alt属性には代替テキストを指定し、widthheight属性で画像のサイズを直接制御しています。

この方法はHTML初心者にも簡単に理解できるため、基本として覚えておくと良いでしょう。

ただし、この方法で画像サイズを変更すると、元の画像比率が保たれずに画像が歪んで表示されることがあります。

そのため、比率を保持したい場合はCSSを使用する方法が推奨されます。これについては後述します。

●CSSを使った画像サイズの調整方法

ウェブデザインにおいて、HTMLだけではなくCSSを用いることで、より柔軟かつ効果的に画像サイズを調整することができます。

CSSを使うことで、ページのレイアウトに合わせて画像を自動的に調整することが可能になり、デバイスの種類や画面の大きさに応じて最適な表示を実現できます。

これにより、ユーザーにとって最適な体験を提供することが可能になります。

CSSによる画像サイズの調整は、widthheight 属性をCSSスタイルとして適用することから始めます。

この方法の利点は、HTMLコードを変更せずに、外部CSSファイルや<style>タグ内でスタイルを管理できることです。

また、CSSではパーセンテージを用いることで、親要素に対して画像サイズを相対的に設定することができ、レスポンシブデザインに不可欠です。

○CSSの基本と画像サイズ調整の関係

CSSを使用して画像のサイズを調整する基本的な方法は、クラスまたはIDセレクタを用いて特定の画像をターゲットにすることです。

例えば、.responsive-image クラスがある画像に対して、画面幅に応じてサイズが変更されるように設定できます。

CSSでmax-widthプロパティを100%に設定することで、画像は親要素の幅に基づいてサイズが調整され、画像の本来の比率は保たれます。

○サンプルコード2:CSSを使用した画像サイズの調整

下記のコードは、CSSを利用して画像サイズを動的に調整する方法の例です。

ここでは、HTMLの<img>タグにclass="responsive-image"を追加し、CSSで該当するクラスにスタイルを適用しています。

<img src="example.jpg" alt="レスポンシブな画像" class="responsive-image">
.responsive-image {
    max-width: 100%;
    height: auto;
}

このCSSの設定により、responsive-image クラスを持つ画像は、親要素の幅に応じて幅が自動調整され、height: auto; によって画像の高さが自動的に比率を保ちながら調整されます。

この方法は、ウェブページが異なるデバイスで表示された際にも画像が適切に表示されるため、ユーザー体験が向上します。

●レスポンシブデザインにおける画像サイズ調整

レスポンシブデザインは、異なるデバイスに対応してコンテンツを適切に表示するためのデザイン手法です。

画像のサイズ調整もその重要な部分で、ウェブサイトがPC、タブレット、スマートフォンなど、さまざまな画面サイズのデバイスで閲覧される現代において、この能力は不可欠です。

画像がレスポンシブであるとは、それがビューポートのサイズに基づいて適切に拡大縮小することを意味し、ページのロード時間を短縮し、ユーザー体験を向上させます。

○レスポンシブデザインの基本

レスポンシブデザインでの画像調整では、CSSメディアクエリを使用して、デバイスの画面サイズに応じて異なるスタイルを適用することが一般的です。

メディアクエリは、特定の条件(例えば画面の幅が480ピクセル以下など)に基づいて、CSSルールを適用する強力なツールです。

これにより、デバイスごとに異なる画像サイズ、解像度、向きに適切に対応することができます。

○サンプルコード3:メディアクエリを使ったレスポンシブ画像

下記のサンプルコードは、メディアクエリを使用して異なる画面サイズで異なる画像サイズを適用する方法を表しています。

この例では、画面の幅が600ピクセル以下の場合に画像のサイズを調整しています。

<img src="example.jpg" alt="レスポンシブに対応した画像" class="responsive">
.responsive {
    width: 100%;
    height: auto;
}

@media (max-width: 600px) {
    .responsive {
        width: 50%;
        height: auto;
    }
}

このコードでは、.responsive クラスが適用された画像は通常、画面幅に関係なく100%の幅で表示されますが、画面の幅が600ピクセル以下になると、画像の幅は50%に自動調整されます。

これにより、小さいデバイスでもページのレイアウトを保ちつつ、画像が画面いっぱいに広がり過ぎることなく表示されます。

このようにメディアクエリを利用することで、さまざまなデバイスでの視覚的な統一感を保ちつつ、最適なユーザー体験を実装することが可能です。

●JavaScriptを活用した動的な画像サイズ調整

ウェブ開発においてJavaScriptは、動的な要素をページに追加するために不可欠な技術です。

特に画像サイズの動的調整には、JavaScriptを用いることで、ページの読み込み後でもユーザーのインタラクションや画面のリサイズに応じて画像サイズを変更できます。

これによって、サイトのレスポンシビリティが向上し、ユーザー体験が豊かになります。

○JavaScriptの基本

JavaScriptを用いた画像サイズの調整は、DOM(Document Object Model)を通じて画像要素にアクセスし、その属性を動的に変更することによって行われます。

JavaScriptはブラウザで直接実行されるため、ページのロードが完了した後でも、ユーザーのアクションに基づいて即座に画像サイズを調整することが可能です。

これは、静的なCSSやHTMLだけでは達成できない、動的なレスポンスを提供するための鍵となります。

○サンプルコード4:JavaScriptを使って画像サイズを動的に変更

下記のJavaScriptサンプルコードは、ブラウザウィンドウのサイズに応じて画像のサイズを動的に調整しています。

このスクリプトは、ウィンドウのリサイズイベントが発生するたびに画像の幅を更新するように設計されています。

<img id="dynamicImage" src="example.jpg" alt="動的にサイズ変更される画像">
function adjustImageSize() {
    var img = document.getElementById('dynamicImage');
    var windowWidth = window.innerWidth;

    if (windowWidth < 600) {
        img.style.width = '100%';
    } else {
        img.style.width = '50%';
    }
}

window.addEventListener('resize', adjustImageSize);
adjustImageSize();  // 初期ロード時にもサイズ調整を実行

このコードでは、window.addEventListenerを使用してresizeイベントにリスナーを登録し、ウィンドウのサイズが変更されるたびにadjustImageSize関数が呼び出されます。

この関数内では、window.innerWidthを使用してブラウザの現在の幅を取得し、その幅に基づいて画像の幅を設定しています。

●よくあるエラーとその対処法

ウェブサイトで画像を扱う際、しばしば遭遇するのが画像が表示されない問題や画像がぼやけてしまう問題です。

後述する問題はサイトの見た目に直接影響を及ぼすため、適切な対処方法を理解し、迅速に対応することが重要です。

○画像が表示されない場合のチェックポイント

画像がウェブページに表示されない場合、最初に確認すべきは画像ファイルのパスです。

ファイルパスに誤りがあると、ブラウザは画像を見つけることができず、結果として画像は表示されません。

また、画像ファイルが適切にサーバーにアップロードされているかも確認が必要です。

さらに、ファイル名に特殊文字やスペースが含まれていないかもチェックしましょう。

この点を一つ一つ確認することで、多くの場合に画像が表示されない問題を解決できます。

○画像がぼやける問題の解決法

画像がぼやけて表示されるのは、主に使用している画像の解像度が表示サイズに適していない場合に起こります。

ウェブで使用する画像は、その表示サイズに合った適切な解像度で用意することが望ましいです。

画像の解像度が高すぎるとロード時間が長くなり、低すぎると画像がぼやけてしまいます。

また、画像の圧縮も適切に行うことが重要で、圧縮を行うことでファイルサイズを減らしつつ画質を保持することが可能です。

CSSのobject-fitプロパティを使用して、画像が容器に合わせて自然にフィットするように設定することも有効です。

これにより、画像が不自然に伸び縮みすることなく、鮮明に表示されるようになります。

●HTMLでの画像サイズ調整の応用例

HTMLの知識を活用して、画像サイズを効果的に調整する応用例を紹介します。

特にウェブデザインにおいて、異なるデバイスや表示条件に適応するための技術は非常に重要です。

HTMLとCSSを組み合わせることで、よりダイナミックでユーザーフレンドリーなウェブページを作成することが可能になります。

○サンプルコード5:異なるデバイスで最適な画像を表示

異なるデバイスに対応した画像表示を実現するためには、HTMLとCSSのメディアクエリを活用します。

このコードでは、デバイスの画面サイズに応じて異なる画像を表示させることができます。

これにより、ロード時間を短縮しつつ、適切な画像を提供することができます。

<picture>
  <source media="(min-width: 800px)" srcset="large.jpg">
  <source media="(min-width: 450px)" srcset="medium.jpg">
  <img src="small.jpg" alt="表示例">
</picture>

このHTMLコードの<picture>要素内で、異なる<source>タグを使用して画面のサイズに基づいた画像を指定しています。

これにより、ユーザーがアクセスしているデバイスの画面サイズに最適な画像が表示されます。

○サンプルコード6:画像のアスペクト比を保持しながらサイズ調整

画像のアスペクト比を維持しつつサイズを調整するには、CSSのスタイルを適切に設定することが重要です。

この例では、画像がその容器内でアスペクト比を保持しつつ適切にフィットするように設定しています。

この方法は、画像が歪むことなく、常に自然な見た目で表示されるようにするために有効です。

<img src="example.jpg" alt="アスペクト比を保持" style="width: 100%; height: auto;">

このHTMLコードでは、widthを100%に設定し、heightを自動調整(auto)にしています。

これによって、画像の横幅は容器の幅に応じて自動的に調整され、縦幅はアスペクト比を保持したまま適切に設定されます。

このシンプルな設定でも、多くの場合において画像の表示問題を解決することができます。

まとめ

この記事では、HTMLを利用して画像サイズを効果的に調整する様々な方法を解説しました。

基本的なタグの使用から、CSSやJavaScriptを駆使した応用技術まで、幅広い技術が紹介されました。

本記事で解説した技術を駆使することで、どのデバイスからアクセスしても最適な画像が表示される、ユーザーフレンドリーなウェブサイトを構築することが可能です。

特にレスポンシブデザインの知識は、現代のウェブ開発において不可欠であり、本記事がその理解の補助となれば嬉しいです。