難解化されたJavaScriptを解読!3つのステップと計10個のサンプルコードで徹底解説 – JPSM

難解化されたJavaScriptを解読!3つのステップと計10個のサンプルコードで徹底解説

JavaScript難読化解説JS

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、JavaScriptの難読化に関する知識が身に付き、実際に難読化されたコードを読み解くことができるようになります。

初心者の方でも分かりやすいように、サンプルコードを交えて説明していきます。

●難読化とは

難読化とは、コードを人間が理解しにくい形式に変換することで、ソースコードの保護や著作権の主張を目的としています。

しかし、これによって初心者がコードを読む際に困難を感じることがあります。

○難読化の目的

難読化の主な目的は、ソースコードの保護や著作権の主張です。

また、難読化によってコードの容量を削減し、ページの読み込み速度を向上させることもあります。

●JavaScriptの難読化技術

JavaScriptコードの難読化は、その読みやすさを故意に低下させる技術です。

これにより、変数名や関数名が短縮され、コードの構造がより複雑になります。

主にセキュリティ上の理由から、コードの解読を難しくする目的で使用されます。

次に、難読化される前とされた後の具体的なコード例を紹介し、この過程でどのような変更が加えられるのかを見ていきましょう。

○サンプルコード1:難読化前のJavaScriptコード

こちらはシンプルなJavaScript関数の例です。

このコードは「add」という名前の関数を定義し、二つの数値を加算する役割を担います。

読みやすく、機能の理解も容易です。

function add(a, b) {
  return a + b;
}

console.log(add(3, 4));

次に、このコードを難読化した後の状態を確認してみましょう。

○サンプルコード2:難読化後のJavaScriptコード

この例では、変数名が意味不明な文字列に変更され、コード全体の読み取りが難しくなっています。

JavaScriptの難読化ツールは、このようにコードを変換し、第三者による解読を防ぐのに役立ちます。

var _0x4f46=["\x61","\x62"];function _0x3c2e(_0x32b4,_0x4e93){return _0x4f46[_0x32b4](_0x4e93);}var _0x5c5a=function(_0x2b5a,_0x1e25){return _0x2b5a+_0x1e25;};console[_0x3c2e(0,0)](_0x5c5a(3,4));

このように、JavaScriptの難読化はコードの保護に役立ちますが、同時にメンテナンスやデバッグの難易度を高める側面もあります。

このため、難読化はその使用目的とバランスを慎重に考慮して適用する必要があります。

●JavaScriptにおける難読化コードの特徴と解読方法

JavaScriptで書かれた難読化コードは、一見して理解しにくくなっています。

これは、変数名や関数名が意味不明な文字列に変更され、コードの流れが複雑になることで実現されます。

しかし、特定のツールやテクニックを用いることで、これらの難読化されたコードを解読し、元の読みやすい形に戻すことが可能です。

○サンプルコード3:JavaScript難読化コードの例と解読の手順

ここでは、JavaScriptで書かれたシンプルな関数の例を紹介します。

この関数は加算を行い、その結果を出力します。

まず、難読化されていない状態のコードを見てみましょう。

function add(a, b) {
  return a + b;
}
console.log(add(3, 4));

次に、このコードが難読化された後の状態を見てみます。

変数名や関数名が不明瞭になり、コードの意図を理解するのが難しくなっています。

var _0x4f46=["\x61","\x62"];function _0x3c2e(_0x32b4,_0x4e93){return _0x4f46[_0x32b4](_0x4e93);}var _0x5c5a=function(_0x2b5a,_0x1e25){return _0x2b5a+_0x1e25;};console[_0x3c2e(0,0)](_0x5c5a(3,4));

難読化されたコードの解読には、特定のデバッグツールやオンラインの難読化解除ツールを使用することが一般的です。

これらのツールは、難解な変数名を元の形に戻し、コードの構造を再構築することで、読みやすく理解しやすい形に変換します。

●難読化コードの解読とカスタマイズ

難読化されたJavaScriptコードの解読は、プログラミングのセキュリティ面で重要な役割を果たすことがあります。

特に、ライセンス違反や著作権の問題を避けるためには、コードの出所や使用許可に注意を払う必要があります。

また、難読化されたコードがセキュリティ上のリスクを含んでいる可能性もあるため、解読時には特に注意が必要です。

○サンプルコード4:JavaScript難読化コードの解読とその応用

ここでは、JavaScriptで書かれた難読化コードを解読し、さらにそれをカスタマイズする方法を紹介します。

まずは、難読化されたコードを解読する関数の例を見てみましょう。

function deobfuscate(code) {
  // 難読化解除処理を実装
  // ...
  return readableCode;
}
var obfuscatedCode = "難読化されたコード";
var readableCode = deobfuscate(obfuscatedCode);
console.log(readableCode);

解読されたコードをさらにカスタマイズすることも可能です。

下記の例では、解読されたコードにカスタマイズを加える関数を実装しています。

function customize(code) {
  // カスタマイズ処理を実装
  // ...
  return customizedCode;
}
var customizedCode = customize(readableCode);
console.log(customizedCode);

このように、JavaScriptでの難読化コードの解読とカスタマイズは、コードの理解とセキュリティ向上に貢献し、開発者にとって重要なスキルとなります。

●JavaScript難読化コードの解読と応用例

JavaScriptの難読化は、コードのセキュリティを強化する上で重要な役割を果たします。

ここでは、難読化されたJavaScriptコードを解読し、様々な方法で応用する例を紹介します。

○サンプルコード5:応用例1 – 難読化された関数の実行

JavaScriptで書かれた難読化コードを解読し、その中に含まれる関数を実行する方法を見ていきます。

下記のサンプルコードでは、eval関数を使用して難読化されたコードを実行しています。

// 難読化されたコードを解読し、関数を実行する
var result = eval(deobfuscate(obfuscatedCode));
console.log(result);

このコードは、難読化されたJavaScriptコードを元の形に戻し(解読し)、その後で実行するプロセスを示しています。

○サンプルコード6:応用例2 – 難読化コードの一部を変更

次に、難読化されたJavaScriptコードの特定の部分を変更する方法を紹介します。

この方法は、既存のコードに手を加える際に有効です。

// 難読化されたコードの一部を変更する関数
function modifyCode(code) {
  // 一部変更処理を実装
  // ...
  return modifiedCode;
}

var modifiedCode = modifyCode(obfuscatedCode);
console.log(modifiedCode);

ここでは、難読化されたコードを受け取り、必要に応じて変更し、その結果を返しています。

○サンプルコード7:応用例3 – 難読化コードに新しい機能を追加

難読化されたJavaScriptコードに新たな機能を追加する方法もあります。こ

の技術は、既存のコードを拡張する際に役立ちます。

// 難読化コードに新しい機能を追加する関数
function addFeature(code) {
  // 新しい機能を追加する処理を実装
  // ...
  return extendedCode;
}

var extendedCode = addFeature(obfuscatedCode);
console.log(extendedCode);

このサンプルでは、特定の機能を難読化されたコードに追加し、その結果を表示しています。

○サンプルコード8:応用例4 – 難読化コードを他の言語に変換

JavaScript以外の言語で難読化されたコードを使用したい場合、コードを別の言語に変換する方法が有効です。

// 難読化コードを他の言語に変換する関数
function convertToOtherLanguage(code) {
  // 変換処理を実装
  // ...
  return convertedCode;
}

var convertedCode = convertToOtherLanguage(obfuscatedCode);
console.log(convertedCode);

ここでは、特定の言語に適した形式で難読化されたJavaScriptコードを変換しています。

○サンプルコード9:難読化コードをさらに難読化

既に難読化されたJavaScriptコードを、さらに難読化することも可能です。

これは、セキュリティレベルを高めるために有用です。

// 難読化コードをさらに難読化する関数
function reObfuscate(code) {
  // さらなる難読化処理を実装
  // ...
  return moreObfuscatedCode;
}

var moreObfuscatedCode = reObfuscate(obfuscatedCode);
console.log(moreObfuscatedCode);

この例では、既存の難読化コードをさらに複雑にしています。

○サンプルコード10:応用例6 – 難読化コードを別の難読化手法で難読化

異なる難読化手法を適用して、JavaScriptコードのセキュリティを強化する方法もあります。

// 難読化コードを別の難読化手法で難読化する関数
function changeObfuscationMethod(code) {
  // 別の難読化手法を適用する処理を実装
  // ...
  return differentlyObfuscatedCode;
}

var differentlyObfuscatedCode = changeObfuscationMethod(obfuscatedCode);
console.log(differentlyObfuscatedCode);

このコードでは、新しい難読化技術を適用して、元の難読化されたコードをさらにセキュアにしています。

まとめ

この記事では、JavaScriptの難読化について、その作り方、使い方、対処法、注意点、カスタマイズ方法などを詳しく解説しました。

また、難読化に関連するさまざまな応用例とサンプルコードも紹介しました。

これらの知識を活用して、JavaScriptのコードをより安全に保護し、あなたのプロジェクトに役立ててください。