【JavaScript】変数展開の方法10選!初心者でも簡単にマスターできる! – JPSM

【JavaScript】変数展開の方法10選!初心者でも簡単にマスターできる!

JavaScript変数展開を使ったサンプルコードJS

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、JavaScriptでの変数展開の方法が簡単にマスターできるようになります。

変数展開はプログラミングで非常に重要な要素です。

初心者の方でもわかりやすく、実践的な内容を目指して解説していきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

●JavaScriptの変数展開とは

JavaScriptで変数展開とは、文字列やコード内に変数の値を埋め込むことを指します。

変数展開を使用することで、コードが見やすくなり、保守性が向上します。

●変数展開の基本

JavaScriptのコーディングでは、変数展開は重要な概念です。

変数展開とは、文字列の中に変数の値を埋め込む方法を指します。

この技術を使うと、動的なデータを効率的に文字列に組み込むことができ、コードの可読性と保守性を高めることが可能です。

具体的な使用方法について、テンプレートリテラルを例に見ていきましょう。

○テンプレートリテラルを使った変数展開

JavaScriptにおいて、テンプレートリテラルは変数展開を実現する強力なツールです。

テンプレートリテラルは、バッククォート(“)を使って文字列を囲むことで、その中に変数を埋め込むことが可能になります。

変数を埋め込む際は、ドル記号($)と波括弧({})を使用して変数を指定します。

// 変数の定義
const name = "山田太郎";
const age = 30;

// テンプレートリテラルを使用して変数を展開
const message = `私の名前は${name}で、年齢は${age}歳です。`;

console.log(message);
// 出力結果:私の名前は山田太郎で、年齢は30歳です。

この例では、nameage という2つの変数をテンプレートリテラルの中で展開しています。

変数展開のために ${} を使用し、その中に変数名を記述することで、コード実行時に変数の値が文字列に挿入されます。

この方法を用いることで、JavaScriptにおける変数展開を効果的に行うことができます。

●JavaScriptでの変数展開の効果的な使い方

JavaScriptでの変数展開は、コードの可読性と効率性を大幅に向上させる重要な機能です。

ここでは、変数展開の実践的な使い方を幾つかのサンプルコードを通じて具体的に説明します。

○サンプルコード1:文字列内でのJavaScript変数展開

JavaScriptを用いて、文字列の中で変数を簡単に組み込む方法を紹介します。

const playerName = "鈴木一朗";
const playerScore = 100;

const result = `${playerName}選手の得点は${playerScore}点です。`;

console.log(result);
// 出力結果:鈴木一朗選手の得点は100点です。

このコードでは、テンプレートリテラルを使って変数playerNameplayerScoreを文字列に埋め込んでいます。

この方法は、JavaScriptにおける変数展開の基本で、コードの明確さと簡潔さを提供します。

○サンプルコード2:HTML内でのJavaScript変数展開

JavaScriptを活用してHTML要素内で動的に変数を表示する方法を紹介します。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <script>
    function updateProfile() {
      const name = "田中花子";
      const age = 28;

      const profile = `<p>名前:${name}</p><p>年齢:${age}</p>`;
      document.getElementById("profile").innerHTML = profile;
    }
  </script>
</head>
<body>
  <div id="profile"></div>
  <button onclick="updateProfile()">プロフィールを更新</button>
</body>
</html>

このコードのポイントは、ユーザーのインタラクションに応じてHTML要素の内容を更新することです。

updateProfile関数内で、変数を使用してHTMLコンテンツを動的に生成しています。

○サンプルコード3:関数内でのJavaScript変数展開

関数の中で変数を活用するJavaScriptのテクニックを見ていきましょう。

function greet(name, age) {
  const message = `${name}さん、${age}歳の誕生日おめでとうございます!`;
  console.log(message);
}

greet("佐藤健", 25);
// 出力結果:佐藤健さん、25歳の誕生日おめでとうございます!

この例では、関数の引数として受け取った変数をテンプレートリテラル内で使用しています。

この方法は、動的な文字列を生成する場合に非常に有効です。

○サンプルコード4:オブジェクト内でのJavaScript変数展開

最後に、オブジェクト内での変数展開について見ていきます。

const person = {
  name: "鈴木",
  age: 32,
  intro: function () {
    return `私は${this.name}で、年齢は${this.age}歳です。`;
  },
};

console.log(person.intro());
// 出力結果:私は鈴木で、年齢は32歳です。

ここでは、オブジェクトのメソッド内でthisキーワードを使ってオブジェクトのプロパティにアクセスし、それをテンプレートリテラルで展開しています。

これは、オブジェクト指向JavaScriptの強力な機能を表しています。

●JavaScriptにおける変数展開の多彩な応用例

JavaScriptのテンプレートリテラルを活用することで、変数展開は非常に幅広い応用が可能です。

ここでは、その具体的な応用例を幾つかのサンプルコードを使って紹介します。

○サンプルコード5:ループでの変数展開の活用

JavaScriptのループ内での変数展開は、データの動的表示に大変便利です。

const fruits = ["リンゴ", "バナナ", "オレンジ"];

for (let i = 0; i < fruits.length; i++) {
  console.log(`${i + 1}つ目の果物は${fruits[i]}です。`);
}
// 出力結果:
// 1つ目の果物はリンゴです。
// 2つ目の果物はバナナです。
// 3つ目の果物はオレンジです。

この例では、配列内の各要素を順番に取り出し、そのインデックスとともに表示しています。

この方法は、リストや配列の要素を扱う際に非常に有用です。

○サンプルコード6:条件分岐における変数展開の利用

JavaScriptでの条件分岐を、変数展開と組み合わせて使う方法を見ていきましょう。

const score = 85;

if (score >= 90) {
  console.log(`あなたの点数は${score}点で、成績はAです。`);
} else if (score >= 80) {
  console.log(`あなたの点数は${score}点で、成績はBです。`);
} else {
  console.log(`あなたの点数は${score}点で、成績はCです。`);
}
// 出力結果:あなたの点数は85点で、成績はBです。

このコードでは、得点に応じて異なるメッセージを出力しています。

テンプレートリテラルを使うことで、複雑な文字列の組み立てが容易になります。

○サンプルコード7:複数の変数を同時に展開

最後に、複数の変数を同時に展開するJavaScriptのテクニックを紹介します。

const name = "田中";
const age = 28;
const occupation = "エンジニア";

const intro = `${name}さんは、${age}歳の${occupation}です。`;
console.log(intro);
// 出力結果:田中さんは、28歳のエンジニアです。

この例では、名前、年齢、職業といった複数の変数を一つの文字列に組み合わせています。

この方法は、複数の情報を簡潔に伝える際に特に役立ちます。

○サンプルコード8:計算結果の展開を活用

JavaScriptの計算結果を直接テンプレートリテラルに組み込む方法を紹介します。

const width = 5;
const height = 10;

const area = `${width} × ${height}の長方形の面積は、${width * height}平方単位です。`;
console.log(area);
// 出力結果:5 × 10の長方形の面積は、50平方単位です。

この例では、二つの変数を用いた計算結果をテンプレートリテラル内で直接展開し、面積を求めています。

これは、計算式と結果を同時に表す際に特に有用です。

○サンプルコード9:関数戻り値の展開の実例

JavaScript関数の戻り値をテンプレートリテラルで展開する方法を見ていきましょう。

function getCircleArea(radius) {
  return Math.PI * radius * radius;
}

const radius = 3;
const circleArea = `半径${radius}の円の面積は、${getCircleArea(radius).toFixed(2)}平方単位です。`;
console.log(circleArea);
// 出力結果:半径3の円の面積は、28.27平方単位です。

この例では、getCircleArea関数からの戻り値を変数展開しています。

.toFixed(2)を用いて、面積を小数点以下2桁で表示しています。

○サンプルコード10:配列要素の展開を利用

配列の要素をテンプレートリテラルで展開するJavaScriptの手法を紹介します。

const colors = ["赤", "青", "黄"];

const colorList = `好きな色は、${colors[0]}、${colors[1]}、${colors[2]}です。`;
console.log(colorList);
// 出力結果:好きな色は、赤、青、黄です。

この例では、配列colorsの各要素をテンプレートリテラル内で展開し、一連の色を列挙しています。

この方法は、配列の要素を直接参照して明瞭に表示する際に役立ちます。

●注意点と対処法

テンプレートリテラルを使用する際には、次の点に注意してください。

  1. バックティック(`)を使用することを忘れないでください。
  2. 変数名や関数名が正しいか確認してください。

まとめ

テンプレートリテラルは、JavaScriptで文字列内に変数や関数の戻り値、計算結果などを簡単に埋め込む方法です。

バックティック(`)で囲まれた文字列内で、${}を使って変数や式を展開できます。

今回のサンプルコードでは、複数の変数展開や計算結果の展開、関数の戻り値や配列の要素を展開する方法を紹介しました。

これらの方法を活用して、コードが簡潔で読みやすくなるように工夫してみてください。

また、注意点やカスタマイズ方法にも留意し、テンプレートリテラルを効果的に活用してください。