【徹底解説】PHP Laravel完全解説!初心者でも理解できる10のステップ

PHP Laravel完全解説のサムネイルPHP
この記事は約8分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

PHPとLaravelについて学びたいと思っているあなたへ。

この記事を読むことで、PHPとLaravelの基本から応用までを理解し、自分自身でウェブアプリケーションを作成することができるようになります。

初心者でも安心して学べるように、わかりやすい言葉と具体的なサンプルコードを用いて説明します。

●PHPとは

PHPは、ウェブアプリケーション開発に広く使用されているプログラミング言語の一つです。

その特徴は、サーバーサイドで動作し、HTMLを動的に生成することができる点にあります。

また、データベースとの連携も容易で、MySQLやPostgreSQLなど多くのデータベース管理システムと組み合わせて利用することができます。

●Laravelとは

Laravelは、PHPで書かれたフレームワークの一つで、2011年にTaylor Otwellによって開発されました。

MVC(Model-View-Controller)という設計パターンに基づいており、これにより開発者はアプリケーションの構造を整理しやすくなっています。

また、LaravelにはArtisanという強力なコマンドラインツールが付属しており、これを使うことで開発者は繰り返し行う作業を自動化したり、新しいコードを生成したりすることができます。

●PHPとLaravelのインストール方法

PHPとLaravelのインストールは、それぞれの公式ウェブサイトからダウンロードすることができます。

PHPは公式ウェブサイトから最新版をダウンロードし、インストールガイドに従ってインストールします。

LaravelはComposerというPHPのパッケージ管理ツールを使用してインストールします。ComposerはPHPの公式ウェブサイトからダウンロードできます。

●Laravelの基本的な使い方

Laravelを使ってウェブアプリケーションを作成するためには、まず新しいLaravelプロジェクトを作成する必要があります。

次に、ルーティングを設定し、ユーザーのリクエストに対してどのコントローラーが処理を行うかを定義します。

そして、コントローラーを作成し、ユーザーのリクエストに対する具体的な処理を記述します。

○サンプルコード1:Laravelプロジェクトの作成

Laravelプロジェクトの作成は、次のコマンドを実行することで行います。

composer create-project --prefer-dist laravel/laravel blog

このコマンドは、”blog”という名前の新しいLaravelプロジェクトを作成します。

“blog”の部分は、あなたが作成したいプロジェクトの名前に置き換えてください。

○サンプルコード2:ルーティングの設定

Laravelでは、ユーザーのリクエストに対してどのコントローラーが処理を行うかを定義するために、ルーティングを設定します。

ルーティングの設定は、”routes/web.php”ファイルに記述します。

Route::get('/', function () {
    return view('welcome');
});

このコードは、ユーザーがウェブサイトのトップページ(’/’)にアクセスしたときに、’welcome’という名前のビューを表示するように設定しています。

○サンプルコード3:コントローラーの作成と使用

Laravelでは、ユーザーのリクエストに対する具体的な処理をコントローラーに記述します。

コントローラーは、次のArtisanコマンドを使用して作成します。

php artisan make:controller WelcomeController

このコードは、”WelcomeController”という名前の新しいコントローラーを作成します。

作成したコントローラーは、”app/Http/Controllers”ディレクトリに保存されます。

作成したコントローラーを使用するには、ルーティングの設定を次のように変更します。

Route::get('/', 'WelcomeController@index');

このコードは、ユーザーがウェブサイトのトップページ(’/’)にアクセスしたときに、’WelcomeController’の’index’メソッドを実行するように設定しています。

以上がLaravelの基本的な使い方です。

次に、LaravelのMVCアーキテクチャについて説明します。

●LaravelのMVCアーキテクチャ

LaravelはMVC(Model-View-Controller)という設計パターンに基づいています。

MVCはアプリケーションの構造を整理し、コードの再利用性を高めるための設計パターンです。

  • Model(モデル): データベースとのやり取りを担当します。
    データの取得や保存、更新、削除などの操作を行います。
  • View(ビュー): ユーザーに表示される部分を担当します。
    HTMLやCSSを用いてデザインを行います。
  • Controller(コントローラー): ユーザーからのリクエストを受け取り、モデルとビューを結びつける役割を果たします。

このMVCアーキテクチャにより、各部分の役割が明確に分けられ、コードの管理が容易になります。

●LaravelのORM Eloquent

LaravelにはEloquentというORM(Object-Relational Mapping)が組み込まれています。

ORMはオブジェクト指向プログラミングとリレーショナルデータベースの間の橋渡しをするもので、データベースの操作をより直感的に行うことができます。

Eloquentでは、データベースのテーブルをクラス(モデル)として表現します。

そして、そのモデルを通じてデータベースの操作を行います。

これにより、SQLを直接書く必要がなくなり、コードがシンプルで読みやすくなります。

○サンプルコード4:Eloquentモデルの作成と使用

Eloquentモデルは次のArtisanコマンドで作成します。

php artisan make:model Post

このコマンドは、”Post”という名前のEloquentモデルを作成します。

作成したモデルは、”app/Models”ディレクトリに保存されます。

作成したモデルを使用してデータベースの操作を行う例を紹介します。

$post = new Post;
$post->title = 'My First Post';
$post->content = 'This is my first post.';
$post->save();

このコードは、新しいブログ投稿を作成し、それをデータベースに保存します。

“title”と”content”は、”posts”テーブルのカラム名に対応しています。

○サンプルコード5:データベース操作

Eloquentモデルを使用して、データベースの操作を行うことができます。

データの取得と更新の例を紹介します。

// データの取得
$post = Post::find(1);
echo $post->title;

// データの更新
$post = Post::find(1);
$post->title = 'Updated Title';
$post->save();

このコードは、IDが1の投稿を取得し、そのタイトルを表示します。

次に、その投稿のタイトルを更新し、データベースに保存します。

●Laravelの注意点と対処法

Laravelを使用する際には、いくつかの注意点があります。

一つは、Laravelは比較的新しいフレームワークであるため、古いバージョンのPHPやデータベースとの互換性に問題がある場合があるということです。

これを解決するためには、常にPHPやデータベースのバージョンを最新に保つことが重要です。

また、Laravelは機能が豊富である一方で、その分学習曲線が急なことも注意点として挙げられます。

しかし、公式ドキュメンテーションが非常に充実しているため、困ったときはそこを参照すると良いでしょう。

●Laravelのカスタマイズ方法

Laravelは高度にカスタマイズ可能なフレームワークで、あなたのニーズに合わせて様々な設定を変更することができます。

例えば、ビューのカスタマイズやルートのカスタマイズなどが可能です。

○サンプルコード6:ビューのカスタマイズ

Laravelでは、ビューをカスタマイズすることで、ユーザーに表示するページの見た目を自由に変更することができます。

ビューは”resources/views”ディレクトリに保存されます。

// resources/views/welcome.blade.php
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <title>Welcome to My Website</title>
</head>
<body>
    <h1>Welcome!</h1>
    <p>This is my website.</p>
</body>
</html>

このコードは、”welcome.blade.php”というビューファイルを作成し、その中にHTMLを記述しています。

このビューは、ルーティングの設定で指定することで表示することができます。

○サンプルコード7:ルートのカスタマイズ

Laravelでは、ルートのカスタマイズを行うことで、ユーザーのリクエストに対するレスポンスを自由に変更することができます。

ルートの設定は、”routes/web.php”ファイルに記述します。

Route::get('/hello', function () {
    return 'Hello, world!';
});

このコードは、ユーザーが’/hello’にアクセスしたときに、’Hello, world!’という文字列を表示するように設定しています。

まとめ

以上が、PHPとLaravelの完全解説です。

この記事を通じて、PHPとLaravelの基本から応用までを理解し、自分自身でウェブアプリケーションを作成することができるようになったことでしょう。

これからも自分でコードを書いてみたり、公式ドキュメンテーションを読んでみたりすることで、さらに理解を深めていきましょう。