【10選】Swiftのジェネリクス完全解説

Swiftのジェネリクスのイラストとサンプルコードの一部Swift
この記事は約19分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、Swiftのジェネリクスを使ったプログラミングができるようになります。

Swiftという言語に触れたことがない方、ジェネリクスという言葉を聞いたことがあるけど詳しい使い方やそのメリットを知りたいという方、是非この記事を最後までお読みください。

10のサンプルコードを通して、ジェネリクスの基本から応用まで、その魅力と活用方法を徹底的に解説します。

●Swiftとは?

SwiftはAppleが開発したプログラミング言語で、iOS、macOS、watchOS、tvOSといったAppleの製品のアプリケーション開発に使われます。

Swiftは使いやすさと高性能を両立させた言語として知られ、初心者から上級者まで幅広く支持されています。

○Swiftの基本概念

Swiftは安全性を重視し、読みやすい文法が特徴となっています。

変数や定数を定義する際には、型推論が行われるため、開発者が明示的にデータ型を指定する必要が少ないのが特長です。

例として、文字列の変数を定義してみます。

let greeting = "こんにちは"

このコードでは、greetingという名前の定数を定義し、「こんにちは」という文字列を代入しています。

Swiftには強力なエラーハンドリング機能やオプショナル型といった機能も存在し、これらの機能を駆使することで、より堅牢なアプリケーションを開発することができます。

●ジェネリクスとは?

ジェネリクスはSwiftの強力な機能の一つで、型安全性を保ちつつ、再利用可能なコードを書くためのものです。

言葉自体は少し難しそうですが、実際には非常に有用で、多くの場面で利用することができます。

ジェネリクスを理解することで、Swiftのコードをよりシンプルに、しかし強力に書くことができるようになります。

○ジェネリクスの特徴とメリット

ジェネリクスの最も大きな特徴は、一つの方法や型で多様なデータを取り扱うことができる点です。

これにより、同じロジックを異なる型に適用することが可能となり、コードの再利用性が高まります。

このコードでは、ジェネリクスを使って、どんな型でも2つの値を交換する関数を作成しています。

この例では、Int型とString型の変数を交換しています。

func swapTwoValues<T>(_ a: inout T, _ b: inout T) {
    let temporaryA = a
    a = b
    b = temporaryA
}

var num1 = 3
var num2 = 5
swapTwoValues(&num1, &num2)
print(num1, num2)  // 5 3

var str1 = "hello"
var str2 = "world"
swapTwoValues(&str1, &str2)
print(str1, str2)  // world hello

このコードを実行すると、最初の数字の変数num1num2が交換され、5と3が出力されます。

次に、文字列の変数str1str2が交換され、”world”と”hello”が出力されます。

メリットとしては、上記のように一つの関数で様々な型のデータを取り扱うことができ、コードの重複を避けることができます。

また、型安全性も保たれるため、コンパイル時に型の不整合などの問題を早期に発見できる点も大きな利点と言えるでしょう。

●ジェネリクスの使い方

Swiftのジェネリクスは、再利用可能なコードを書く上での強力なツールとして位置づけられています。

ジェネリクスの使い方を正確に理解することで、異なる型に対して同じ操作を繰り返すことなく、一つのメソッドや型で様々なデータを取り扱うことが可能となります。

○サンプルコード1:ジェネリクスを使った関数の定義

ジェネリクスを活用すると、関数を定義する際に、特定の型に縛られずに柔軟なコードを書くことができます。

このコードでは、任意の型Tを受け取り、そのまま返すシンプルな関数を表しています。

この例では、Int型とString型を試しています。

func identityFunction<T>(_ element: T) -> T {
    return element
}

let number = identityFunction(5)
print(number)  // 5

let word = identityFunction("Swift")
print(word)  // Swift

この関数を利用すると、5という数字がそのまま返され、”Swift”という文字列もそのまま返されることが確認できます。

○サンプルコード2:ジェネリクスを活用した配列操作

ジェネリクスは、配列やコレクションなどのデータ構造との相性も非常に良いです。

このコードでは、ジェネリクスを使用して、配列の中の要素を逆順にする関数を表しています。

この例では、Int型の配列とString型の配列を逆順にしています。

func reverseArray<T>(_ array: [T]) -> [T] {
    return array.reversed()
}

let numbersArray = reverseArray([1, 2, 3, 4, 5])
print(numbersArray)  // [5, 4, 3, 2, 1]

let wordsArray = reverseArray(["a", "b", "c", "d", "e"])
print(wordsArray)  // ["e", "d", "c", "b", "a"]

この関数を使用すると、[1, 2, 3, 4, 5]の配列が[5, 4, 3, 2, 1]に、[“a”, “b”, “c”, “d”, “e”]の配列が[“e”, “d”, “c”, “b”, “a”]に逆順になって返されることが確認できます。

ジェネリクスを用いたこのような関数定義は、コードの再利用性を向上させ、型の安全性も確保しつつ、様々なデータ型に対して共通の操作を適用することが可能となります。

swiftのジェネリクス機能は非常に強力であり、上記のサンプルコードを参考に、さらに高度な操作を行うこともできます。

○サンプルコード3:ジェネリクスを使ったクラスの実装

Swiftのクラスにおいても、ジェネリクスを活用することができます。

ジェネリクスを用いることで、型安全なクラスの定義が可能となり、さまざまな型で動作する同一のクラスを一つの定義で実装することができます。

このコードでは、ジェネリクスを用いた簡単な箱(Box)クラスを表しています。

この例では、Int型とString型の値を箱に入れてみます。

class Box<T> {
    var item: T

    init(item: T) {
        self.item = item
    }

    func getItem() -> T {
        return item
    }
}

let intBox = Box(item: 100)
print(intBox.getItem())  // 100

let stringBox = Box(item: "Swiftジェネリクス")
print(stringBox.getItem())  // Swiftジェネリクス

上記のクラス定義を利用することで、100というInt型の値を箱に入れた場合、その値はそのまま100として返されます。

また、”Swiftジェネリクス”というString型の値を箱に入れた場合、その値もそのまま”Swiftジェネリクス”として返されることが確認できます。

○サンプルコード4:制約を持つジェネリクスの例

ジェネリクスには制約を持たせることができ、特定のプロトコルを満たす型のみを対象とすることが可能です。

このコードでは、Comparableプロトコルに準拠する型のみを対象とするジェネリクス関数を表しています。

この例では、Int型の二つの値を比較して大きい方の値を返す関数を実装します。

func largerValue<T: Comparable>(a: T, b: T) -> T {
    return a > b ? a : b
}

let largerInt = largerValue(a: 3, b: 5)
print(largerInt)  // 5

let largerString = largerValue(a: "apple", b: "banana")
print(largerString)  // banana

上記の関数を利用すると、3と5のうち、大きい値である5が返されます。

また、”apple”と”banana”のうち、アルファベット順で後ろに位置する”banana”が返されることが確認できます。

○サンプルコード5:ジェネリクスを使った拡張機能

Swiftの拡張機能(extension)を使って、ジェネリクス型に新たなメソッドを追加することもできます。

このコードでは、既存のArray型に新たなジェネリクスメソッドを追加しています。

この例では、配列の要素の中で最初に見つかった特定の型の要素を取得するメソッドを追加します。

extension Array {
    func findElement<T: Equatable>(ofType type: T.Type) -> T? {
        for element in self {
            if let matchedElement = element as? T {
                return matchedElement
            }
        }
        return nil
    }
}

let mixedArray: [Any] = [1, "two", 3.0, "four"]
let firstString: String? = mixedArray.findElement(ofType: String.self)
print(firstString)  // two

上記の拡張機能を利用すると、混在した型の配列から、最初に見つかったString型の要素である”two”が返されることが確認できます。

●ジェネリクスの応用例

Swiftのジェネリクスは、基本的な使用法だけでなく、高度なプログラミングテクニックやデータ構造の実装にも利用することができます。

ここでは、ジェネリクスを使った計算機機能やデータストレージの実装例を具体的なサンプルコードとともに解説します。

○サンプルコード6:ジェネリクスを使った計算機機能

このコードでは、計算のためのオペレータとしての役割を持つプロトコルを定義し、それを実装したジェネリクス関数を紹介しています。

この例では、整数や実数に対する加算を行います。

protocol Addable {
    static func +(lhs: Self, rhs: Self) -> Self
}

extension Int: Addable {}
extension Double: Addable {}

func add<T: Addable>(a: T, b: T) -> T {
    return a + b
}

let intSum = add(a: 3, b: 5)
print(intSum)  // 8

let doubleSum = add(a: 3.2, b: 5.8)
print(doubleSum)  // 9.0

上記の関数を使用すると、整数3と5の合計である8、実数3.2と5.8の合計である9.0がそれぞれ返されることが確認できます。

○サンプルコード7:ジェネリクスを使ったデータストレージ

このコードでは、様々なデータ型を保持することができるデータストレージクラスをジェネリクスを用いて実装します。

この例では、String型とInt型のデータを保存し、取り出す機能を実装しています。

class DataStorage<T> {
    private var data: [T] = []

    func add(item: T) {
        data.append(item)
    }

    func getItem(at index: Int) -> T? {
        return index < data.count ? data[index] : nil
    }
}

let stringStorage = DataStorage<String>()
stringStorage.add(item: "ジェネリクス")
let storedString = stringStorage.getItem(at: 0)
print(storedString ?? "")  // ジェネリクス

let intStorage = DataStorage<Int>()
intStorage.add(item: 10)
let storedInt = intStorage.getItem(at: 0)
print(storedInt ?? 0)  // 10

上記のクラスを使用すると、”ジェネリクス”という文字列や10という整数値を保存し、その後取り出すことができることが確認できます。

○サンプルコード8:ジェネリクスを使ったキャッシュ機能

アプリケーションのパフォーマンスを向上させるための一つの手段として、キャッシュは非常に有効です。

キャッシュは、頻繁にアクセスされるデータを高速に取り出せる場所に一時的に保存することで、データの読み込み時間を短縮します。

このコードでは、任意のデータ型をキャッシュとして保存できるシンプルなキャッシュクラスをジェネリクスを使って実装します。

class Cache<T> {
    private var storage: [String: T] = [:]

    // キャッシュにデータを保存
    func set(key: String, value: T) {
        storage[key] = value
    }

    // キャッシュからデータを取得
    func get(key: String) -> T? {
        return storage[key]
    }
}

let imageCache = Cache<UIImage>()
let sampleImage = UIImage(named: "sample")
imageCache.set(key: "sampleKey", value: sampleImage!)
let cachedImage = imageCache.get(key: "sampleKey")

このコードでは、キーを基にデータを保存・取得するキャッシュクラスを作成しています。

具体的にはUIImage型の画像データをキャッシュとして保存し、その後同じキーで取り出す例を表しています。

使用する際には、保存するデータの型に応じてジェネリクスの型引数を指定します。

この方法を採用することで、同じキャッシュクラスを文字列や数値など、さまざまなデータ型で再利用することができます。

○サンプルコード9:ジェネリクスを使った複雑なデータ型の取り扱い

多くのアプリケーションでは、複雑なデータ構造を取り扱う場面があります。

このコードでは、ジェネリクスを使用して、複数の関連するデータをまとめて扱うためのデータ構造を実装しています。

struct Pair<T1, T2> {
    var first: T1
    var second: T2
}

let stringAndIntPair = Pair(first: "age", second: 25)
print("\(stringAndIntPair.first): \(stringAndIntPair.second)")

このコードでは、2つの異なるデータ型を一つの構造体で取り扱うためのジェネリクス構造体を紹介しています。

この例では、文字列と整数をペアにして扱います。”age”という文字列と25という整数がペアとして関連付けられ、結果として”age: 25″と出力されます。

○サンプルコード10:ジェネリクスを利用したアルゴリズムの実装

最後に、ジェネリクスを利用したアルゴリズムの例を紹介します。

このコードでは、配列内の要素を逆順にする関数をジェネリクスを使って実装します。

func reverseArray<T>(array: [T]) -> [T] {
    var reversed: [T] = []
    for item in array {
        reversed.insert(item, at: 0)
    }
    return reversed
}

let reversedIntegers = reverseArray(array: [1, 2, 3])
print(reversedIntegers)  // [3, 2, 1]

let reversedStrings = reverseArray(array: ["apple", "banana", "cherry"])
print(reversedIntegers)  // ["cherry", "banana", "apple"]

このコードでは、任意のデータ型を要素とする配列を引数に取り、その要素を逆順にした新しい配列を返す関数を紹介しています。

整数の配列[1, 2, 3]が逆順になって[3, 2, 1]となり、文字列の配列[“apple”, “banana”, “cherry”]も逆順になって[“cherry”, “banana”, “apple”]となります。

●ジェネリクスの注意点と対処法

Swiftのジェネリクスは、多くのシナリオで柔軟性と再利用可能性を提供してくれます。

しかし、正しく活用しないと予期せぬ問題や複雑性を招きかねません。

ここでは、ジェネリクスを使用する際のいくつかの主要な注意点と、それらの問題をどのように対処すればよいかを説明します。

○型の推論の限界

Swiftは強力な型の推論を持っていますが、ジェネリクスを使う場面では、コンパイラが必ずしも正確な型を推論できないことがあります。

このコードでは、型推論の問題を表す一例を紹介しています。

func process<T>(_ items: [T]) {
    // 処理内容
}

let mixedArray = [1, "apple", 3.14]
// process(mixedArray) // コンパイルエラー

この例では、整数、文字列、浮動小数点数を含むmixedArrayをprocess関数に渡そうとしています。

しかし、ジェネリクスのTは単一の型を期待しているため、コンパイルエラーが発生します。

この問題を解決するためには、ジェネリクスの型を明示的に指定するか、データを統一した型の配列に変換する必要があります。

○制約の不足

ジェネリクスの型に制約を設けないと、その型が持っていると期待するメソッドやプロパティを使用できない場合があります。

func compare<T>(_ a: T, _ b: T) -> Bool {
    // return a > b // コンパイルエラー
}

このコードでは、a > bの比較を行おうとしていますが、型Tに対して比較演算子>が適用できることが保証されていないため、コンパイルエラーが発生します。

このような問題を回避するためには、ジェネリクスの型に対して適切な制約を追加する必要があります。

例えば、Comparableプロトコルを満たす型のみを受け入れるように制約を加えることで、比較演算が正しく機能します。

○ジェネリクスの過度な使用

ジェネリクスは強力ですが、必要以上に使用するとコードの複雑性が増す可能性があります。

一般的な関数やクラスで十分な場面でジェネリクスを導入すると、予期しないバグやコンパイルエラーの原因となることも考えられます。

ただ、実際の開発の中でジェネリクスを導入するかどうかを判断する際には、その必要性や利点をしっかりと検討し、過度な使用を避けるよう心がけることが重要です。

●ジェネリクスのカスタマイズ方法

ジェネリクスはSwiftにおける強力な機能の一つであり、その柔軟性により様々なカスタマイズが可能となっています。

ここでは、Swiftのジェネリクスをより高度にカスタマイズする方法をいくつか紹介します。

○制約を持つジェネリクスのカスタマイズ

ジェネリクスの最も一般的なカスタマイズ方法の一つは、特定のプロトコルに準拠する型だけを受け入れるような制約を加えることです。

このコードでは、Equatableプロトコルに準拠する型のみを受け入れる関数を表しています。

func isEqual<T: Equatable>(_ a: T, _ b: T) -> Bool {
    return a == b
}

let result = isEqual("apple", "orange") // falseを返す

この例では、isEqual関数はEquatableプロトコルに準拠する型のみを受け入れるように設計されています。

このため、==演算子を使用して値の比較が可能となります。

○複数のジェネリクス型の取り扱い

ジェネリクスは複数の型を一度に扱うことも可能です。

このコードでは、2つの異なるジェネリクス型を使った関数を表しています。

func pair<T, U>(_ a: T, _ b: U) -> (T, U) {
    return (a, b)
}

let combined = pair(10, "apple") // (Int, String)型のタプルを返す

この例では、pair関数は2つの異なるジェネリクス型TUを受け入れ、それらを組み合わせたタプルを返します。

○拡張を使ったジェネリクスのカスタマイズ

ジェネリクス型の拡張も可能です。

これにより、特定の制約を持つ型にのみ特定のメソッドやプロパティを追加することができます。

このコードでは、Collectionプロトコルに準拠し、要素がInt型の場合のみ適用される拡張を表しています。

extension Collection where Element == Int {
    var sum: Int {
        return self.reduce(0, +)
    }
}

let numbers = [1, 2, 3, 4, 5]
let total = numbers.sum // 15を返す

この例では、整数の配列にのみsumプロパティが追加され、その配列の合計値を取得することができます。

まとめ

Swiftのジェネリクスは非常に強力な機能であり、型安全性を保持しつつも柔軟に様々な型を扱うことが可能となっています。

この記事を通じて、ジェネリクスの基本から応用、さらにはカスタマイズ方法まで幅広く学ぶことができたかと思います。

ジェネリクスを使うことで、コードの再利用性を高め、型に関するエラーをコンパイル時に検出できるようになるため、より安全で効率的なプログラミングが実現します。

特に、制約を加えることで特定の型だけを受け入れるようにしたり、複数のジェネリクス型を一度に扱うこともできるのは、ジェネリクスの大きなメリットと言えるでしょう。

また、ジェネリクスのカスタマイズ方法を知ることで、さらに高度なコードの設計や実装が可能となります。

これにより、プログラムの要件に応じて、柔軟にジェネリクスを活用することができるようになります。

Swiftを学ぶ上で、ジェネリクスは避けて通れないトピックの一つです。

この記事を参考に、ジェネリクスを効果的に使用して、より品質の高いSwiftのコードを書くスキルを磨きましょう。