C言語を使ったtxtファイル読み込みの完全ガイド!7つのステップと豊富なコード例

C言語を使ってtxtファイルを読み込むステップバイステップガイドのサムネイルC言語
この記事は約9分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

C言語を使って.txtファイルを読み込む方法を学びたいですか?

この記事を読めば、C言語を使用したtxtファイルの読み込み方法を学び、自分でプログラムを書くことができるようになります。

また、具体的なコード例とともに、具体的な使い方、注意点、対処法についても詳しく説明します。

●C言語とは

C言語は、多くのプログラミング言語の基礎となる言語であり、初心者にとって理解が容易である一方で、高度なプログラミングも可能です。

また、C言語はOSやハードウェアと密接に関連しており、高性能なシステムを開発する際には欠かせないツールです。

●txtファイルとは

txtファイルは、テキストファイルの一種で、.txtという拡張子を持つファイルのことを指します。

コンピュータ上では、テキスト情報を簡単に記録・保存するために使用されます。

特に特殊な書式や装飾がなく、プレーンテキストのみを含むため、多くのソフトウェアやプログラミング言語で使用することが可能です。

●C言語によるtxtファイルの読み込みの前提知識

C言語を使ってtxtファイルを読み込む前に、いくつかの基本的な知識を把握することが重要です。

○基本的なファイル操作関数

C言語には、標準ライブラリとしてファイル操作関数が提供されています。

これらの関数を使うことで、ファイルを開いたり閉じたり、中身を読んだり書き込んだりすることができます。

主に使用する関数は「fopen」、「fclose」、「fgets」などです。

○ファイルポインタとは

ファイルポインタは、C言語でファイル操作を行う際に重要な要素となります。

ファイルポインタは、開いたファイルの位置情報を保持しています。

これを利用することで、ファイルの任意の場所からデータを読み書きすることが可能になります。

●C言語を使ったtxtファイルの読み込み方法

C言語を用いてtxtファイルを読み込む手順は次の通りです。

○開く:fopen関数

最初に、「fopen」関数を使用してファイルを開きます。

この関数はファイル名とモード(読み込みや書き込みなど)を指定して、ファイルを開くために使用します。

例えば、”sample.txt”というファイルを読み込むためには次のように記述します。

FILE *fp = fopen("sample.txt", "r");

このコードでは、”sample.txt”という名前のファイルを読み込みモード(“r”)で開くことを指示しています。

開いたファイルの情報は、FILE型のポインタ変数fpに格納されます。

○読む:fgets関数

次に、「fgets」関数を使用してファイルの内容を読み込みます。

この関数はバッファのサイズとファイルポインタを引数に取り、ファイルの内容を一行ずつ読み込むために使用します。

char buffer[256];
fgets(buffer, 256, fp);

このコードでは、最大256文字の文字列をファイルから読み込み、bufferに格納しています。

○閉じる:fclose関数

最後に、「fclose」関数を使用してファイルを閉じます。

この関数は開いたファイルを閉じるために使用します。

fclose(fp);

このコードでは、fopen関数で開いたファイルを閉じています。

閉じることで、ファイルを占有するリソースが解放され、他のプログラムがそのファイルを利用することが可能になります。

○サンプルコード1:txtファイルの読み込み

上記の手順をまとめたサンプルコードを解説します。

#include <stdio.h>

int main() {
    FILE *fp;
    char buffer[256];

    fp = fopen("sample.txt", "r");
    if (fp == NULL) {
        printf("ファイルを開けませんでした。\n");
        return -1;
    }

    while (fgets(buffer, 256, fp) != NULL) {
        printf("%s", buffer);
    }

    fclose(fp);
    return 0;
}

このコードでは、”sample.txt”というファイルを開き、その中身を1行ずつ読み込み、結果をコンソールに出力しています。

全ての操作が終了したら、最後にファイルを閉じています。

このコードを実行すると、txtファイルの内容がコンソール上に表示されます。

●応用例とサンプルコード

C言語によるtxtファイルの読み込みには、さまざまな応用例があります。

これからは、実際のコード例を通じて、ファイルから数値を読み込む方法や、複数行を読み込む方法を学んでいきましょう。

○サンプルコード2:ファイルから数値を読み込む

このコード例では、txtファイルから数値を読み込む方法を説明します。

fscanf関数を使用することで、フォーマット指定子に合わせて読み込むことが可能となります。

#include <stdio.h>

int main() {
    FILE *fp;
    int num;

    fp = fopen("sample.txt", "r");
    if (fp == NULL) {
        printf("ファイルを開けませんでした。\n");
        return 1;
    }

    fscanf(fp, "%d", &num);
    printf("読み込んだ数値: %d\n", num);

    fclose(fp);
    return 0;
}

この例では、最初にファイルポインタを定義し、次にfopen関数を用いて”sample.txt”を読み込みモードで開いています。

その後、fscanf関数で数値を読み込み、結果を表示しています。

上記のコードを実行すると、”sample.txt”ファイルから読み込んだ最初の数値が表示されます。

ただし、このコードはファイル内の最初の数値のみを読み込みますので、複数の数値を読み込みたい場合は、さらに改良が必要です。

○サンプルコード3:ファイルから複数行を読み込む

次のコードでは、ファイルから複数行を読み込む方法を紹介します。

fgets関数を用いて行ごとに読み込み、NULLが返るまで繰り返すことで、ファイルの内容を全て読み込むことができます。

#include <stdio.h>

#define MAX_LINE_SIZE 100

int main() {
    FILE *fp;
    char line[MAX_LINE_SIZE];

    fp = fopen("sample.txt", "r");
    if (fp == NULL) {
        printf("ファイルを開けませんでした。\n");
        return 1;
    }

    while (fgets(line, MAX_LINE_SIZE, fp) != NULL) {
        printf("%s", line);
    }

    fclose(fp);
    return 0;
}

このコードでは、一度に読み込む行の最大サイズを定義してから、fgets関数を用いて行を読み込み、その結果を表示しています。

そして、読み込む行がなくなるまで、このプロセスを繰り返しています。

このコードを実行すると、”sample.txt”ファイルの全ての行が表示されます。

ただし、行の長さが定義した最大サイズを超える場合、その行は途中で切り捨てられます。

そのため、読み込むファイルの行の長さに応じて、適切なサイズを設定することが重要です。

●注意点と対処法

C言語を用いてtxtファイルを読み込む際には、次のような注意点があります。

そして、それぞれに適切な対処法も同時に学びましょう。

①ファイルが存在しない場合

ファイルを開こうとしたとき、そのファイルが存在しないと、fopen関数はNULLを返します。

これはエラーの一形態であり、この状態でそのままファイル読み込みの処理を続けるとプログラムがクラッシュする可能性があります。

FILE *file = fopen("non_existing_file.txt", "r");
if (file == NULL) {
    printf("ファイルが開けませんでした。\n");
    return 1;
}

このコードでは、fopen関数の返り値がNULLかどうかをチェックしています。

NULLの場合、エラーメッセージを表示し、プログラムを終了します。

②ファイルを閉じることを忘れない

ファイルを開いたら、必ず閉じる必要があります。

これは、開いたファイルはシステムリソースを占有しており、これを解放しないとリソースの無駄遣いにつながります。

下記のようなコードを参考にしてください。

FILE *file = fopen("existing_file.txt", "r");
if (file == NULL) {
    printf("ファイルが開けませんでした。\n");
    return 1;
}
/* ファイル操作の処理 */
fclose(file);

このコードでは、必ず最後にfclose関数を使用して、開いたファイルを閉じています。

③ファイルを読み込む前にEOF(End Of File)を確認する

ファイルの終端(EOF)に達しているかどうかをチェックすることは重要です。

EOFに達している状態で読み込みを続けると、予期せぬ結果を招く可能性があります。

FILE *file = fopen("existing_file.txt", "r");
if (file == NULL) {
    printf("ファイルが開けませんでした。\n");
    return 1;
}

char buffer[255];
while(fgets(buffer, 255, file) != NULL) {
    printf("%s", buffer);
}

fclose(file);

このコードでは、fgets関数の返り値がNULL(つまり、ファイルの終端に達した)場合に読み込みを終了しています。

まとめ

本ガイドでは、C言語を用いてtxtファイルを読み込む方法を詳しく学びました。

我々はtxtファイルの基本的な概念から始め、C言語でのファイル操作に必要な前提知識、具体的な読み込み手順、そして豊富なコード例を通じて理解を深めてきました。

具体的には、ファイル操作に必要な基本的な関数について学び、fopen関数でファイルを開き、fgets関数で内容を読み込み、そして最終的にfclose関数でファイルを閉じるという一連の流れを把握しました。

また、数値の読み込みや複数行の読み込みなど、実際の応用例を通じて理解を深めました。

さらに、各操作における注意点とそれに対する適切な対処法も学びました。

ファイルが存在しない場合のエラーハンドリング、ファイルを必ず閉じることの重要性、EOF(End Of File)を確認する必要性など、これらは安全なファイル操作のために必要な知識です。

本ガイドがC言語によるtxtファイルの読み込み操作についての理解を深める一助となり、あなたのプログラミングスキルの向上に寄与することを願っています。

これからもC言語を使ってさまざまなファイル操作を行い、より深い知識と技術を身につけてください。

これがあなたのプログラミング旅路にとって、有益な一歩となることを確信しています。