C++初心者必見!pair活用法の全てを5つのサンプルコードで解説

C++のpairを使ったプログラミングのイメージC++
この記事は約14分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事では、プログラミング言語C++における重要な概念の一つである「pair」について、その基本から応用までを詳しく解説していきます。

C++をこれから学ぶ方、あるいはすでに学んでいる方でも、pairの使い方を深く理解することで、より効率的かつ柔軟なプログラミングが可能になります。

●C++とpairの基本

C++は、高性能なプログラミング言語として広く使用されています。

その特徴は、直接的なメモリ操作や低レベルの処理が可能であること、またオブジェクト指向プログラミングをサポートしている点にあります。

C++には様々なデータ型やライブラリがあり、これらを駆使することで、複雑なプログラムも作成することが可能です。

○C++とは何か?

C++は、C言語を拡張したプログラミング言語で、オブジェクト指向プログラミングを実現するための機能が追加されています。

この言語の強力な特徴は、高いパフォーマンスを保ちながらも、データの抽象化や再利用が可能な構造を持っていることです。

C++は、システムプログラミングからアプリケーション開発、ゲーム開発など、幅広い領域で利用されています。

○pairとは何か?

C++における「pair」とは、2つの値を一組として扱うことができる便利な機能です。

具体的には、異なる型の2つの値を一つの単位として格納し、それらを一組として扱うことができます。

例えば、文字列と整数、または2つの異なる型のオブジェクトをペアとして保持することができます。

pairは、C++の標準ライブラリの一部であり、多くの場面で利用されます。

pairの基本的な使い方はシンプルで、下記のように定義します。

#include <utility> // pairを使用するために必要
#include <string>
#include <iostream>

int main() {
    // pairの定義
    std::pair<std::string, int> myPair;

    // pairに値を設定
    myPair.first = "Apple";
    myPair.second = 5;

    // pairの値を出力
    std::cout << myPair.first << " has " << myPair.second << " pieces." << std::endl;

    return 0;
}

このコードでは、std::pair<std::string, int>型のmyPairを定義し、最初の要素には文字列”Apple”、二番目の要素には整数5を格納しています。

そして、それらの値を出力しています。

この例からわかるように、pairを使うことで、異なる型のデータを一つの変数で管理できるため、プログラミングがより柔軟になります。

●pairの使い方

C++でのpairの使い方には、さまざまな応用があります。

pairを用いることで、2つの異なる型のデータを一つの単位として扱うことができます。

これは、例えばキーと値のペアを作成したり、異なる型のデータを関連付ける際に非常に便利です。

ここでは、基本的なpairの作成と使用方法から、pairを関数に渡す方法、さらには標準ライブラリとの連携について具体的なサンプルコードを交えて解説します。

○サンプルコード1:基本的なpairの作成と使用

まずは、pairを作成し、その要素にアクセスする基本的な方法を見ていきましょう。

下記のサンプルコードは、string型とint型のペアを作成し、それぞれの要素に値を設定し、アクセスしています。

#include <iostream>
#include <utility>  // pairのために必要

int main() {
    std::pair<std::string, int> myPair;  // pairの作成

    myPair.first = "Apple";  // 最初の要素にアクセス
    myPair.second = 10;      // 二番目の要素にアクセス

    // pairの値を表示
    std::cout << "The fruit is " << myPair.first << " and the count is " << myPair.second << std::endl;

    return 0;
}

このコードでは、std::pair<std::string, int>型でmyPairを宣言しています。そして、firstプロパティに文字列”Apple”を、secondプロパティに整数10を設定し、これらを出力しています。

○サンプルコード2:pairを関数に渡す方法

次に、pairを関数の引数として渡し、その中でpairの要素にアクセスする方法を見ていきます。以下のコードは、pairを引数として受け取る関数を定義し、その関数を呼び出す例です。

#include <iostream>
#include <utility>  // pairのために必要

// pairを引数とする関数
void printPair(const std::pair<std::string, int>& p) {
    std::cout << p.first << " has " << p.second << " units." << std::endl;
}

int main() {
    std::pair<std::string, int> fruit("Orange", 20);  // 初期化リストを使ってpairを作成
    printPair(fruit);  // 関数にpairを渡す

    return 0;
}

このサンプルでは、printPair関数はstd::pair<std::string, int>型の引数pを取り、そのfirstsecondを出力します。

main関数内でfruitというpairを作成し、このpairをprintPair関数に渡しています。

○サンプルコード3:pairと標準ライブラリとの連携

C++の標準ライブラリには、pairと非常に相性の良い機能が多数存在します。

特にmapやsetなどのコンテナクラスとの組み合わせは非常に強力です。

下記のサンプルでは、std::mapを用いて、文字列をキーとし、整数を値とするマップを作成し、その中でpairを使用する方法を表しています。

#include <iostream>
#include <map>
#include <string>

int main() {
    // mapの宣言(キーがstring型、値がint型)
    std::map<std::string, int> fruitMap;

    // mapに要素を追加
    fruitMap["Apple"] = 30;
    fruitMap["Banana"] = 15;

    // mapの要素をイテレータを用いてアクセス
    for (const auto& item : fruitMap) {
        std::cout << item.first << " has " << item.second << " units." << std::endl;
    }

    return 0;
}

このコードでは、std::mapを用いてフルーツの名前とその数量を管理しています。

マップの各要素はstd::pair<const Key, T>型であり、firstがキー(この場合はフルーツの名前)、secondが値(この場合は数量)に対応しています。

●pairの応用例

C++におけるpairの応用は、基本的な使用法を超えて、より複雑で洗練されたプログラミングへと発展します。

pairはデータ構造のカスタマイズや複雑なデータ操作において、その真価を発揮します。

ここでは、pairを使ってデータ構造をカスタマイズしたり、複雑な操作を行う応用例を見ていきましょう。

○サンプルコード4:pairを使ったデータ構造のカスタマイズ

pairは、様々なデータ構造と組み合わせることで、柔軟なデータの表現が可能になります。

例えば、pairを要素とするベクターやリストを使用することで、複数の値を効率的に管理できます。

下記のコードは、pairを要素とするベクターを使用して、複数のデータを管理する例を表しています。

#include <iostream>
#include <vector>
#include <utility>

int main() {
    // pairを要素とするベクターの作成
    std::vector<std::pair<std::string, int>> items;

    // ベクターにデータを追加
    items.push_back(std::make_pair("Apple", 40));
    items.push_back(std::make_pair("Banana", 30));
    items.push_back(std::make_pair("Cherry", 20));

    // ベクターの内容を表示
    for (const auto& item : items) {
        std::cout << item.first << ": " << item.second << std::endl;
    }

    return 0;
}

この例では、フルーツの名前と数量をpairで表現し、それらをstd::vectorに格納しています。

これにより、各フルーツとその数量を効率的に管理できます。

○サンプルコード5:複雑なデータ操作でのpairの活用

pairは、複雑なデータ操作においても有効です。

例えば、異なるデータ型の組み合わせを扱う際にpairを使用することで、データの取り扱いをシンプルにすることができます。

下記のコードは、pairを使用して複数の異なるデータ型を一度に操作する方法を表しています。

#include <iostream>
#include <utility>
#include <string>
#include <vector>

int main() {
    // 異なる型のデータを持つpairのリスト
    std::vector<std::pair<std::string, std::pair<int, double>>> data;

    // データの追加
    data.push_back(std::make_pair("ProductA", std::make_pair(10, 99.99)));
    data.push_back(std::make_pair("ProductB", std::make_pair(20, 149.99)));
    data.push_back(std::make_pair("ProductC", std::make_pair(30, 199.99)));

    // データの表示
    for (const auto& entry : data) {
        std::cout << entry.first << " - Quantity: " << entry.second.first << ", Price: " << entry.second.second << std::endl;
    }

    return 0;
}

このコードでは、商品名、数量、価格を一つのpairで表現しています。

これにより、複雑なデータ構造をシンプルに扱うことができます。

●注意点と対処法

C++におけるpairの使用には、いくつか注意すべき点があります。

これらを理解し、適切に対処することで、プログラムのエラーやバグを防ぐことができます。

ここでは、pairの使用時における一般的な注意点と、エラーハンドリングの対処法について詳しく解説していきます。

○pairの使用時の一般的な注意点

pairを使用する際には、まず、pairは異なる型のデータを格納することができますが、宣言した型と実際に格納するデータの型が一致している必要があります。

型の不一致があるとコンパイルエラーになるため、型を正確に理解することが重要です。

また、pairを使用する際は、初期化を適切に行うことが大切です。

初期化されていないpairを使用すると、予期せぬ動作やエラーの原因になり得ます。

さらに、pairの第一要素には.first、第二要素には.secondを用いてアクセスします。

これらを混同すると、誤ったデータ操作を行ってしまう可能性があるため注意が必要です。

○pairのエラーハンドリングと対処法

pairを使用する際に発生する可能性のあるエラーとその対処法は下記の通りです。

型の不一致によるエラーは、pairに異なる型のデータを格納しようとすると、コンパイルエラーになります。

このようなエラーを避けるためには、pairを宣言する際に正しい型を指定することが重要です。

未初期化のpairを使用すると、予期せぬ動作やランタイムエラーの原因となります。

pairを使用する前に、必ず適切な値で初期化することが推奨されます。

また、誤った要素へのアクセスは、.first.secondを誤って使用すると、間違ったデータにアクセスすることになります。

常にアクセスする要素を確認し、正しいプロパティを使用するようにしましょう。

●カスタマイズ方法

C++でのpairの利用は非常に多様で、カスタマイズの可能性は広大です。

特に、pairを用いて特定のプログラミングの要件を満たすためのカスタマイズは、効率的かつ柔軟なソリューションを提供します。

ここでは、pairをカスタマイズする方法と、具体的なサンプルコードを用いた応用例について解説します。

○pairのカスタマイズ方法

pairのカスタマイズでは、様々なデータ型と組み合わせたり、特定の処理を行うために拡張したりすることができます。

例えば、独自の比較関数を用いてpairをソートする、特定の条件に基づいてpairの要素をフィルタリングするなどのカスタマイズが考えられます。

また、pairを構造体やクラスと組み合わせることで、より複雑なデータ構造を実現することも可能です。

このように、pairは柔軟にカスタマイズすることで、さまざまなニーズに対応できる強力なツールとなります。

○サンプルコードを応用したカスタマイズ例

pairの応用例として、pairのリストを特定の基準でソートする場合を考えます。

下記のサンプルコードでは、pairの第二要素に基づいてソートするカスタマイズ例を表しています。

#include <iostream>
#include <vector>
#include <algorithm>  // sort関数用
#include <utility>

// pairの第二要素に基づく比較関数
bool comparePairs(const std::pair<int, double>& a, const std::pair<int, double>& b) {
    return a.second < b.second;
}

int main() {
    // pairのリストを作成
    std::vector<std::pair<int, double>> pairList;
    pairList.push_back(std::make_pair(1, 3.14));
    pairList.push_back(std::make_pair(2, 2.71));
    pairList.push_back(std::make_pair(3, 1.41));

    // pairのリストをソート
    std::sort(pairList.begin(), pairList.end(), comparePairs);

    // ソートされたリストを表示
    for (const auto& p : pairList) {
        std::cout << "Pair: " << p.first << ", " << p.second << std::endl;
    }

    return 0;
}

このコードでは、std::pair<int, double>型のリストを作成し、std::sort関数とカスタム比較関数comparePairsを使用して、pairのリストを第二要素の値に基づいてソートしています。

このように、pairと標準ライブラリの関数を組み合わせることで、特定の基準に基づいたデータの整理や操作が容易になります。

まとめ

この記事を通じて、C++におけるpairの基本的な使い方から応用例、注意点と対処法、さらにはカスタマイズ方法に至るまでを詳しく解説しました。

pairはその柔軟性と便利さから、C++プログラミングにおいて重要な要素の一つであり、正しく理解し活用することで、より効率的かつ効果的なコードを書くことができます。

この知識を活用して、C++におけるプログラミングスキルをさらに高めていただければ幸いです。